アンテナの本数による速度の違い

無線LAN規格である「11n」や「11ac」、「11ad」は、搭載されているアンテナの数によって最大通信速度が決まっています。また規格よって搭載できるアンテナの本数も異なっているため、通信速度で無線LANルーターを選びたい場合には注意が必要です。

親機と子機の高速通信には規格とアンテナ数が重要

IEEE802.11nとIEEE802.1acでは、アンテナ数により最大転送速度(理論値)が決まります。

規格 アンテナ数
1 2 3 4

IEEE802.11n
(2.4GHz/40MHz)

150Mbps 300Mbps 450Mbps 600Mbps
IEEE802.1ac
(5GHz/80MHz)
433Mbps 867Mbps 1,300Mbps 1,730Mbps
  • ※11acは規格上は最大8アンテナまであります。

搭載するアンテナの数が異なる商品同士での通信は、アンテナ数の少ない方の速度に制限されます。

図:通信ストリーム数が異なる製品同士で通信する場合の通信ストリーム

機器が送信・受信できる通信数を3×3(送信×受信)といった表現で表すこともあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】