4Kパススルー対応 iPad連動型ストリーミングBOX
「LIVE ARISER」GV-LSMIXER/I 導入事例
【石川テレビ放送株式会社】

導入事例TOPへ戻る

4Kパススルー対応 iPad連動型ストリーミングBOX「LIVE ARISER」GV-LSMIXER/I 導入事例【石川テレビ放送株式会社】

取材日:2021年4月23日

テレビ局によるYouTube配信でGV-LSMIXER/Iが活躍!
どんなプロフェッショナルな現場でも、「簡単・安定」は重要なポイント

左から、越塚浩之氏、細川大地氏
左から、越塚浩之氏、細川大地氏

フジテレビ系列のテレビ局として、石川県を中心に地域のニュースや様々な自主制作番組を放送する石川テレビ放送。Web関連事業にも注力し、YouTubeによるコンテンツ配信にも積極的に取り組んでいます。その配信の現場で活躍しているのは、アイ・オーのGV-LSMIXER/Iです。テレビ局の最前線で放送のプロたちが、一般向け商品として開発されたGV-LSMIXER/Iを選ぶのはなぜなのか──、石川テレビ放送・総合企画室で、企画、撮影、配信までを一手に行う越塚浩之氏、細川大地氏に詳しくお話を伺いました。

スイッチングもテロップ入れも、なんでもできる「ひとり簡易スタジオ」

石川テレビ放送株式会社 総合企画室 主任 越塚浩之氏
石川テレビ放送株式会社 総合企画室 主任 越塚浩之氏

テレビ局として、YouTube配信を開始された背景について教えてください。

細川様インターネット配信の人気が高まり、業界が伸びている中で、新しい可能性を求めてチャンネルを始めました。映像作りのプロとして、ノウハウを活かしてできることを幅広く模索しています。

越塚様先日、石川テレビの公式スマホアプリ「石川さんアプリ」を立ち上げましたが、アプリ内でもYouTubeの配信動画はメインコンテンツです。配信を担当しているのは主に細川さんで、私は兼任で彼のサポートを行っています。

職業柄、お二人はインターネット配信の知識も十分お持ちかと思います。放送のプロフェッショナルが、このような一般向け商品であるGV-LSMIXER/Iを選んだ理由はどこにあるのでしょうか。

GV-LSMIXER/Iを使用した様子1
配信操作を1人で行える「ひとり簡易スタジオ」

越塚様実は「特に詳しい」とは言えない面もあります。私たちは電波に関してはプロですが、YouTube配信となると新規事業です。もちろんスタジオにはカメラも機材もそろっていますが、あえて簡単にやるというのがYouTube配信の良さだと思うのです。

細川様テレビの現場はYouTube配信とはまったく別物で、大人数で役割をしっかり分担して行います。ですから、例えばテロップを出すとしても、専任の担当者がきちんといるんですね。一方YouTube配信は基本的に1~2人のスタッフで、ディレクション、撮影、スイッチング、配信とすべてを担当しますので、機材はなるべく簡単に操作できるものが理想です。

越塚様記者出身の細川さんが扱うということで、 ツール選びでは、設定が少なく、簡便であることを重視しました。複雑な操作を覚えることよりも、コンテンツの中身をよくすることに力を入れて欲しくて、GV-LSMIXER/Iを選びました。本商品は画面を切り替えたり、テロップを入れたりということが1人でほとんどこなせる上、iPadをモニター代わりに使えるところもよかったですね。ほかの配信機器だと、配信画面をプレビューするためにパソコンが必要だったり、設置にひと手間かかるものもありますが、これなら大丈夫と思いました。まさに「ひとり簡易スタジオ」と呼べる使い勝手の良さが、導入の決め手でしたね。

細川様たしかに以前利用していた配信機器は、プレビュー画面が簡単に見られない仕様でしたね。本商品は必要な機能がすべてそろったオールインワンで、iPadを設置すれば手軽に画面の確認もできるので安心です。

GV-LSMIXER/Iを使用した様子2
河谷アナと平井アナのトーク配信
GV-LSMIXER/Iを使用した様子3
テロップ入れやスイッチングをiPadで簡単操作
GV-LSMIXER/Iを使用した様子4
本機からのHDMI出力先で、配信される画面を確認

実際の機器構成

準備を始めて5分で配信! マニュアルいらずのわかりやすさ

石川テレビ放送株式会社 編成部 兼 権利開発課 兼 総合企画室 細川大地氏
石川テレビ放送株式会社 編成部
兼 権利開発課 兼 総合企画室 細川大地氏

GV-LSMIXER/Iを使ってみて、どのような点を評価されていますか。

細川様当たり前のことですが、不具合が起きず、安定して配信できている点ですね。生配信は週に2、3回行いますが、トラブルはこれまでに一度もありません。以前使っていた配信機器では、映像が表示されなかったり、配信できなかったりといったことが何度もありました。専用ソフトウェアが必要な商品だったのですが、そのソフトウェアの操作が難しくて、トラブル時にもハードウェアの問題なのか、ソフトウェアの問題なのか切り分けすらできず、最終的には壊れてしまったんですよね。それで新たな配信機器探しを始めて、GV-LSMIXER/Iに出会ったという経緯があります。

GV-LSMIXER/I
小さなワゴンに載せて、手軽に移動

画面分割やテロップなどの機能についてはどうでしょうか。

細川様非常に使いやすく、大満足です。以前の配信機器に持っていた不満はすべて解消されました。ワイプを活用したり、テロップをその場で打ち込んだり、用意した写真を配信中に差し込んで紹介したりといったことが簡単に行えます。操作に関しては、「難しい」「わからない」となったことが一切ないです。一度もマニュアルを見ませんでしたが、とりあえず触ってみて、画面上で理解できてしまいました。パッと見ただけで、どのボタンを押せば何ができるかがわかります。

越塚様放送局の人間としては、あまりの手軽さが衝撃的でした。テレビの現場では、何時間も前からカメラを準備し、色調整など行いますが、GV-LSMIXER/Iを使ったインターネット配信なら、準備を開始してから放送を始めるまで5分程度です。また、コンパクトさもポイントですね。スタジオでは小さなワゴンに乗せて、手軽に移動させています。

屋外での「たき火配信」では、スタジオの外でも使われていましたね。

越塚様取っ手のあるデザインで、持ち運びも意識されていますよね? 頑丈そうに見えますし、屋外でも安心して使えます。テレビの放送でしたら、アウトドアでは中継車が必要です。そんな大掛かりなことを何もせずとも、マルチカメラですぐに配信できしまうのですから、本当に驚きますよ。

GV-LSMIXER/Iを使用した様子5
ゲストを迎えての「たき火配信」
GV-LSMIXER/Iを使用した様子6
屋外でも手軽に配信が可能
GV-LSMIXER/Iを使用した様子7
持ち運びも容易なGV-LSMIXER/I

新たな価値を生み出す「YouTube配信」。「放送」との相乗効果も期待

石川テレビ放送株式会社 総合企画室 主任 越塚浩之氏

YouTube配信はどのような効果を生み出しているのでしょうか。

細川様例えば「たき火配信」は、当社の河谷アナウンサーの趣味を活かした企画ですが、とても評判が良いですね。放送の場合は「尺」、いわゆる時間制限がありますから、伝え足りなかったことというのがどうしても出てきます。また、何をやってもオフィシャルな雰囲気になってしまう面もありますが、YouTube配信ならばそれがありません。ゲストに出演していただいても、皆さんリラックスしてお話してくれます。あとは、コメント欄による視聴者のみなさんとのリアルタイムでのコミュニケーションも魅力ですね。YouTube配信によって、テレビ局として放送とはまた違ったものを提供できていると思います。

越塚様今やどこのテレビ局も、インターネット配信には力を入れています。放送には圏域があるため視聴できるエリアは限られますが、インターネットでしたらどこからでも視聴していただけますから、県外在住の石川県にゆかりのある皆さんからも好評なんです。そういう面からも配信の重要性は感じますが、配信の段取りが複雑であれば後が続かない。コンテンツ・企画力に身が入らなくなってしまいます。GV-LSMIXER/Iでハード面でのハードルが下がっているのは、本当に助かっています。

石川テレビ放送株式会社 編成部 兼 権利開発課 兼 総合企画室 細川大地氏

今後、やってみたい企画などはありますか。

越塚様スポーツ中継、特に石川県で人気のあるバレーボールの配信ができたらいいですね。また、ゲーム実況はどうでしょうか。新人アナウンサーによる配信なんかもアリですね。面白い企画があればなんでも挑戦したいです。

細川様GV-LSMIXER/Iを複数台使って、複数チャンネルを使った同時配信などもできるかもしれません。チャンネル登録者数はコンスタントに増えていまして、視聴者とのコミュニケーション、企業としてのファン作りにもたしかな手応えがあります。朝の情報番組内で「続きはYouTubeで!」と視聴者に呼びかければ、皆さんチャンネルに遊びにきてくれますし、地上波と連携して相乗効果を生み出せれば。企業としての新しい可能性を切り拓くためにも、YouTubeでの配信には今後も力を入れていきたいですね。

GV-LSMIXER/Iを使用した様子8
YouTube配信で、放送とはまた違った新しい可能性を切り拓く

導入企業概要

石川テレビ放送株式会社

1969年開局、石川県全域を対象に放送を行うフジテレビ系列のテレビ局です。地域に密着したニュース番組や様々な自主制作番組を発信。また、各種イベントの開催、局キャラクター「石川さん」をフィーチャーした関連グッズなど、幅広い事業を展開しています。公式アプリ「石川さんアプリ」では、地域のニュースをいちはやくお届けするほか、子育て情報の提供、クーポン配布なども行い、充実した内容で人気を集めています。

企業名
石川テレビ放送株式会社
https://www.ishikawa-tv.com/
所在地
石川県金沢市観音堂町チ18番地
設立
1968年3月7日
ご担当者名
石川テレビ放送株式会社 総合企画室 主任 越塚浩之氏
石川テレビ放送株式会社 編成業務局 編成部 兼 権利開発課 兼 総合企画室 細川大地氏
このページのトップへ
PC版を表示