インターネット回線の選び方

インターネットに接続するには、回線や通信の方法によっていくつかの種類があります。
ここでは、それぞれの回線についてかんたんにご紹介します。

回線の種類

ADSL・光ファイバー・CATV

インターネット回線で代表的なのが、「ADSL」「光ファイバー」「CATV」の3つ。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の使い方に合わせた回線を選びましょう。

ADSL・光ファイバー・CATVでインターネットにつなぐ

WiMAX

家でも外でも、無線で高速インターネットを楽しめる新しいブロードバンド「WiMAX」。
回線工事不要ですぐに使える手軽さが魅力です。

WiMAXでインターネットにつなぐ

モバイルデータ通信

EMOBILEやWILLCOM、各携帯電話会社などが提供するデータ通信カードやモバイルルーターを利用してインターネットに接続する方法です。

モバイルデータ通信でインターネットにつなぐ

プロバイダについて

インターネット接続を始めるときに、よく目にする「プロバイダ」とは何でしょうか?

プロバイダは、インターネットに接続する「接続サービス」を提供する事業者で、ISP(Internet Service Provider)とも呼ばれます。
インターネット接続をおこなうには、ADSLや光ファイバーなど「回線」だけでなく、プロバイダの接続サービスが必要になります。

インターネット接続には「回線」と「接続サービス」が必要

「回線」を提供する回線事業者の例として、NTTでは、回線の種類によって「フレッツADSL」「フレッツ光」「Bフレッツ」などのサービスがあります。これらの名前はよく目にする機会が多いのではないでしょうか。

ただし、NTTは回線を提供する回線事業者なので、これらの回線だけを契約しただけでは、いくら工事をしてラインを用意しても、インターネットには接続できません。別途、「接続サービス」を提供するプロバイダとの契約が必要になります。

インターネット接続をするには、回線事業者が提供する「回線」とプロバイダが提供する「接続サービス」の2つが必要なのです。

「回線」と「接続サービス」にはそれぞれ月額の利用料金がかかります。
回線の利用料は回線事業者に、接続サービスの利用料はプロバイダに支払うため、インターネットの「月額利用料」は、「回線利用料」+「サービス利用料」の合計になります。

プロバイダはどうやって選ぶ?

現在、ほとんどのプロバイダでは、プロバイダ契約と同時に回線契約も合わせておこなうことができます。

プロバイダは、回線の種類や速度、建物の種類(戸建や集合住宅)など様々な条件によって、多くの接続プランを提供しています。
また、工事の初期費用や月額の利用料金を割り引いたりキャッシュバックするなど、さまざまなキャンペーンを実施したり、回線を利用したテレビサービスなど、独自のサービスを提供しているところもあります。
プロバイダ選びに迷ったら、比較サイトなどで複数のサービスを比べてみるといいかもしれません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】