ADSL・光ファイバー・CATV

インターネット回線で代表的なのが、「ADSL」「光ファイバー」「CATV」の3つ。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の使い方に合わせた回線を選びましょう。

ADSL

月額費用の安さが魅力

ADSLは、一般的なアナログ電話回線を使ったインターネット接続回線です。
既設のアナログ電話回線を利用するのでサービス提供エリアが広く、初期費用や月額費用が安いのがメリットです。
比較的導入のしやすい回線であるといえるでしょう。

回線速度はバラつきが出ることも

ADSLは電話回線を使うため、NTT収容局からの距離が遠かったり、工場や電車の路線など、大きくノイズが混ざる恐れのある施設が途中にあると、伝送損失が大きくなり、速度が低下することがあります。

自宅から収容局までの距離や伝送損失は「NTT東日本」「NTT西日本」のサイトで調べることができるので、ADSLの契約を検討する際は、一度確認してみると良いでしょう。
プロバイダによっては、収容局からの距離が遠かったり伝送損失が大きい場合を対象としたプランもありますが、あまりにも距離が遠い場合は、他の回線も検討してみてもいいかもしれません。

また、ADSLは下り(データ受信)と上り(データ送信)の速度が非対称という特徴があります。ADSLの場合、上りの回線速度は下りに対して遅くなるため、動画データや写真を頻繁にアップロードするなど、大きなデータ送信をおこなう人にはあまり適していません。

光ファイバー(FTTH)

高速通信なら光回線

光ファイバーのメリットは、何といっても「速度」です。
ADSLのように収容局からの距離で速度が低下することがなく、また、下りだけでなく上り方向の通信速度も速いのが特徴です。

ADSLでは距離の問題で十分な速度が出ない人や、インターネットで動画を見たり、音楽データやフリーソフトをダウンロードする、大きなデータをやり取りするなど、データの送受信が多い人に適しています。

費用はADSLに比べて割高に

光ファイバーは、ADSLに比べて月額費用が割高になることがほとんどです。
(マンションタイプなどでは、条件によってADSLと同等の利用料になるケースもあります)

また、光ファイバー導入時には、建物に光ファイバー線を引き込むための工事が必要になるため、初期費用が高くなったり、開通までの期間が長くなることもデメリットです。
プロバイダによっては、新生活シーズンなどに工事費無料や月額料金割引のキャンペーンを実施していますので、こういったキャンペーンをうまく活用することで、初期費用を安くおさえることができます。

サービス提供エリアもADSLに比べると狭く、エリアによっては光ファイバーが導入できない場合があります。
あらかじめプロバイダのホームページなどでサービス提供エリアを調べておきましょう。

マンションやアパートなどの集合住宅では、あらかじめ各戸への引き込み工事がされているものもあります。逆に、引き込みの工事が管理会社や大家によってNGというケースもありますので、光ファイバーの導入を検討している場合は、事前にこれらを確認しておく必要があるでしょう。

CATV(ケーブルテレビ)

ケーブルテレビを見るならセットで割安に

多くのケーブルテレビ会社では、ケーブルテレビ視聴サービスの他に、ケーブルテレビの広帯域回線を利用したインターネット接続サービスを提供しています。
インターネット単独での申し込みもできますが、ケーブルテレビとの同時加入やセット契約などで割引が受けられることがほとんどです。

ケーブルテレビの場合、契約や利用料金の支払い、トラブル時の問い合わせ先などが一本化されてわかりやすくなるのもメリットです。

通信速度や月額料金は、ケーブルテレビ会社によってさまざまです。
自分の住んでいる地域のケーブルテレビ会社が、どんなプランを揃えているのか、ADSLや光ファイバーと比較して検討してみるのがいいですね。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】