デスクまわりすっきり! USB Type-C オフィス快適化計画

マルチディスプレイで業務効率をアップ!

便利だけどデスクまわりが乱雑になりがちなマルチディスプレイ環境。
USB Type-C端子を搭載しているディスプレイとパソコンであれば、
USB Type-Cケーブル1本で映像出力と電源供給をかねてマルチディスプレイにすることが可能です。
USB Type-C端子を活用して、オフィスの快適化計画を始めてみませんか?

オフィスのお悩み 作業効率は上がるけど、デスクがケーブルなどでいっぱいに…。

デスクで仕事するときは、業務効率を上げるために、マルチディスプレイにして、画面を広く使ったり、キーボードやマウスを使って、入力しやすい環境を作ったり。その結果、ケーブル類でデスクの上がゴチャゴチャ…なんてことも。

オフィスのお悩みイラスト

デスクまわりすっきり! オフィスのお悩みを解決!

USB Type-C端子を搭載した「LCD-CF271EDシリーズ」、「LCD-CF241EDシリーズ」は
映像出力やノートPCへの給電もケーブル1本で可能※なので、デスクまわりがすっきり!
またUSBハブを搭載しているので、キーボードやマウスなどをディスプレイ側に常時接続しておくことができます。
会議から自席に戻ったときにケーブル1本をつなげばすぐに作業を始められます。

※ご使用される機器にDisplayPort Alt Mode(映像出力)対応のUSB Type-Cポートが必要です。USB Type-Cで接続の場合、ノートPCへの給電は60Wまで、USBハブは各ポート900mAまで。

メリット1 電源供給も映像も1本で済むのでPCの電源が不要 キーボードやマウスをディスプレイに接続しておけるUSBハブを搭載

メリット2 会議などに行くときはケーブル1本抜くだけ

1本のケーブルで、ノートPCへの給電もできる

LCD-CF271EDシリーズ

商品詳細ページ

LCD-CF241EDシリーズ

商品詳細ページ

動画でチェック!USB Type-C搭載ワイド液晶ディスプレイ

Tyep-Cケーブル1本だけでマルチモニターも充電もOK!

1本のケーブルで、ノートPCへの給電もできる

このページのトップへ
PC版を表示