IWBAPP-WB電子黒板アプリ「らくらく黒板」

仕様書印刷

IWBAPP-WB

日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)の「デジタル教科書と電子黒板の現状と標準化への提言」を基に、必須項目を満たしたシンプルな電子黒板アプリです。パソコン操作が苦手な人でも直感的にご利用いただけます。
「てれたっち」をご購入いただいた方のみ、IOPortalより無料でダウンロードできます。

※本アプリは、てれたっちシリーズ(DA-TOUCH、DA-TOUCH/WB、DA-TOUCH-P、DA-TOUCH-P/WB)、らくらくボード(IWB-651EB)をご使用のユーザーに限り使用許諾およびサポート対象とさせていただきます。

「らくらく黒板」ダウンロードはこちら

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
IWBAPP-WB for Windows 無料   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。

シンプルで使いやすい電子黒板用アプリ

パソコンやディスプレイを電子的なホワイトボードとして自由に書き込んだり、画面を共有したりして、会議や授業を効果的におこなうためのアプリケーションです。

シンプルで使いやすい電子黒板アプリ

画面いっぱいに書いたらページをめくって再度書き始められる

黒板やホワイトボードはいっぱいに書くと一度全てを消して一から書き直す必要がありますが、らくらく黒板なら書いた内容はそのままに次のページへ書き始めることができます。
また、書いた内容を保存しておくことで、次回、そのページから再開することが可能です。

画面いっぱいに書いたらページをめくって再度書き始められる

資料やカメラ映像を取り込んで上から書き込める!

PDFやPowerPointの資料、内蔵/USB外付けのカメラ映像を取り込み、上から書き込むことができます。 紙で印刷して配ったり別のディスプレイ等に表示したりしなくても、皆で同じ資料を見ながら大事なポイントを確認できます。

資料やカメラ映像を取り込んで上から書き込める!

一つの黒板を共有して相互に書き込みができる!

同じネットワーク上で起動しているらくらく黒板同士で同じ黒板を共有し、同時に書き込むことができます。
ネットワークで繋がっていれば離れたところから同じ画面を見て情報共有することができます。

※画面共有を行いたいパソコン側にマスターモードをインストールしてください。
※画面の共有は1対1となります。
※マスターモードをインストールしたパソコンの黒板をスレーブモードをインストールしたパソコンから操作できます。

一つの黒板を共有して相互に書き込みができる!

仕様

サポートOS Windows 7(32bit/64bit)SP2
Windows 8.1(32bit/64bit)
Windows 10(バージョン 1709~1903)
Windows 10 IoT Enterprise 2016
動作CPU Intel 第5世代 Core i3以上
推奨:Intel 第7世代 Core i5以上
動作メモリ 2GB
推奨:4GB以上
動作HDD容量 256MB
推奨:320GB以上
※推奨の動作HDD容量は、アプリケーションをセットアップするための最小容量です。
提供方法 IOPortalからのダウンロード
※アプリケーションを入手/アップデートの際は、インターネット接続環境が必要です。
※アプリケーションは、無料提供です。
※アプリケーションをダウンロードする際は、IOPortal でユーザー登録が必要です。
※ユーザー登録の際は、当社製動作機器のシリアルNo.が必要です。
サポートファイル 画像(jpeg、jpg、png、pdf)
音声(m4a、wav、aac、mp3)
動画(mp4、avi、wmv、mov)
Microsoft Office(doc、docx、ppt、pptx)
PDF(pdf)
保存形式 専用形式(.iwb)、JPEG、PDF

動作確認済み機器

当社製動作機器 DA-TOUCHDA-TOUCH/WBDA-TOUCH-PDA-TOUCH-P/WBIWB-651EB
備考 ・アプリケーション入手の際は、当社製動作機器のシリアルNo.が必要です。
カメラ動作確認済み機種 US-DCAM1
このページのトップへ
PC版を表示