コバソロレコ特集ページ

コバソロレコ

  • GoogleplayQR

    Googleplay

  • AppStoreQR

    AppStore

ラジオ番組「やまだひさしのラジアンリミテッドF」の新コーナー「コバソロレコ」がスタート

ラジオキャスト

音楽プロデューサー&シンガーソングライターのコバソロが、
毎月テーマにあった曲をCDレコランキングからピックアップ!
独自の解説を交えて、ラジオリスナーとCDレコユーザーにお届けします。
CDレコアプリには、ラジオ放送で語りきれなかったフルVerを収録!
毎週放送の「コバソロレコ」をCDレコアプリでお楽しみください。

プレゼント企画 スタート

[ アプリに表示される キーワード と コバソロレコの感想 を添えご応募ください。]

応募方法
毎週出されるキーワードと番組の感想を添え、ラジアンのサイトから応募する
当選者
毎週1名様
使い方説明画像

お知らせ

2018/12/15
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.23を公開しました。
12月のテーマは「パーティー盛り上げソング」。
Vol.23「サカナクション / アイデンティティ」」について解説しています。
2018/12/8
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.22を公開しました。
12月のテーマは「パーティー盛り上げソング」。
Vol.22「サザンオールスターズ / LOVE AFFAIR」について解説しています。
2018/12/1
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.21を公開しました。
11月のテーマは「恋」。
Vol.21「King & Prince / シンデレラガール」について解説しています。
2018/11/24
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.20を公開しました。
11月のテーマは「恋」。
Vol.20「back number / 恋」について解説しています。
2018/11/17
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.19を公開しました。
11月のテーマは「恋」。
Vol.19「星野源 / 恋」について解説しています。
2018/11/10
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.18を公開しました。
11月のテーマは「恋」。
Vol.18「Ariana Grande & John Legend / Beauty and the Beast」」について解説しています。
2018/11/3
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.17を公開しました。
11月のテーマは「恋」。
Vol.17「クリスタルケイ / 恋に落ちたら」について解説しています。
2018/10/27
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.16を公開しました。
10月のテーマは「秋」。
Vol.16「AAA / 恋音と雨空」について解説しています。
2018/10/20
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.15を公開しました。
10月のテーマは「秋」。
Vol.15「菅田将暉×桐谷健太 / 浅草キッド」について解説しています。
2018/10/13
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.14を公開しました。
10月のテーマは「秋」。
Vol.14「宇多田ヒカル / 初恋」について解説しています。
2018/10/6
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.13を公開しました。
10月のテーマは「秋」。
Vol.13「米津玄師 / Loser」について解説しています。
2018/9/29
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.12を公開しました。
9月のテーマは「空」。
Vol.12「西野カナ / 君が好き」について解説しています。
2018/9/22
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.11を公開しました。
9月のテーマは「空」。
Vol.11「星野源 / SUN」について解説しています。
2018/9/15
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.10を公開しました。
9月のテーマは「空」。
Vol.10「back number / はなびら」について解説しています。
2018/9/13
インタビュー&アイ・オー・データ見学レポートを追加しました。
2018/9/8
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.9を公開しました。
9月のテーマは「空」。
Vol.9「Mr.Children / HANABI」について解説しています。
2018/9/1
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.8を公開しました。
8月のテーマは「海」。
Vol.8「ポルノグラフィティ / ミュージック・アワー」について解説しています。
2018/8/25
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.7を公開しました。
8月のテーマは「海」。
Vol.7「秦基博 / 鱗」について解説しています。
2018/8/18
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.6を公開しました。
8月のテーマは「海」。
Vol.6「ゆず / 夏色」について解説しています。
2018/8/11
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.5を公開しました。
8月のテーマは「海」。
Vol.5「WANIMA / ともに」について解説しています。
2018/8/4
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.4を公開しました。
8月のテーマは「海」。
Vol.4「HY / ホワイトビーチ」について解説しています。
2018/8/1
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.1~3を公開しました。
7月のテーマは「ドライブソング」。
Vol.1「B'z / ultra soul」、Vol.2「米津玄師 / 春雷」、Vol.3「スピッツ / 君が思い出になる前に」について解説しています。
2018/7/13
ラジオ番組「ラジアンリミテッドF」の連携企画「コバソロレコ」が7/13の放送からスタートします。
※「コバソロレコ」コーナーの放送予定時間は毎週金曜日の25時40分頃です。ただし放送内容によっては時間が変更になる可能性があります。

「コバソロレコ」コンテンツは、毎週土曜日AM2:00頃に公開予定です。

「コバソロレコ」の聞き方

「コバソロレコ」の聞き方流れ

いつでもCDレコアプリから、デイリー/週間/月間ランキングがチェックできます。
通常のランキングだけでなく、ヘビロテランキングなどちょっと面白い年間ランキングをWEBで公開中。

CDレコランキング

スマホで音楽CDを楽しむ
CDレコアプリ

今すぐダウンロード

  • GoogleplayQR

    Googleplay

  • AppStoreQR

    AppStore

「コバソロレコ」スタート 記念インタビュー

聞き手 やまだひさし

シンガーソングライター、音楽プロデューサーであり、ユーチューバーとしてはチャンネル登録数140万を超える人気のマルチクリエイター、コバソロ。
ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドF』にて、新コーナー『コバソロレコ』もスタートしました!

マルチクリエイター、コバソロってどんな人?

コバソロさん

――シンガーソングライター、音楽プロデューサーとして、マルチに活躍されているコバソロさんですが、これまでにどんな道のりを歩んできたのか、まずは教えてもらえますか。

音楽のルーツは高校時代にありますね。とはいえ最初はクリエイターになることをイメージしていたわけではなく『かっこいいから聴いている』という、単なる音楽好きのサッカー少年。B'zをずっと聴いているような少年でした。それが高校最後の文化祭で、皆の前で歌う機会があったんです。その時に周囲にキャーキャー言われたことがプロになろうと思ったきっかけですね。あれで調子に乗ってしまいました(笑)

――それで音楽の専門学校に進学を?

学校では主に理論やヴォーカルの技術を学びました。実は入学した当初は音楽知識のイロハのイもなくて……、高度な知識や技術を持った学生の中で、僕はだいぶ無知なほうだったと思います。それから在学中にオーディションを受け、インディーズの小さな音楽事務所に所属して、まずは同級生とユニットを組んで活動を始めました。活動歴は学生時代からになりますから、長いんですよ。

コバソロさん

――今ではYouTubeでコバソロさんの音楽にいつでも触れることができますけど、活動当初はそういう時代ではなかったですよね?

当時、自分の曲を誰かに聴いてもらおうと思ったら、オーディションやコンテストで認められるか、路上ライブしかありませんでした。路上ライブはめちゃめちゃやりましたよ。東京、名古屋、大阪、福岡などを中心に全国各地に行きましたね。ゲリラ的に告知なしで行うんですけど、その頃から路上でCDを買ってくれるファンの皆さんがいて、ありがたかったです。楽曲はオリジナルとカバーを織り交ぜながら演奏していました。

――いわゆる下積み時代ですね。つらいことなんてありましたか。

ああ、それはもう路上ライブですね。すごくつらいんですよ、環境が劣悪で。特に寒さはこたえました。

――完全にフィジカルな悩み(笑)

そうなんです。暑さよりも寒さがこたえます。それから、「第一声」の怖さ……。たとえば道を歩いていて、いきなり大声で歌い出すことを想像してみてください。普通しようと思わないですよね? 路上ライブってそういうものなんですよ。あとは1曲終わって誰も立ち止まらなかった時の心細さ。

――でもやっぱり、それでも歌で伝えたいものがあったからやっていたわけですよね。その芯の強さはどこから?

やっぱり楽しかったんです。あとは、自分の中の美徳でしょうか。やりきることが大切だと思っていて。

ユニットからソロへ、さらには伝説級のユーチューバーへ

コバソロさん

──ユニットからソロになったきっかけは?

ユニットの相方が体調の都合でライブを休むことも多くて、ワンマンの機会は当初から多かったんです。コバソロという名前の由来もそこからです。「今日はソロのコバソロでーす」と。弾き語りのワンマンライブの機会もだんだんと増えてきたので、ギター1本の弾き語りに加え、ピアノも独学で練習して取り入れたり。その頃からギターとピアノをベースに作曲するようになっていきました。

──それからユニットを正式に解散してソロになったわけですね。ソロになってみてどうでしたか。

最初の1年は主にライブ活動をしていましたが、そのうちほかの人を支える側に回りたいという気持ちが強くなっていきましたね。ユニットの時も、コーラスや楽器で相方をサポートすることが多かったので、前に出てくれる人が欲しい、プロデュースしたい、と思うようになりました。とはいえ、まだ自分に知名度がありませんでしたから、当然オファーもないし、こちらからするのも少し変かなと。そこでYouTubeの活動を始めました。最初にチャンネルを開設したのが2012年です。

コバソロさん

──当時のYouTubeってどんなシーンでしょうか。

僕も初心者だったので、当時よくライブハウスで対バンさせていただいたGoose houseさんからいろいろと教えてもらいました。ITにはまったく明るくなくて、動画の編集からすべて見よう見まねで始めました。当時YouTubeで流行っていたカバー動画は、カメラ1台の弾き語りのようなスタイルが一般的でしたから、自分は違うことをしてみようと考えましたね。目的は知名度の向上でしたから、ほかと同じことをしていては埋もれてしまいます。

──動画の制作は、音楽を作るのとはまた別の苦労がありますよね。どんな工夫をしましたか。

当時、音源もアレンジもプロ並みに作り込まれ、日本よりもかなり進んでいた海外のカバー動画を研究しました。最初の動画は完成まで約1ヵ月かかりました。そして、単発で終わらないことを心がけました。作り込んだコンテンツをアップし続けることが大事かと。YouTubeでは動画が1つ大きくバズって、そこから人気に火がつくという経緯をたどる方が多いようですが、僕は違いましたね。コツコツと動画をアップし続けて、地道に再生数を重ねていくタイプです。それは自分でも自覚していましたから、とにかく継続してやっていこうという腹積もりでした。

──冷静な自己分析(笑) そして今やチャンネル登録数140万超え、動画の再生数は数億超えというすごい人気になったわけですね。

僕の楽曲はバズるということがなくて、いつも自分の想定内なんですよね。もっと裏切られたいですね。でもこれでやっと自分がフロントを降りて、サポートに回れる時期にきたなと思いました。自分の楽曲やチャンネルを使って、コラボした方にメリットを提供できる規模になったかなと。

そして、プロデューサーとしてのコバソロへ

コバソロさん

──その後はプロデューサーとしての活躍が著しいですが、コラボするアーティストはどうやって選ばれているのですか。

ある程度活動されている方を自分のチャンネルに招くことが多いのですが、まずは歌声のイメージが大切。それから、アーティストとして自分をどのように見せていきたいのか、しっかり考えている人ですね。また、才能があるのに日の目を見ていない方、そういう方によい形で使ってもらえるような、そんなチャンネルにしたくて。

──コバソロさん自身、シンガーとしての才能もお持ちなのに、「自分で歌いたい!」とはならないのでしょうか。

ユニット時代の相方が実に才能のある人でしたから、自分としては裏方の場所にいることも自然なんですよね。素晴らしい才能に出会えたら、喜んでサポートしていきたいという気持ちです。今では仕事の9割がプロデュースで、よほどのことがない限り自分では歌わないです。基本的にコラボする方をしっかり想定して楽曲制作など行いますので、僕が歌ってもイメージが違うんですよね。

コバソロさん

──実際にアーティストたちに声をかけて、一緒に創作することで、感動が「倍化」する瞬間というものがきっとあると思います。具体的なエピソードがあったらぜひ聞かせてください。

たとえば足立佳奈さんの『フレーフレーわたし』という曲でコラボさせていただきました。足立さんは有名オーディション出身で、約12万5000人の中から選ばれた、いわゆる「シンデレラガール」と見られる向きがあると思いますが、ただのラッキーガールじゃないんですよね。彼女にだってレッスンに明け暮れて苦労した時代があり、天真爛漫な中にも隠れた想いがありますよ。そういう彼女のドラマを僕なりに曲に込めようと。足立さんはデビュー前にもチャンネルに出ていただいた縁がありまして、ご本人には『フレーフレーわたし』、すごく共感しました」と言ってもらえて、うれしかったですね。

コバソロと「CDレコランキング」

コバソロさん

──そんなコバソロさんですが、ラジオ番組で新コーナーが始まりました。その名も『コバソロレコ』。音楽再生アプリ「CDレコアプリ」の様々なランキングを元に、コバソロさんが毎月テーマに合わせてヒット曲を紹介していくコーナーです。

「CDレコ」はこの企画をいただいた時に初めて知ったのですけど、これさえあれば手持ちのCDが簡単にスマホのアプリで再生できるんですから、驚きました。簡単な操作で家に眠っているCDをスマホにコピーできて、どこにでも持ち歩ける、そんなイメージですよね。僕自身もCDをたくさん持っていますが、すでにパソコンにはCDドライブのついていない時代でしょう? 聴きようがなくて、やり場に困っていました。

──眠っているCDという財産をまた活かすことができて、生活が豊かになりますね(笑) 親御さん世代がお持ちのCDをお子さんたちが聴いてみたり、そういうコミュニケーションも生まれて欲しいですね。

ある意味、音楽以外でも使えますよね。僕の父は落語のCDをたくさん持っていますけど、こういうものをアップロードして聴くのもいいですよね。たとえば英会話教材とか。活用方法はまだまだありそうです。

──そして「CDレコランキング」は、このCDレコアプリで実際に再生された曲をランキングにしたものです。いわゆる世間のランキングは、売り上げ、ダウンロード数などに基づいていると思いますが、これは「実際に聴かれている曲」のランキング。わざわざ持ち歩いて聴きたい曲という、生活に密着したリアルなランキングです。

楽曲の創り手側としては、「ああ、聴いてくれているんだな」ということが実感できるランキングです。聴けば聴くほどランキングに反映されますから、クリエイター冥利につきますね。ファンの方も応援しがいがありますね。

コバソロさん

──ランキングには古い曲も入りますし、年代別、地域別の違いもあります。いろいろなデータが出ています。非常に特徴的で面白いランキングですよね。コバソロさんの活動にこのCDレコランキングが影響したりしませんか。

自分で楽曲を書く時に意識しそうですね。今、どんな曲が聴かれているのか、長く何度も聴かれる曲はどういう曲なのかなど、興味あります。このランキングは、流行や季節イベントなどにはたいして影響されていなくて、真の意味でのオールタイム・ベスト。時代ごとの変遷などもうかがえますね。音楽のメロディーって聴いた人の中に蓄積されていくと思います。芯に染みていくというか、そういう感動するメロディーがこのランキングには詰まってます。

──番組側でも、このランキングのデータをどう活かそうか、考えあぐねていた部分があったんですよね。そこでコバソロさんのようなクリエイターにぜひ使ってもらおうと。今回初の試みです。

『コバソロレコ』では、毎月テーマを決めてランキングから選曲しています。オールタイムからの選曲ですから、10~20代のユーザーは知らない曲もあるはず。時代を超えて聴いて欲しい名曲をたくさん紹介していきますので、ぜひ聴いてみてください。そして、なぜ今この曲なのか、そんなお話をラジオではしていきたいと思っています。また、『コバソロレコ』のオンエアは15分ですが、実はもっと録音しています。その続きのより深いトークは、「CDレコアプリ」上で公開していきますので、いつでもお聴きいただけますよ。

──最後に、『コバソロレコ』の聴きどころをお願いします。

今、僕がやっていること、これは僕意外には誰もやっていないことだと自負しています。『コバソロレコ』は、そんな僕がどんな観点で音楽を見ているのかを知ってもらえるコーナーになっています。YouTubeのチャンネルと連動して聴いていただけると、より面白みが増すかも。また、今まで僕がコラボしてきたアーティストたちもゲストとしてお呼びする予定ですので、どうぞ楽しみにお待ちください。

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート写真 今や音源がすべて電子データ化されている世界ですから、ミュージシャンの仕事はデータが要。アイ・オー・データのようなIT企業のサポートも必要不可欠なんですね。大事なデータを保存するデバイスの数々は、楽器と同じように重要なものです。

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート写真 驚いたのはサポートセンターが本社内にあるということ。一般的に海外拠点や外部企業などに委託されることが多いサポートですが、アイ・オー・データはお客様の大事なデータを預かるIT企業として、開発からサポートまで一気通貫で対応するそう! 僕のデータも安心ですね。

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート写真 企画中の新サービスの開発現場を見学。アイ・オー・データ製品にオリジナルのイラストや写真をプリントできるそう。なんと今日は僕のロゴ入りポータブルUSBメモリをプレゼントしていただいちゃいました。自分だけの機材が作れる新サービス、期待大です!

コバソロ紹介

コバソロ

コバソロ

大阪府出身。コバソロは、コバ(小林 真)のソロプロジェクト。
リトルタートルズ(2011年活動休止)のメンバーであったコバが2010年より開始したソロプロジェクトを略し「コバソロ」と命名した。
音楽プロデューサー、シンガーソングライター、映像クリエーターとフリーランスながら多岐にわたり活躍している。
現在は、その圧倒的音域の歌声と類い稀なプロデュース力で、YouTube、メジャーアーティストへの楽曲提供など精力的に活動中である。

You Tubeチャンネル

ラジオ番組紹介

やまだひさし

やまだひさしのラジアンリミテッドF

やまだひさしのラジアンリミテッドF

やまだひさしのラジアンリミテッドF(やまだひさしのラジアンリミテッドフライデー)は、2010年4月からスタートしたラジオの深夜番組。毎週金曜日25:00~29:00、TOKYO FMとJAPAN FM NETWORK(JFN)系列全国36局ネットで放送中。

公式サイト

  • facebook
  • twitter
コバソロレコ

アプリをダウンロード矢印

Googleplay
AppStore

ラジオ番組「やまだひさしのラジアンリミテッドF」の新コーナー「コバソロレコ」がスタート

ラジオキャスト

音楽プロデューサー&
シンガーソングライターのコバソロが、
毎月テーマにあった曲を
CDレコランキングからピックアップ!

独自の解説を交えて、ラジオリスナーとCDレコユーザーにお届けします。

CDレコアプリには、ラジオ放送で語りきれなかったフルVerを収録!

毎週放送の「コバソロレコ」をCDレコアプリでお楽しみください。

プレゼント企画 スタート
応募方法
毎週出されるキーワードと番組の感想を添え、ラジアンのサイトから応募する
当選者
毎週1名様
使い方説明画像

お知らせ

2018/12/15
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.23を公開しました。12月のテーマは「パーティー盛り上げソング」。
Vol.23「サカナクション / アイデンティティ」」について解説しています。
2018/12/8
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.22を公開しました。12月のテーマは「パーティー盛り上げソング」。
Vol.22「サザンオールスターズ / LOVE AFFAIR」について解説しています。
2018/12/1
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.21を公開しました。11月のテーマは「恋」。
Vol.21「King & Prince / シンデレラガール」について解説しています。
2018/11/24
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.20を公開しました。11月のテーマは「恋」。
Vol.20「back number / 恋」について解説しています。
2018/11/17
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.19を公開しました。11月のテーマは「恋」。
Vol.19「星野源 / 恋」について解説しています。
2018/11/10
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.18を公開しました。11月のテーマは「恋」。
Vol.18「Ariana Grande & John Legend / Beauty and the Beast」」について解説しています。
2018/11/3
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.17を公開しました。11月のテーマは「恋」。
Vol.17「クリスタルケイ / 恋に落ちたら」について解説しています。
2018/10/27
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.16を公開しました。10月のテーマは「秋」。
Vol.16「AAA / 恋音と雨空」について解説しています。
2018/10/20
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.15を公開しました。10月のテーマは「秋」。
Vol.15「菅田将暉×桐谷健太 / 浅草キッド」について解説しています。
2018/10/13
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.14を公開しました。10月のテーマは「秋」。
Vol.14「宇多田ヒカル / 初恋」について解説しています。
2018/10/6
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.13を公開しました。10月のテーマは「秋」。
Vol.13「米津玄師 / Loser」について解説しています。
2018/9/29
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.12を公開しました。9月のテーマは「空」。
Vol.12「西野カナ / 君が好き」について解説しています。
2018/9/22
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.11を公開しました。9月のテーマは「空」。
Vol.11「星野源 / SUN」について解説しています。
2018/9/15
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.10を公開しました。9月のテーマは「空」。
Vol.10「back number / はなびら」について解説しています。
2018/9/13
インタビュー&アイ・オー・データ見学レポートを追加しました。
2018/9/8
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.9を公開しました。9月のテーマは「空」。
Vol.9「Mr.Children / HANABI」について解説しています。
2018/9/1
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.8を公開しました。8月のテーマは「海」。
Vol.8「ポルノグラフィティ / ミュージック・アワー」について解説しています。
2018/8/25
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.7を公開しました。8月のテーマは「海」。
Vol.7「秦基博 / 鱗」について解説しています。
2018/8/18
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.6を公開しました。8月のテーマは「海」。
Vol.6「ゆず / 夏色」について解説しています。
2018/8/11
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.5を公開しました。8月のテーマは「海」。
Vol.5「WANIMA / ともに」について解説しています。
2018/8/4
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.4を公開しました。8月のテーマは「海」。
Vol.4「HY / ホワイトビーチ」について解説しています。
2018/8/1
CDレコアプリに、コバソロレコ Vol.1~3を公開しました。
7月のテーマは「ドライブソング」。
Vol.1「B'z / ultra soul」、Vol.2「米津玄師 / 春雷」、Vol.3「スピッツ / 君が思い出になる前に」について解説しています。
2018/7/13
ラジオ番組「ラジアンリミテッドF」の連携企画「コバソロレコ」が7/13の放送からスタートします。
※「コバソロレコ」コーナーの放送予定時間は毎週金曜日の25時40分頃です。ただし放送内容によっては時間が変更になる可能性があります。

「コバソロレコ」コンテンツは、
毎週土曜日AM2:00頃に公開予定です。

「コバソロレコ」の聞き方

「コバソロレコ」の聞き方流れ

アプリをダウンロード

矢印

ランキングの「コバソロレコ」をタップ

ランキングの
「コバソロレコ」をタップ

矢印

一覧から聞きたいVol.を選択

一覧から聞きたいVol.を選択

矢印

コバソロの解説をお楽しみいただけます

コバソロの解説を
お楽しみいただけます

いつでもCDレコアプリから、デイリー/週間/月間ランキングがチェックできます。

通常のランキングだけでなく、ヘビロテランキングなどちょっと面白い年間ランキングをWEBで公開中。

CDレコランキング2017

スマホで音楽CDを楽しむ
CDレコアプリ

今すぐダウンロード

Googleplay
AppStore

「コバソロレコ」スタート 記念インタビュー

聞き手 やまだひさし

シンガーソングライター、音楽プロデューサーであり、ユーチューバーとしてはチャンネル登録数140万を超える人気のマルチクリエイター、コバソロ。
ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドF』にて、新コーナー『コバソロレコ』もスタートしました!

マルチクリエイター、コバソロってどんな人?

コバソロさん

――シンガーソングライター、音楽プロデューサーとして、マルチに活躍されているコバソロさんですが、これまでにどんな道のりを歩んできたのか、まずは教えてもらえますか。

音楽のルーツは高校時代にありますね。とはいえ最初はクリエイターになることをイメージしていたわけではなく『かっこいいから聴いている』という、単なる音楽好きのサッカー少年。B'zをずっと聴いているような少年でした。それが高校最後の文化祭で、皆の前で歌う機会があったんです。その時に周囲にキャーキャー言われたことがプロになろうと思ったきっかけですね。あれで調子に乗ってしまいました(笑)

――それで音楽の専門学校に進学を?

学校では主に理論やヴォーカルの技術を学びました。実は入学した当初は音楽知識のイロハのイもなくて……、高度な知識や技術を持った学生の中で、僕はだいぶ無知なほうだったと思います。それから在学中にオーディションを受け、インディーズの小さな音楽事務所に所属して、まずは同級生とユニットを組んで活動を始めました。活動歴は学生時代からになりますから、長いんですよ。

コバソロさん

――今ではYouTubeでコバソロさんの音楽にいつでも触れることができますけど、活動当初はそういう時代ではなかったですよね?

当時、自分の曲を誰かに聴いてもらおうと思ったら、オーディションやコンテストで認められるか、路上ライブしかありませんでした。路上ライブはめちゃめちゃやりましたよ。東京、名古屋、大阪、福岡などを中心に全国各地に行きましたね。ゲリラ的に告知なしで行うんですけど、その頃から路上でCDを買ってくれるファンの皆さんがいて、ありがたかったです。楽曲はオリジナルとカバーを織り交ぜながら演奏していました。

――いわゆる下積み時代ですね。つらいことなんてありましたか。

ああ、それはもう路上ライブですね。すごくつらいんですよ、環境が劣悪で。特に寒さはこたえました。

――完全にフィジカルな悩み(笑)

そうなんです。暑さよりも寒さがこたえます。それから、「第一声」の怖さ……。たとえば道を歩いていて、いきなり大声で歌い出すことを想像してみてください。普通しようと思わないですよね? 路上ライブってそういうものなんですよ。あとは1曲終わって誰も立ち止まらなかった時の心細さ。

――でもやっぱり、それでも歌で伝えたいものがあったからやっていたわけですよね。その芯の強さはどこから?

やっぱり楽しかったんです。あとは、自分の中の美徳でしょうか。やりきることが大切だと思っていて。

ユニットからソロへ、さらには伝説級のユーチューバーへ

コバソロさん

──ユニットからソロになったきっかけは?

ユニットの相方が体調の都合でライブを休むことも多くて、ワンマンの機会は当初から多かったんです。コバソロという名前の由来もそこからです。「今日はソロのコバソロでーす」と。弾き語りのワンマンライブの機会もだんだんと増えてきたので、ギター1本の弾き語りに加え、ピアノも独学で練習して取り入れたり。その頃からギターとピアノをベースに作曲するようになっていきました。

──それからユニットを正式に解散してソロになったわけですね。ソロになってみてどうでしたか。

最初の1年は主にライブ活動をしていましたが、そのうちほかの人を支える側に回りたいという気持ちが強くなっていきましたね。ユニットの時も、コーラスや楽器で相方をサポートすることが多かったので、前に出てくれる人が欲しい、プロデュースしたい、と思うようになりました。とはいえ、まだ自分に知名度がありませんでしたから、当然オファーもないし、こちらからするのも少し変かなと。そこでYouTubeの活動を始めました。最初にチャンネルを開設したのが2012年です。

コバソロさん

──当時のYouTubeってどんなシーンでしょうか。

僕も初心者だったので、当時よくライブハウスで対バンさせていただいたGoose houseさんからいろいろと教えてもらいました。ITにはまったく明るくなくて、動画の編集からすべて見よう見まねで始めました。当時YouTubeで流行っていたカバー動画は、カメラ1台の弾き語りのようなスタイルが一般的でしたから、自分は違うことをしてみようと考えましたね。目的は知名度の向上でしたから、ほかと同じことをしていては埋もれてしまいます。

──動画の制作は、音楽を作るのとはまた別の苦労がありますよね。どんな工夫をしましたか。

当時、音源もアレンジもプロ並みに作り込まれ、日本よりもかなり進んでいた海外のカバー動画を研究しました。最初の動画は完成まで約1ヵ月かかりました。そして、単発で終わらないことを心がけました。作り込んだコンテンツをアップし続けることが大事かと。YouTubeでは動画が1つ大きくバズって、そこから人気に火がつくという経緯をたどる方が多いようですが、僕は違いましたね。コツコツと動画をアップし続けて、地道に再生数を重ねていくタイプです。それは自分でも自覚していましたから、とにかく継続してやっていこうという腹積もりでした。

──冷静な自己分析(笑) そして今やチャンネル登録数140万超え、動画の再生数は数億超えというすごい人気になったわけですね。

僕の楽曲はバズるということがなくて、いつも自分の想定内なんですよね。もっと裏切られたいですね。でもこれでやっと自分がフロントを降りて、サポートに回れる時期にきたなと思いました。自分の楽曲やチャンネルを使って、コラボした方にメリットを提供できる規模になったかなと。

そして、プロデューサーとしてのコバソロへ

コバソロさん

──その後はプロデューサーとしての活躍が著しいですが、コラボするアーティストはどうやって選ばれているのですか。

ある程度活動されている方を自分のチャンネルに招くことが多いのですが、まずは歌声のイメージが大切。それから、アーティストとして自分をどのように見せていきたいのか、しっかり考えている人ですね。また、才能があるのに日の目を見ていない方、そういう方によい形で使ってもらえるような、そんなチャンネルにしたくて。

──コバソロさん自身、シンガーとしての才能もお持ちなのに、「自分で歌いたい!」とはならないのでしょうか。

ユニット時代の相方が実に才能のある人でしたから、自分としては裏方の場所にいることも自然なんですよね。素晴らしい才能に出会えたら、喜んでサポートしていきたいという気持ちです。今では仕事の9割がプロデュースで、よほどのことがない限り自分では歌わないです。基本的にコラボする方をしっかり想定して楽曲制作など行いますので、僕が歌ってもイメージが違うんですよね。

コバソロさん

──実際にアーティストたちに声をかけて、一緒に創作することで、感動が「倍化」する瞬間というものがきっとあると思います。具体的なエピソードがあったらぜひ聞かせてください。

たとえば足立佳奈さんの『フレーフレーわたし』という曲でコラボさせていただきました。足立さんは有名オーディション出身で、約12万5000人の中から選ばれた、いわゆる「シンデレラガール」と見られる向きがあると思いますが、ただのラッキーガールじゃないんですよね。彼女にだってレッスンに明け暮れて苦労した時代があり、天真爛漫な中にも隠れた想いがありますよ。そういう彼女のドラマを僕なりに曲に込めようと。足立さんはデビュー前にもチャンネルに出ていただいた縁がありまして、ご本人には『フレーフレーわたし』、すごく共感しました」と言ってもらえて、うれしかったですね。

コバソロと「CDレコランキング」

コバソロさん

──そんなコバソロさんですが、ラジオ番組で新コーナーが始まりました。その名も『コバソロレコ』。音楽再生アプリ「CDレコアプリ」の様々なランキングを元に、コバソロさんが毎月テーマに合わせてヒット曲を紹介していくコーナーです。

「CDレコ」はこの企画をいただいた時に初めて知ったのですけど、これさえあれば手持ちのCDが簡単にスマホのアプリで再生できるんですから、驚きました。簡単な操作で家に眠っているCDをスマホにコピーできて、どこにでも持ち歩ける、そんなイメージですよね。僕自身もCDをたくさん持っていますが、すでにパソコンにはCDドライブのついていない時代でしょう? 聴きようがなくて、やり場に困っていました。

──眠っているCDという財産をまた活かすことができて、生活が豊かになりますね(笑) 親御さん世代がお持ちのCDをお子さんたちが聴いてみたり、そういうコミュニケーションも生まれて欲しいですね。

ある意味、音楽以外でも使えますよね。僕の父は落語のCDをたくさん持っていますけど、こういうものをアップロードして聴くのもいいですよね。たとえば英会話教材とか。活用方法はまだまだありそうです。

──そして「CDレコランキング」は、このCDレコアプリで実際に再生された曲をランキングにしたものです。いわゆる世間のランキングは、売り上げ、ダウンロード数などに基づいていると思いますが、これは「実際に聴かれている曲」のランキング。わざわざ持ち歩いて聴きたい曲という、生活に密着したリアルなランキングです。

楽曲の創り手側としては、「ああ、聴いてくれているんだな」ということが実感できるランキングです。聴けば聴くほどランキングに反映されますから、クリエイター冥利につきますね。ファンの方も応援しがいがありますね。

コバソロさん

──ランキングには古い曲も入りますし、年代別、地域別の違いもあります。いろいろなデータが出ています。非常に特徴的で面白いランキングですよね。コバソロさんの活動にこのCDレコランキングが影響したりしませんか。

自分で楽曲を書く時に意識しそうですね。今、どんな曲が聴かれているのか、長く何度も聴かれる曲はどういう曲なのかなど、興味あります。このランキングは、流行や季節イベントなどにはたいして影響されていなくて、真の意味でのオールタイム・ベスト。時代ごとの変遷などもうかがえますね。音楽のメロディーって聴いた人の中に蓄積されていくと思います。芯に染みていくというか、そういう感動するメロディーがこのランキングには詰まってます。

──番組側でも、このランキングのデータをどう活かそうか、考えあぐねていた部分があったんですよね。そこでコバソロさんのようなクリエイターにぜひ使ってもらおうと。今回初の試みです。

『コバソロレコ』では、毎月テーマを決めてランキングから選曲しています。オールタイムからの選曲ですから、10~20代のユーザーは知らない曲もあるはず。時代を超えて聴いて欲しい名曲をたくさん紹介していきますので、ぜひ聴いてみてください。そして、なぜ今この曲なのか、そんなお話をラジオではしていきたいと思っています。また、『コバソロレコ』のオンエアは15分ですが、実はもっと録音しています。その続きのより深いトークは、「CDレコアプリ」上で公開していきますので、いつでもお聴きいただけますよ。

──最後に、『コバソロレコ』の聴きどころをお願いします。

今、僕がやっていること、これは僕意外には誰もやっていないことだと自負しています。『コバソロレコ』は、そんな僕がどんな観点で音楽を見ているのかを知ってもらえるコーナーになっています。YouTubeのチャンネルと連動して聴いていただけると、より面白みが増すかも。また、今まで僕がコラボしてきたアーティストたちもゲストとしてお呼びする予定ですので、どうぞ楽しみにお待ちください。

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート写真 今や音源がすべて電子データ化されている世界ですから、ミュージシャンの仕事はデータが要。アイ・オー・データのようなIT企業のサポートも必要不可欠なんですね。大事なデータを保存するデバイスの数々は、楽器と同じように重要なものです。

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート写真 驚いたのはサポートセンターが本社内にあるということ。一般的に海外拠点や外部企業などに委託されることが多いサポートですが、アイ・オー・データはお客様の大事なデータを預かるIT企業として、開発からサポートまで一気通貫で対応するそう! 僕のデータも安心ですね。

コバソロの金沢&アイ・オー・データ 見学レポート写真 企画中の新サービスの開発現場を見学。アイ・オー・データ製品にオリジナルのイラストや写真をプリントできるそう。なんと今日は僕のロゴ入りポータブルUSBメモリをプレゼントしていただいちゃいました。自分だけの機材が作れる新サービス、期待大です!

コバソロ紹介

コバソロ

コバソロ

大阪府出身。コバソロは、コバ(小林 真)のソロプロジェクト。
リトルタートルズ(2011年活動休止)のメンバーであったコバが2010年より開始したソロプロジェクトを略し「コバソロ」と命名した。
プロデューサー、シンガーソングライター、映像クリエーターとフリーランスながら多岐にわたり活躍している。
現在は、その圧倒的音域の歌声と類い稀なプロデュース力で、YouTube、メジャーアーティストへの楽曲提供など精力的に活動中である。

You Tubeチャンネル

ラジオ番組紹介

やまだひさし

やまだひさしのラジアンリミテッドF

やまだひさしのラジアンリミテッドF

やまだひさしのラジアンリミテッドF(やまだひさしのラジアンリミテッドフライデー)は、2010年4月からスタートしたラジオの深夜番組。毎週金曜日25:00~29:00、TOKYO FMとJAPAN FM NETWORK(JFN)系列全国36局ネットで放送中。

公式サイト

facebook
twitter
このページのトップへ
PC版を表示