Q&A

Cドライブの空き容量が少なくなっているため、Cドライブの空き容量を増やしたいのですが。


2023年10月Windows Server 2012 / 2012 R2のサポート終了


本製品ではボリュームの構成・容量は固定されており、Cドライブの容量自体を増やすことはできません。
以下より、容量に空きができないかご確認ください。


【1】C:\Windows\Temp フォルダーに cab_XXX_X ( X は数字) が生成されディスクの容量を圧迫している場合
C:\Windows\Temp\cab_XXX_X は、Windows Module Installer Service によって利用される、CBS.log を圧縮する際に利用される一時ファイルとなります。
このファイルは、本来圧縮完了後削除されるはずですが、圧縮時の処理の中で問題が発生した場合、残存することがあります。
cab_XXX_X は、.cab ファイル生成失敗を示す一時ファイルとなりますので、削除していただいても問題はありませんので全て削除してください。


【2】お客様にてインストールされているソフトウェアがある場合
不要なソフトウェアは削除してご確認下さい。


【3】検索用のインデックスファイルを削除する
Windows Searchサービスが有効になっている場合に、Cドライブ上に検索の為のインデックスデータが保存され、このデータが大きくなる事によりCドライブの空き容量が少なくなってしまう場合があります。

標準ではWindows Searchサービスのインデックス保存場所はCドライブとなっています。
この場合には、インデックスサービスのインデックスの保存場所をDドライブに移動するか、インデックスサービスを使用しない設定に変更いただくことをご検討ください。

■インデックスの容量の確認方法
1.[スタート]−[コントロールパネル]−[インデックスのオプション]を開きます。
2.[詳細設定]ボタンをクリックして[インデックスの設定]タブの「インデックスの場所」を確認します。
 その場所にある「Search」フォルダを開き、中にサイズの大きなデータが無いか確認してください。

例)インデックスの場所で現在の場所が"C:\ProgramData\Microsoft"となっている場合、"C:\ProgramData\Microsoft\Seach"の中を確認します。
  [Search]フォルダ内の[DATA]フォルダを開き、[Windows]フォルダ内のデータを確認します。
  容量が大きい場合、引き続き以下の手順にて、インデックスデータのDドライブへの移動をお試しください。

■インデックスの場所の移動方法
1.[スタート]−[コントロールパネル]−[インデックスのオプション]を開き、[詳細設定]ボタンをクリックします。
2.インデックスの場所より「新しい場所」にて[新しいバックアップ先の選択]をクリックします。
 インデックスデータの保存場所を、Dドライブにして設定をお試しください。

インデックスを使用しない設定に変更をして、インデックスデータを減らす場合は以下の操作を行ってください。

■インデックスの使用設定を解除する方法
1.[コンピュータ]から、Cドライブのプロパティを開きます。
 (インデックスの使用については、ボリューム毎に設定が可能です。)
2.プロパティ内の「検索を速くするため、このドライブにインデックスを付ける」チェックを外して設定を行います。
3.以下の画面が表示されます。
 ------------------------------------------
 | 「属性変更の確認
 | 次の属性変更を選択しました。
 | この変更をドライブC:\ のみにしようするか、または全てのサブフォルダや
 | ファイルにも適用するか選択してください。」
 ------------------------------------------
 「変更をドライブC:\、サブフォルダ及びファイルに適用する」を選択して[OK]をクリックします。
4.引き続き、以下の画面が表示されます。
 ------------------------------------------
 | 「アクセス拒否
 | これらの属性を変更するには管理者のアクセス許可を提供する必要があります。
 | [続行]をクリックするとこの操作を完了します。」
 ------------------------------------------
 [続行]ボタンをクリックします。
5.以下の画面が表示された場合には、
 ------------------------------------------
 | 「属性の適用エラー
 | ファイルの属性の適用中にエラーが発生しました。
 | アクセスが拒否されました。」
 ------------------------------------------
 [すべて無視]ボタンをクリックします。
6.属性の適用が開始されます。
 データ量が多い場合には変更が完了するまで時間がかかります。

また、Windows Searchサービスが動作しているために、動作が遅くなってしまう場合には、Windows Searchサービスを無効にして動作をご確認ください。

■Windows Searchサービスを無効にする方法
1.[スタート]−[管理ツール]−[サービス]をクリックします。
2.「Windows Search」をダブルクリックして、サービスを停止します。


【4】ディスクのクリーンアップを行う
Windows StorageServer2008では標準ではディスククリーンアップツールがインストールされていませんが、以下の手順にてディスククリーンアップツールの追加か可能です。
インストールを行い、ディスククリーンアップをお試しください。

1.[スタート]−[管理ツール]−[サーバーマネージャー]をクリックします。
2.左側より「機能」をクリックします。
3.右側に表示の機能の概要より、[機能の追加]をクリックします。
4.機能の一覧より「デスクトップエクスペリエンス」(※)にチェックをつけてインストールを行います。
 (インストールの際には再起動が必要となります)
5.インストールが完了しましたら、[スタート]−[コンピュータ]より、Cドライブを右クリックしてプロパティを開きます。
6.[ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックします。不要なものを削除してご使用下さい。

Q&A番号 18542
このQ&Aの対象製品 HDL-Z2WL12C2 HDL-Z2WL12I2 HDL-Z2WL2C2 HDL-Z2WL2I2 HDL-Z2WL4I2 HDL-Z2WL6I2 HDL-Z2WL8I2 HDL-Z2WM12C2 HDL-Z2WM2.0 HDL-Z2WM2C2 HDL-Z2WM4.0 HDL-Z2WM4C2 HDL-Z2WM6C2 HDL-Z2WM8C2 HDL-Z2WP16D HDL-Z2WP16I HDL-Z2WP2D HDL-Z2WP2I HDL-Z2WP4D HDL-Z2WP4I HDL-Z2WP8D HDL-Z2WP8I HDL-Z2WPS2I HDL-Z2WQ16D HDL-Z2WQ2D HDL-Z2WQ2D/NE HDL-Z2WQ4D HDL-Z2WQ4D/NE HDL-Z2WQ8D HDL-Z2WS1.0 HDL-Z2WS1.0A HDL-Z2WS1.0LP HDL-Z2WS12C HDL-Z2WS2.0 HDL-Z2WS2.0A HDL-Z2WS2.0LP HDL-Z2WS2.0V HDL-Z2WS2C HDL-Z2WS4.0V HDL-Z2WS4C HDL-Z2WS6C HDL-Z2WS8C HDL-Z4WL12CR HDL-Z4WL12CR2 HDL-Z4WL12CR2V HDL-Z4WL12I2 HDL-Z4WL12IR2 HDL-Z4WL16C2 HDL-Z4WL16CR2 HDL-Z4WL16CR2V HDL-Z4WL16I2 HDL-Z4WL16IR2 HDL-Z4WL24C2 HDL-Z4WL24CR2 HDL-Z4WL24I2 HDL-Z4WL24IR2 HDL-Z4WL4.0CR HDL-Z4WL4C2 HDL-Z4WL4CR2 HDL-Z4WL4CR2V HDL-Z4WL4I2 HDL-Z4WL4IR2 HDL-Z4WL8.0CR HDL-Z4WL8CR2 HDL-Z4WL8CR2V HDL-Z4WL8I2 HDL-Z4WL8IR2 HDL-Z4WM12C HDL-Z4WM12C2 HDL-Z4WM16C2 HDL-Z4WM24C2 HDL-Z4WM4C HDL-Z4WM4C2 HDL-Z4WM8C HDL-Z4WM8C2 HDL-Z4WP16D HDL-Z4WP16DR HDL-Z4WP16I HDL-Z4WP16IR HDL-Z4WP16IX HDL-Z4WP32D HDL-Z4WP32DR HDL-Z4WP32I HDL-Z4WP32IR HDL-Z4WP4D HDL-Z4WP4DR HDL-Z4WP4I HDL-Z4WP4IR HDL-Z4WP4IX HDL-Z4WP8D HDL-Z4WP8DR HDL-Z4WP8I HDL-Z4WP8IR HDL-Z4WP8IX HDL-Z4WPS4I HDL-Z4WQ16D HDL-Z4WQ16DR HDL-Z4WQ32D HDL-Z4WQ32DR HDL-Z4WQ4D HDL-Z4WQ4DR HDL-Z4WQ8D HDL-Z4WQ8DR HDL-Z4WS12C HDL-Z4WS12CR HDL-Z4WS12CR2 HDL-Z4WS12CR2V HDL-Z4WS16C HDL-Z4WS16CR2 HDL-Z4WS16CR2V HDL-Z4WS2.0 HDL-Z4WS2.0A HDL-Z4WS24C HDL-Z4WS24CR2 HDL-Z4WS4.0 HDL-Z4WS4.0A HDL-Z4WS4.0CR HDL-Z4WS4.0V HDL-Z4WS4C HDL-Z4WS4CR2 HDL-Z4WS4CR2V HDL-Z4WS6.0 HDL-Z4WS8.0 HDL-Z4WS8.0A HDL-Z4WS8.0CR HDL-Z4WS8.0V HDL-Z4WS8C HDL-Z4WS8CR2 HDL-Z4WS8CR2V HDL-Z4WT12CR HDL-Z4WT12CR2 HDL-Z4WT12CR2V HDL-Z4WT16CR2 HDL-Z4WT16CR2V HDL-Z4WT24CR2 HDL-Z4WT4.0CR HDL-Z4WT4CR2 HDL-Z4WT4CR2V HDL-Z4WT8.0CR HDL-Z4WT8CR2 HDL-Z4WT8CR2V HDL-Z6WL12C HDL-Z6WL12C2 HDL-Z6WL12C2V HDL-Z6WL12CV HDL-Z6WL18C HDL-Z6WL18C2 HDL-Z6WL18C2V HDL-Z6WL18CV HDL-Z6WL24C2 HDL-Z6WL24C2V HDL-Z6WL36C2 HDL-Z6WL6C HDL-Z6WL6C2 HDL-Z6WL6C2V HDL-Z6WL6CV HDL2-Z10ATB02 HDL2-Z10ATB04 HDL2-Z19SATA-16 HDL2-Z19SATA-16B HDL2-Z19SATA-2 HDL2-Z19SATA-2B HDL2-Z19SATA-4 HDL2-Z19SATA-4B HDL2-Z19SATA-8 HDL2-Z19SATA-8B HDL2-Z19SATA-S2 HDL2-Z19SCA-16 HDL2-Z19SCA-2 HDL2-Z19SCA-4 HDL2-Z19SCA-8 HDL2-Z19SI3A-16B HDL2-Z19SI3A-2B HDL2-Z19SI3A-4B HDL2-Z19SI3A-8B HDL2-Z19WATA-16 HDL2-Z19WATA-16B HDL2-Z19WATA-2 HDL2-Z19WATA-2B HDL2-Z19WATA-4 HDL2-Z19WATA-4B HDL2-Z19WATA-8 HDL2-Z19WATA-8B HDL2-Z19WCA-16 HDL2-Z19WCA-2 HDL2-Z19WCA-4 HDL2-Z19WCA-8 HDL2-Z22SATA02 HDL2-Z22SATA02B HDL2-Z22SATA04 HDL2-Z22SATA04B HDL2-Z22SATA08 HDL2-Z22SATA08B HDL2-Z22SATA16 HDL2-Z22SATA16B HDL2-Z22SATAS2 HDL2-Z22SATB02 HDL2-Z22SATB04 HDL2-Z22SATB08 HDL2-Z22SATB16 HDL2-Z22SI3A02 HDL2-Z22SI3A02B HDL2-Z22SI3A04 HDL2-Z22SI3A04B HDL2-Z22SI3A08 HDL2-Z22SI3A08B HDL2-Z22SI3A16 HDL2-Z22SI3A16B HDL2-Z22SI3AS2 HDL2-Z22SI3B02 HDL2-Z22SI3B04 HDL2-Z22SI3B08 HDL2-Z22SI3B16 HDL2-Z22WATA02 HDL2-Z22WATA02B HDL2-Z22WATA04 HDL2-Z22WATA04B HDL2-Z22WATA08 HDL2-Z22WATA08B HDL2-Z22WATA16 HDL2-Z22WATA16B HDL2-Z22WATB02 HDL2-Z22WATB04 HDL2-Z22WATB08 HDL2-Z22WATB16 HDL4-Z19SATA-16 HDL4-Z19SATA-16-U   HDL4-Z19SATA-16-UB HDL4-Z19SATA-16B HDL4-Z19SATA-32 HDL4-Z19SATA-32-U   HDL4-Z19SATA-32-UB HDL4-Z19SATA-32B HDL4-Z19SATA-4 HDL4-Z19SATA-4-U HDL4-Z19SATA-4-UB HDL4-Z19SATA-4B HDL4-Z19SATA-8 HDL4-Z19SATA-8-U HDL4-Z19SATA-8-UB HDL4-Z19SATA-8B HDL4-Z19SATA-S4 HDL4-Z19SCA-16 HDL4-Z19SCA-16-U HDL4-Z19SCA-32 HDL4-Z19SCA-32-U HDL4-Z19SCA-4 HDL4-Z19SCA-4-U HDL4-Z19SCA-8 HDL4-Z19SCA-8-U HDL4-Z19SI3A-16 HDL4-Z19SI3A-16-U HDL4-Z19SI3A-16-UB HDL4-Z19SI3A-16B HDL4-Z19SI3A-32 HDL4-Z19SI3A-32-U HDL4-Z19SI3A-32-UB HDL4-Z19SI3A-32B HDL4-Z19SI3A-4 HDL4-Z19SI3A-4-U HDL4-Z19SI3A-4-UB HDL4-Z19SI3A-4B HDL4-Z19SI3A-8 HDL4-Z19SI3A-8-U HDL4-Z19SI3A-8-UB HDL4-Z19SI3A-8B HDL4-Z19WATA-16 HDL4-Z19WATA-16-U   HDL4-Z19WATA-16-UB HDL4-Z19WATA-16B HDL4-Z19WATA-32 HDL4-Z19WATA-32-U   HDL4-Z19WATA-32-UB HDL4-Z19WATA-32B HDL4-Z19WATA-4 HDL4-Z19WATA-4-U HDL4-Z19WATA-4-UB HDL4-Z19WATA-4B HDL4-Z19WATA-8 HDL4-Z19WATA-8-U HDL4-Z19WATA-8-UB HDL4-Z19WATA-8B HDL4-Z19WCA-16 HDL4-Z19WCA-16-U HDL4-Z19WCA-32 HDL4-Z19WCA-32-U HDL4-Z19WCA-4 HDL4-Z19WCA-4-U HDL4-Z19WCA-8 HDL4-Z19WCA-8-U HDL4-Z22SATA04 HDL4-Z22SATA04B HDL4-Z22SATA04U HDL4-Z22SATA04UB HDL4-Z22SATA08 HDL4-Z22SATA08B HDL4-Z22SATA08U HDL4-Z22SATA08UB HDL4-Z22SATA16 HDL4-Z22SATA16B HDL4-Z22SATA16U HDL4-Z22SATA16UB HDL4-Z22SATA32 HDL4-Z22SATA32B HDL4-Z22SATA32U HDL4-Z22SATA32UB HDL4-Z22SATAS4 HDL4-Z22SATAS4U HDL4-Z22SATB04 HDL4-Z22SATB04U HDL4-Z22SATB08 HDL4-Z22SATB08U HDL4-Z22SATB16 HDL4-Z22SATB16U HDL4-Z22SATB32 HDL4-Z22SATB32U HDL4-Z22SI3B016U HDL4-Z22SI3B032U HDL4-Z22SI3B04 HDL4-Z22SI3B04U HDL4-Z22SI3B08 HDL4-Z22SI3B08U HDL4-Z22SI3B16 HDL4-Z22SI3B32 HDL4-Z22WATA04 HDL4-Z22WATA04B HDL4-Z22WATA04U HDL4-Z22WATA04UB HDL4-Z22WATA08 HDL4-Z22WATA08B HDL4-Z22WATA08U HDL4-Z22WATA08UB HDL4-Z22WATA16 HDL4-Z22WATA16B HDL4-Z22WATA16U HDL4-Z22WATA16UB HDL4-Z22WATA32 HDL4-Z22WATA32B HDL4-Z22WATA32U HDL4-Z22WATA32UB HDL4-Z22WATB04 HDL4-Z22WATB04U HDL4-Z22WATB08 HDL4-Z22WATB08U HDL4-Z22WATB16 HDL4-Z22WATB16U HDL4-Z22WATB32 HDL4-Z22WATB32U

このページのQRコードです。
スマホのカメラで読み取ることで、スマホでFAQを見ながらパソコンの操作ができます。

このページのトップへ
PC版を表示