Windows専用 iTunesデータ移行アプリiPhantom(アイファントム)

iPhantom(アイファントム)

iTunesでiPhoneデータを保存している皆さん、いつの間にかパソコンのCドライブがいっぱいで容量不足に陥ったことはありませんか?
「iPhantom(アイファントム)」は、iTunesデータの保存先をCドライブから外付けHDDやSSDに変更し、データ移行ができるアプリです。これまではややこしいコマンド操作が必要でしたが、iPhantomを使えばかんたんに移行を行うことができます。
当社のHDDやSSD、NASで無料でダウンロードできるので、パソコンでiTunesをご利用の方はぜひ試してみてください。

動画でも詳しく解説!こちらからご覧ください。

iPhantomをダウンロードする 詳しい使い方を見る

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
iPhantom 詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

動画で紹介!1クリックでiTunesのデータ移行先を変更するには「iPhantom」

ややこしいコマンド操作は不要、たった1クリックでiTunesのデータ移行先を変更し、Cドライブの圧迫問題を解決できます。

iPhantomで、iTunesデータを外付けHDDやSSDに移行しよう

iTunesでiPhoneのデータをバックアップする場合、通常はパソコンのCドライブにデータが保存されます。どんどん増えていくバックアップデータは、次第にCドライブを圧迫していきます。
この保存先をCドライブから外付けのHDDやSSDに変更するには、これまで難しいコマンド操作が必要でした。しかし、本アプリ「iPhamtom」をインストールすると、コマンド操作をせず、かんたんにデータの保存先を変更し、データを外付けHDD、SSDに移行することができます。

iPhantom対応の商品はこちら

iPhantomで、iTunesデータを外付けHDDやSSDに移行

初めてでも大丈夫!かんたん移行手順

iPhantomでのデータ移行に必要な操作は、たったの3ステップ!直感的に操作できる仕様になっていますので、かんたんに移行できます。

かんたん移行手順

SSDを選択 アプリを起動すると、この画面が表示されます。
「移動先ドライブ」を選択したのち、「実行」をクリックします。
SSDへ移動させたいゲームを選択

「Phantom化」が開始され、ドライブがデータの「移動先ドライブ」として設定されます。

※Phantom化とは、ドライブがデータの移行先として認識されるようになることを指しています。

「はい」を選択 Phantom化の完了と同時に、ドライブにiTunes内のデータが移行されます。これで、データ移行は完了です。

チュートリアル機能付き

チュートリアル機能付き

初めての使用でも安心してお使いいただけるように、チュートリアル機能が付いています。

動作環境

対応OS Windows 10
※Windows 10(Sモード)は非対応です。
PC側対応フォーマット NTFS
外付けHDD/SSD側対応フォーマット NTFS

対応商品

・当社製ハードディスク/SSD/NAS(※)

※ NASでご利用いただく場合は、下記をご確認ください。
・NASがネットワークドライブに登録されている
・Windowsアカウントの種類が「管理者」である
・NASがIPv4で接続されている
アプリ
I-O DATA MAGAZINE
レビュー

あなたはどれを選びますか?ポータブルSSDラインアップ。

故障予測アプリ「診断ミレル for HDD」

外付けポータブルSSDを日常的に使われている方も多くなってきました。HDDに比べて読み書き速度が速いので、... 続きを読む

ゲーミングデバイスブランド「GigaCrysta E.A.G.L」第一弾!
インフォメーションデスク 付属品のお求めはこちら
このページのトップへ
PC版を表示