データ消去から証明書発行が可能!D-REF4 仕様

仕様書印刷
D-REF4 斜め

D-REF4 斜め

※商品写真はイメージです。実際の外観とは異なる場合があります。

その他画像ダウンロード

D-REF4 斜め
D-REF4 正面
D-REF4

「DiskRefresher4」はUSBメモリー型のデータ消去ソフトです。消去証明書発行機能※1(偽造防止機能つき)が搭載されておりますので、データが消去された証拠を残すことが出来ます。 USBメモリー内にUSBブート版、Windows版の2種類のアプリを内蔵しており、用途により使い分けが可能です。また、ドライブ全体の消去の他、ファイル単位の消去にも対応しています。

※1 Windows版のみ対応。

※対応OSや仕様、動作環境等は予告なく変更する場合があります。

商品仕様

対応機種※ USB 3.2 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0 Standard A コネクターを搭載したWindowsパソコン
外形寸法 約24(W)×59(D)×8(H)mm ※突起部を含まず
質量 約10g
使用温度範囲 0~45℃
使用湿度範囲 10~90% ※結露なきこと
保証期間 1年間(HWのみ)
各種取得規格 RoHS指令準拠(10物質)、VCCI Class B

※ ARMプロセッサ搭載のパソコンには非対応
※ インストール可能台数は1台のみです。

USBブートで使用する場合 ※1

対応機種 ※2 64bitのUEFI/BIOSが操作可能でUSBブートに対応したパソコン
消去対象インターフェイス SATA(eSATA)、ATA、NVMe
消去対象デバイス ハードディスク、SSD

※1 データ消去証明書発行機能は非対応
※2 Intel Macは非対応

インストールして使用する場合(Windows版)

OS Windows 10(バージョン1903以降)※3
Windows 8.1
消去対象インターフェイス USB、SAT(eSATA)、ATA、IEEE1394、NVMe、Thunderbolt
消去対象デバイス ※5 ハードディスク、SSD、USBメモリー、SDカード ※4、コンパクトフラッシュ ※4、メモリースティック ※4

※3 Windows 10(Sモード)には非対応。
※4 別途リーダーライターが必要です。
※5 一部デバイスでは個体識別番号などの情報を正しく取得できない場合があります。

対応機器

対応インターフェイス

インターフェイス DiskRefresher4
(Windows版)※1
DiskRefresher4
(USBブート版)
USB ×
SATA(eSATA)
ATA
IEEE1394 ×
NVMe
Thunderbolt ×

〇…対応 ×…動作サポート外
※1 OSが稼働するストレージデバイスは対応外です。

対応デバイス

デバイス DiskRefresher4
(Windows版)※1
DiskRefresher4
(USBブート版)
ハードディスク
SSD
USBメモリー ×
SDカード ※2 ×
コンパクトフラッシュ ※2 ×
メモリースティック ※2 ×

〇…対応 ×…動作サポート外
※1 OSが稼働するストレージデバイスは対応外です。
※2 別途リーダーライターが必要です。

対応消去方式

対応消去方式 消去
回数
処理内容
SSD消去 ※1 1回 Secure Erase(※)の実施
ゼロで上書き 1回~100回(任意) 固定値(00h)×任意の回数
乱数で上書き 1回~100回(任意) 乱数×任意の回数
アメリカ国立標準技術研究所方式
(NIST SP800-88)
1回 固定値→ベリファイ
米国国家安全保障局方式 3回 乱数→乱数→ゼロ
米国陸軍方式(AR380-19) 3回 乱数→固定値→固定値
米国海軍方式(NAVSO P5239-26) 3回 固定値→固定値→乱数→ベリファイ
米国国防総省方式(DoD5220.22-M) 3回 固定値→固定値→乱数→ベリファイ
米国コンピュータセキュリティセンタ方式
(NCSC-TG-025)
3回 固定値→固定値→乱数→ベリファイ
※Secure Erase(セキュアイレース)とは
SSD用の消去方式です。対応しているSSDに対してSecure Eraseを実行し、データを高速に消去します。この場合、SSDの内部はすべて初期状態となります。
※対応していない機器の場合、消去開始後に「選択されているターゲットに対して、指定の消去方法は使用できません」と表示されます。上記表示が出た場合は、他の消去方法をご利用ください。
対応消去方式 DiskRefresher4
(Windows版)
DiskRefresher4
(USBブート版)
SSD消去 ※1 ×
ゼロで上書き
乱数で上書き
アメリカ国立標準技術研究所方式
(NIST SP800-88)
米国国家安全保障局方式
米国陸軍方式(AR380-19)
米国海軍方式(NAVSO P5239-26)
米国国防総省方式(DoD5220.22-M)
米国コンピュータセキュリティセンタ方式
(NCSC-TG-025)

◎…対応(消去証明書発行対応) 〇…対応(消去証明書発行非対応) ×…非対応

※ファイル単位での消去時は「乱数で上書き」方式のみでの消去となります。
※1 当社製USB接続SSDのみ対応

添付品

取扱説明書

このページのトップへ
PC版を表示