新4K衛星放送の視聴や録画のために必要なものは何か?

4Kソリューション内覧会

(記事公開日:2018年11月16日)

プレゼント

先日アイ・オー・データ東京オフィスで4Kソリューション内覧会がありました。

皆さんご存知のように2018年12月1日より新4K衛星放送が開始されます。

新4K衛星放送とはBS・110度CSで始まる新しい4K放送のことで、高画質で臨場感あふれる映像が特徴の1つです。

解像度の比較、HDR信号の効果

4K対応テレビ(もしくは4K解像度対応 液晶ディスプレイ)でこの新4K衛星放送を視聴可能にするには専用チューナーが必要です。

アイ・オー・データからも新4K衛星放送に向け、4KチューナーボックスREC-ON(レックオン)「HVT-4KBC」が11月末に発売されます。

REC-ON「HVT-4KBC」

(写真)新4K衛星放送対応チューナー REC-ON「HVT-4KBC」

本商品は、4K対応テレビおよび4K解像度に対応した液晶ディスプレイと接続することで、新4K衛星放送を視聴することができます。また外付USBハードディスクを接続することで、その美しい映像をそのままの画質で録画することも可能です。

REC-ON「HVT-4KBC」と録画用HDD「AVHD-AUTB」

(写真)新4K衛星放送対応チューナー REC-ON「HVT-4KBC」と録画用HDD「AVHD-AUTB」
「HVT-4KBC」のサイズは約220(W)×150(D)×35(H)mm(突起部含まず)

まだまだ知られていない?4K対応テレビで新4K衛星放送を見るには、
専用チューナーが必要であるということ。

繰り返しになりますが、4K対応テレビで新4K衛星放送を見るには専用チューナーが必要です。I-O DATA MAGAZINEの読者の皆さんは、ご存知の方がほとんどだと思いますが、一般的にはまだまだ知らない方が多いようです。

少し前の調査に遡りますが、5月に放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が公表したウェブ調査(5,000人が対象、2月実施)では、新4K放送の視聴に際し、4K対応テレビに加えてチューナーが必要なことを知っていたのはわずか13.0%、4K対応テレビ所有者でも34.8%でした。

今はその調査から8ヶ月経っていて、販売店などに出向けば、それらが告知されているパネルも多くなっているので、知っている人も増えたとは思いますが、それでもまだ知らない方が多いように感じます。

もちろん、今から専用チューナー内蔵の4Kテレビに買い換える方は別途専用のテレビチューナーを購入する必要はありません。ただ、現状(2018年10月現在)新4K衛星放送を楽しみたい方は、ほとんどの人が専用チューナーを別途購入しないといけないはずです。

4K対応テレビと専用チューナーを接続する場合、
18Gbps対応ハイスピードHDMIケーブルが必要

アイ・オー・データ製のプレミアムHDMIケーブル

(写真)アイ・オー・データ製 プレミアムHDMIケーブル「DA-PMH/5M」「DA-PMH/2M」

新4K衛星放送を楽しむために、4K対応テレビと専用チューナーを接続する際、プレミアムHDMIケーブルや18Gbps対応のハイスピードHDMIケーブルが必要になります。HDMIケーブルの中でも、スタンダードケーブル及び18Gbps非対応のハイスピードHDMIケーブルでは、新4K衛星放送を正常に表示することができません。

ちなみに、先にご紹介したアイ・オー・データのHVT-4KBCには18Gbps対応のハイスピードHDMIケーブル(2m)が添付されていますので安心してお使いいただけます。
※追加する場合や別の機器で使用する場合には、アイ・オー・データから販売中のプレミアムHDMIケーブル「DA-PMH/5M」「DA-PMH/2M」があります。

HDMIケーブルの種類 帯域幅 新4K衛星放送の視聴(規格上の保証)
プレミアムHDMIケーブル 18Gbps
ハイスピードHDMIケーブル 18Gbps
10.2Gbps ×※
スタンダードHDMIケーブル 4.95Gbps ×

※18Gbps非対応のハイスピードHDMIケーブルでは映像が正常に表示されません。

アンテナを変えないといけないのか?

アンテナ

新4K衛星放送でも、従来のアンテナ(右旋)で受信可能な放送と、新たなアンテナ(左旋)が必要な放送があります。

従来のアンテナで視聴可能な放送は、BS4K放送のNHK BS4K、BS朝日4K、BS-TBS 4K、BSフジ4K,BS日テレ4K(2019年12月1日開始予定)、BSテレ東4Kです。新たなアンテナが必要なのは、4K QVC、SHOP4Kや有料のザ・シネマ4K、WOWOW(2020年12月1日開始予定)です。

また110度CS4Kの有料専門チャンネルのJ SPORTS1~4、日本映画+時代劇4K、スターチャンネル4K、スカチャン4K 1、2の放送も新たなアンテナが必要となります。これに伴い、新4K8K衛星放送に対応した分配器など新たな機材の購入や工事が必要な場合もあります。

多彩なジャンルや専門番組まで18チャンネルが楽しめる アンテナ端子からの接続例 新4K衛星放送対応分配器など

(写真)新4K衛星放送対応分配器など(マスプロ電工)

新4K衛星放送をHDDに録画して楽しむ

録画用HDD

「新4K衛星放送の録画方法」は、今までと同様です。外付けUSBハードディスクを接続することで、その美しい映像をそのままの画質で録画することができます。

4Kチューナーと動作確認済みのアイ・オー・データ製HDDはAVHD-URSQシリーズ、AVHD-AUTBシリーズ、AVHD-UTBシリーズ、HDCZ-UTシリーズで最大容量は8TBです。(2018年10月17日現在)

4Kチューナー動作確認済み機器はこちら

新4K衛星放送の録画時間の目安は、2.0TBで約128時間。4.0TBで約256時間です。
※33Mbpsのレートの4K放送番組をアイ・オー・データ製HDDに録画した場合

録画がしやすい新4K衛星放送対応チューナーを選ぶ

録画する際も、使いやすさが求められます。新4K衛星放送対応チューナーREC-ON「HVT-4KBC」の場合、専用リモコンで操作性が良いユーザーインターフェイスが特長の1つです。

「HVT-4KBC」の専用リモコン

(写真)新4K衛星放送対応チューナー REC-ON「HVT-4KBC」のリモコン

Gガイド番組表から録画予約ができ、自分が視聴するCHの番組表だけを表示するマイ番組表機能や、「キーワード」「ジャンル」「人名」「カテゴリ」の検索など、見たい番組、録画したい番組を素早く探すことができます。

REC-ON「HVT-4KBC」のホームメニュー

(写真)新4K衛星放送対応チューナー REC-ON「HVT-4KBC」のホームメニュー

マイ番組表 番組検索

4K解像度に対応した液晶ディスプレイと
新4K衛星放送対応チューナーを接続して楽しむ

今冬発売予定のHDR対応65型4K対応液晶ディスプレイ

(写真)今冬発売予定のHDR対応65型4K対応液晶ディスプレイ

新4K衛星放送は、対応チューナーと4K解像度に対応した液晶ディスプレイを接続して楽しむことができます。さらにHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応している液晶ディスプレイと接続すると、より4Kの映像を楽しむことができます。

例えば、HDRに対応している27型のLCD-M4K271XDBに新4K衛星放送専用のチューナーを接続して、自分の部屋で新4K番組を楽しむということもできます。
※地上波など2K放送を楽しむには別途2K用のテレビチューナーが必要となります。

HDR対応27型4K対応ワイド液晶ディスプレイ

(写真)HDR対応27型4K対応ワイド液晶ディスプレイ

新4K衛星放送を楽しむための専用チューナーと録画方法をかんたんに書いてみました。2018年12月1日以降、身近になった新4K放送を楽しみましょう!

プレゼント

◎関連リンク
新4K衛星放送対応チューナー REC-ON「HVT-4KBC」(商品ページ)
新4K衛星放送対応チューナー REC-ON「HVT-4KBC」(購入ページ)

Premium HDMI ケーブル規格認証済みHDMIケーブル「DA-PMHシリーズ」(商品ページ)
Premium HDMI ケーブル規格認証済みHDMIケーブル「DA-PMHシリーズ」(購入ページ)

24時間連続録画対応 ハイグレードカスタムハードディスク採用録画用ハードディスク「AVHD-AUTBシリーズ」(商品ページ)
24時間連続録画対応 ハイグレードカスタムハードディスク採用録画用ハードディスク「AVHD-AUTBシリーズ」(購入ページ)

4K対応&広視野角ADSパネル採用27型 ワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K271XDB」(商品ページ)
4K対応&広視野角ADSパネル採用27型 ワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K271XDB」(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示