ビジネスをオンライン化!すぐに始められるWeb会議まるごとセット

Web会議の様子

(写真)Web会議の様子

(記事公開日:2020年10月7日)

企業において、Web会議やオンラインセミナー・オンライン面接を開催する機会が増えてきており、ビジネスのオンライン化が急加速しています。しかし、開催のたびに、機材のセッティングや調整に手間がかかっていては、あまりスマートではありませんよね。

Web会議システムとして、いつでも利用可能な状態であれば、オンラインビジネスをノンストップでスムーズに進めることができます。そのために、Web会議に必要なもの一式を揃え、いつもの会議室や打ち合わせ場所を「Web会議室」にしてみませんか。

Web会議システムというと、一般に「値段が高い」「設置が大変」などのイメージを持たれている方も多いかもしれません。I-O DATAの「Web会議まるごとセット」は高品質で低価格、さらに設置も簡単で、誰でもすぐに始めることができます。実際にみんなで使ってみましたので、その様子をご紹介したいと思います。

いつでもすぐにWeb会議を始められるおすすめセット

今回使用した商品は、写真の5点です。大型の49型ディスプレイも使用していますが、それも合わせて30万円前後で必要な機材が全て揃います。高価なソフトやサーバー等の導入費が不要、低コストで構築でき、すぐにWeb会議を始めることができます。

中小企業者の場合、取得価額が30万円未満の減価償却資産は、「中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」により、取得価額の全額を一括で必要経費として算入することができ、条件次第では適用のメリットも生まれます。

Web会議まるごとセット

(写真)Web会議まるごとセット

「Web会議まるごとセット」を使ってみました

早速、いつものミーティングスペースに機材を設置してみました。ディスプレイスタンドは、ディスプレイ・棚板の高さが推奨範囲内で無段階調節が可能なので、ミーティングテーブルに合わせて調節して、棚板にminiPCやWebカメラを置きます。

ディスプレイスタンドにディスプレイを設置

(写真)ディスプレイスタンドにディスプレイを設置

ディスプレイスタンドの棚板にminiPCとWebカメラを、テーブルの中央にスピーカーフォンを設置

(写真)ディスプレイスタンドの棚板にminiPCとWebカメラを、
テーブルの中央にスピーカーフォンを設置

高さを調整できるディスプレイスタンド

(写真)高さを調整できるディスプレイスタンド

miniPC「MPC-WE1シリーズ」は、Windows 10 IoT EnterpriseのLTSC(Long Term Servicing Channel)版を搭載しており、安定した環境で長く運用が可能な小型パソコンです。コンパクトながらハイスペックな仕様、入出力端子も豊富で、ディスプレイはHDMI端子に、Webカメラやマイク・スピーカーはUSBで接続して、簡単にWeb会議を実現できます。

ネット接続は、LANケーブルによる有線接続、Wi-Fiによる無線接続のどちらも可能です。Bluetooth®にも対応しているので、マウスやキーボードをワイヤレスでも利用可能です。

miniPCと機器との接続

(写真)miniPCと機器との接続

広角レンズで首振り機能もついたWebカメラ「USB-PTC1」

実際にZoomを使ってWeb会議をしてみました。Webカメラ「USB-PTC1」は、水平100°の広視野角カメラレンズを搭載しているので、大人数をカメラに映すことができます。解像度フルHD、フレームレート最大30fpsで映せるため、映像も鮮明かつ滑らかです。

Web会議の様子

(写真)Web会議の様子

実際のWebカメラの映像

(写真)実際のWebカメラの映像

首振り機能も搭載しており、付属のリモコン操作で左右340°、上下120°カメラ向きを調節できます。実際にリモコン操作をしてみましたが、とてもスムーズに可動します。

リモコンで首振り操作

(写真)リモコンで首振り操作

広い部屋でも使ってみました。広角レンズなので、横に広がって着席していてもみんな映像に映りました。

広い部屋での利用

(写真)広い部屋での利用

実際のWebカメラの映像

(写真)実際のWebカメラの映像

会議では「音声」も重要ポイント
クリアな音声を実現するスピーカーフォン「USB-SPPHL1」

Web会議では、カメラとディスプレイでストレスなく映像を表示することはもちろんですが、「音声」も重要なポイントになります。スピーカーから聞こえてくる音が「何を言っているのかわかりにくい」「ノイズが多い」などといった場合では、会議どころではありませんよね。

Web会議用に、マイク・スピーカーもあらかじめセッティング・調整された状態で、すぐに使い始められれば、こうしたトラブルを回避できます。

「USB-SPPHL1」は、スピーカーと集音マイクがセットになっており、ハンズフリーで通話ができるスピーカーフォンです。マイクの集音範囲は半径約5mの360°範囲をカバーし、20名程度までの大人数の会議まで対応します。

スピーカーフォン「USB-SPPHL1」

(写真)スピーカーフォン「USB-SPPHL1」

テーブルの中央にスピーカーフォン「USB-SPPHL1」を配置

(写真)テーブルの中央にスピーカーフォン「USB-SPPHL1」を配置

Web会議をストレスなく進められるように、さまざまな音声処理機能を搭載しているので、ノイズの少ないクリアな音声で会話が可能です。

ノイズの少ないクリアな音声
  • マイク自動追尾機能 … 発言者の声を自動で追尾します。
  • ノイズリダクション機能 … 通話中に気になる環境ノイズを低減します。
  • エコーキャンセラー機能 … エコーを低減します。
  • オートゲインコントロール機能 … マイクに近い人と遠い人の声の音量差を減らします。
 
聞き取りやすい会話が可能

(写真)聞き取りやすい会話が可能

今回の「Web会議まるごとセット」を使ったみなさんの感想をまとめてみました。

  • Web会議用にセッティングされているので、すばやく開始できる。
  • 画面や音が出ない、声が届かないなどのトラブルがない。
  • 機械オンチでも、迷うことなく始められる。
  • miniPC利用やディスプレイの棚板に機器を置けたりなど、意外に設置スペースをとらない。
  • 4~5人の少人数利用から、広い会議室で10~20人の大人数利用まで、幅広い環境で使えそう。
  • 音声がハッキリ聞こえるので、進行がスムーズである。
 

「Web会議まるごとセット」は、手間なく、すばやく会議をスタートでき、会議中も良好な映像と音声で会話ができるので、導入のメリットは多いと思います。ぜひご検討ください。

 

◎関連リンク
パン・チルト対応USBカメラ「USB-PTC1」
商品ページ)(購入ページ

大人数向けUSBスピーカーフォン「USB-SPPHL1」
商品ページ)(購入ページ

Windows 10 IoT Enterprise搭載 miniPC「MPC-WE1シリーズ」
商品ページ)(購入ページ

4K対応&広視野角ADSパネル採用 49型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K492XDB」
商品ページ)(購入ページ

耐荷重最大50kg移動式ディスプレイスタンド「DA-DS2」
商品ページ)(購入ページ

このページのトップへ
PC版を表示