Googleフォトの写真をバックアップ。容量無制限が終わる前にNASへ保存!

Googleフォトの写真をNAS(HDL-TAシリーズ)にお引っ越し

(写真)Googleフォトの写真をNAS(HDL-TAシリーズ)にお引っ越し

(記事公開日:2021年5月10日)

Googleフォトを使っているみなさんはすでにご存じの方も多いと思いますが、2021年6月から無料ユーザーの無制限保存が終了となります。写真の画質にかかわらず無料のGoogleアカウントで保存できる合計容量は15GB(※)になります。
(※)Googleフォトだけでなく、Googleドライブ、Gmailすべての合計容量になります。

(ご参考)Google フォトのストレージ ポリシーに関する重要なお知らせ

Googleフォトに撮りためた写真をどうするかは、色々な選択肢があると思いますが、今回、Googleフォトのようなクラウドサービスから、NAS(ネットワークハードディスク)に移行して、これまでどおり便利に使える方法をご紹介します。

GoogleフォトからNASへお引っ越し

(図)GoogleフォトからNASへお引っ越し

NASという言葉が一般的ですが、もう少し分かりやすく言えば、自宅に設置でき、Wi-Fi接続して家族みんなで写真を共有できるスマホ用HDD(ハードディスク)、すなわち、自分専用のクラウドサービスのように使えるHDDとお考え下さい。

コストパフォーマンスに優れ
家族みんなで使えるスマホ用HDD「HDL-TA」

Googleフォトを有償サービスの契約にして、保存容量を増やすこともできますが、サービスを利用し続ける限り、毎年課金が続きます。写真はどんどん増えていきますから、いずれは保存容量の問題にぶつかると思います。そこで良い機会なので、写真の保存先についてコストを考えてみましょう。

  • HDL-TA本体

    (写真)HDL-TA本体

  • HDL-TAのパッケージ

    (写真)HDL-TAのパッケージ

(写真)自宅で使えるスマホ用HDD(HDL-TAシリーズ)

「HDL-TAシリーズ」は、2TBの保存容量で17,380円(税込)(※1)です。一方、Google One(※2)の2TBの有償プランは年間13,000円です。
(※1)ioPLAZAでの販売価格(2021年5月時点)
(※2)Google Oneの保存容量は、Googleフォト、Googleドライブ、Gmailの合計容量。

5年間利用した場合の金額をシミュレーションすると、「HDL-TAシリーズ」の場合、初回購入時のみ17,380円の費用がかかるだけですが、Googleフォトを利用する場合、5年間で65,000円が必要になります。

GoogleフォトとNASのコスト比較
表は右にスクロールします。
  商品・サービス金額 5年利用したときの
総額コスト
5年利用したときの
1年あたりのコスト
HDL-TAシリーズ
(2TB)
17,380円
(購入時のみ)
17,380円/トータル 3,476円/年
Google One
(2TBプラン)
年額13,000円 65,000円/トータル 13,000円/年

大容量の写真を長期間にわたって保存・管理するのであれば、HDL-TAシリーズの方が断然安くなります。

実際にお引っ越し、
GoogleフォトからHDL-TAに写真をバックアップ

現在Googleフォト上にあるすべての写真をHDL-TAにバックアップします。操作方法を画面と一緒にご紹介します。丁寧に説明したいので、少々画面数が多いですが、順番に見ていただき参考にしてください。

HDL-TAはあらかじめ利用できるようにセットアップしておきます。セットアップ方法の詳細はこちら。

バックアップ先の設定

Googleフォトにアクセス

【1】ブラウザChromeでGoogleフォトにアクセスします。この写真すべてを、HDL-TAへバックアップします。右上の[︙]をクリックし、[設定]をクリックします。

[ダウンロード]メニュー

【2】左メニューの中から、[詳細設定]をクリックし、[ダウンロード]をクリックします。

[保存先]の変更

【3】[保存先]の項目が、デフォルトでは、パソコン内の[Download]となっていますが、これをHDL-TAに変更します。[変更]をクリックします。

[LAN DISK][ローカル]をクリック

【4】[LAN DISK]をクリックし、[ローカル]をクリックします。

[HDL-TA]をクリック

【5】[LAN DISK]で検出された[HDL-TA]が表示されるので、これをクリックします。

[disk1]を選択、[フォルダーの選択]をクリック

【6】共有フォルダー[disk1]が表示されるので、これを選択して、[フォルダーの選択]をクリックします。

[保存先]が、HDL-TAの共有フォルダーに変更された

【7】[保存先]が、HDL-TAの共有フォルダーに変更されました。

Googleフォトのエクスポート

Googleデータエクスポートにアクセス

【8】https://takeout.google.com/にアクセスすると、Googleデータエクスポートが表示されます。Googleフォトのみをエクスポートするので、[選択をすべて解除]をクリックして、スクロールします。

[Googleフォト]をチェック

【9】スクロールしていくと[Googleフォト]がありますので、これをチェックし、一番下までスクロールします。

[次のステップ]をクリック

【10】[次のステップ]をクリックします。

エクスポートの内容をお好みに選択

【11】エクスポートの内容をお好みに選択します。
配信方法:ダウンロードリンクをメールで送信
頻度:1回エクスポート
ファイルの形式とサイズ:zip
ファイルサイズ:2GB
[エクスポートを作成]をクリックします。

エクスポート中

【12】[Googleフォトのファイルのコピーを作成しています]となります。エクスポートが完了するとメールで通知が来るので、しばらく待ちます。
※この処理の待ち時間は、ファイルの容量によって異なります。今回1GBぐらいのデータで数分でした。

Googleフォトをダウンロードして、HDL-TAへ移行

メール文章内の[ファイルをダウンロード]をクリック

【13】メールが来たら、メール文章内の[ファイルをダウンロード]をクリックします。

Googleアカウントのパスワードを入力

【14】ご利用のGoogleアカウントのパスワードを入力して[次へ]をクリックします。

ダウンロードが開始されます

【15】[ダウンロード]をクリックすると、最初に設定した[保存先]にダウンロードが開始されます。

HDL-TAの共有フォルダー[disk1]にzipファイルとして保存されています

【16】HDL-TAの共有フォルダー[disk1]にzipファイルとして保存されています。このファイルをダブルクリックして、中身を確認してみます。

[Takeout]フォルダーをクリック

【17】[Takeout]フォルダーがあります。さらにクリックします。

[Googleフォト]フォルダーをクリック

【18】[Googleフォト]フォルダーがあります。さらにクリックします。

写真データがフォルダーごとに整理されて保存されています

【19】写真データがフォルダーごとに整理されて保存されています。[Photos from 2019]フォルダーをクリックして中身を見てみます。

フォルダーの中身

【20】フォルダーの中身を見ると画像だけでなく「.json」形式のファイルもあります。これは、写真のメタデータで、各写真に関連付けられている作成日時やコメントなどの情報です。残しておいても良いですが、いらない人は削除しても大丈夫です。

[Takeout]フォルダーをコピー

【21】写真をHDL-TAで共有して見ることができるように、zipファイル内の[Takeout]フォルダーを、まるごと[disk1]フォルダーの階層にコピーします。

[disk1]フォルダーへコピー

【22】[disk1]フォルダーへコピーしました。

これで、Googleフォトのすべての写真を、HDL-TAへ引っ越しできました。

引っ越した写真をスマホで確認してみる

スマホ用アプリ「Remote Link Files」を使えば、HDL-TAに保存された写真を簡単に閲覧することができます。また、外出先からでも自宅内で利用するのと同じように見ることができます。

GoogleフォトからHDL-TAに写真を引っ越した実際のスマホ画面

(写真)GoogleフォトからHDL-TAに写真を引っ越した実際のスマホ画面

GoogleフォトからHDL-TAへ移行しても、使い勝手はほとんど変わりませんので、保存容量を気にすることなく、どんどん写真を撮りためることができます

(アイコン)アプリRemote Link Files

App Store Google Play

(アプリ)Remote Link Files

「Remote Link Files」の詳細はこちら

スマホで撮影した写真は、自動バックアップ

スマホで撮影した写真は、専用アプリ「Fotoclip(フォトクリップ)」を起動すれば、自動でHDL-TAへ保存してくれます。外出先で撮影した場合でも、自宅に帰ってからアプリを起動するだけで、新しい写真のみ保存できます。

スマホで写真撮影

(写真)スマホで写真撮影

アプリFotoclipでHDL-TAへ自動バックアップ

(キャプチャー)アプリFotoclipでHDL-TAへ自動バックアップ

(アイコン)アプリFotoclip(フォトクリップ)

App Store Google Play

(アプリ)Fotoclip(フォトクリップ)

「Fotoclip(フォトクリップ)」の詳細はこちら

 

いかがでしたか、Googleフォトに保存していた写真を無事にお引っ越しすることができました。無料のクラウドサービスはいつ仕様変更になるか分かりませんが、自宅に設置するHDL-TAなら、そんな心配もありません。ぜひ、バックアップ先にご検討ください。

 

◎関連リンク
ネットワーク接続ハードディスク(NAS)
「HDL-TAシリーズ」
商品ページ)(購入ページ

本記事の内容については、サポートのお問い合わせ対象外となります。予めご了承ください。

このページのトップへ
PC版を表示