【2021最新】今さら聞けないテレビ録画用HDD(ハードディスク)の選び方

テレビ録画用HDDラインアップ

(写真)テレビ録画用HDDラインアップ

(記事公開日:2021年6月16日)

2020年から2021年にかけて、テレビの出荷台数が伸びています。2020年は前年比111.5%。2021年は1~4月までで前年比125.5%とさらに伸びており、特に50型以上のサイズは同期間で146.9%と顕著です。

参考:(一般社団法人 電子情報技術産業協会)
2020年民生用電子機器国内出荷統計
2021年民生用電子機器国内出荷統計

読者のみなさんの中でも、テレビを既に買い替えた方、今から購入を予定している方もいらっしゃるかと思います。また、番組を録画するために外付けHDD(ハードディスク)やレコーダーの購入を検討している方もいらっしゃるでしょう。

今回のマガジンでは、テレビ録画用HDDも種類が多くて、何を選んで良いのかわからない方や、今までハードディスクで録画をしたことがない方にも理解しやすいように改めてまとめてみたいと思います。

ハードディスク録画のおすすめポイント
(レコーダーとは何が違う?)

レコーダーは機能が豊富なのに比べ、HDDは録画のみに機能をしぼっているため、手頃な価格で購入できるのが最大の魅力です。不足しがちな録画容量を増やす目的であればHDDで十分です。

みなさんも経験があると思いますが、家族でいろいろと録りためていくとすぐにいっぱいになりますよね。録画容量が足りなってくると、どれを消していくかの手間が常につきまといます。その点、HDDで録画容量を確保すれば安心です。

HDD容量と録画時間の目安を比較したいと思います。

録画時間の目安
表は右にスクロールします。
放送の種類 1TB 2TB 3TB 4TB 6TB 8TB
地デジ 125時間 251時間 376時間 502時間 753時間 1,004時間
BS・110度CS 88時間 177時間 266時間 354時間 531時間 708時間
新4K衛星放送 64時間 128時間 192時間 256時間 384時間 512時間

※地デジ:HDレート 約17Mbps/BS・110度CS:HDレート 約24Mbps/新4K衛星放送 約33Mbpsのレートの番組を、当社製HDDに録画した場合の録画可能時間の目安となります。

かんたん設定ですぐに使える

テレビ録画用HDDは、設置や接続がかんたんなのも魅力の一つです。テレビとの接続は、HDDに同梱しているUSBケーブルでテレビとHDDをつなぐだけで完了します。

つないだ後は、テレビのリモコンを使って、テレビに表示される操作画面に従ってHDDをテレビに登録すればすぐに録画を始められます。テレビ接続ガイドも付属しているので、詳しい手順はこれを見れば安心です。

  • 1.接続 ケーブル1本でかんたん接続
  • 2.録画 リモコンで録画予約
  • 3.再生 録画リストから再生

かんたん設定の詳細はこちら

あなたに合うハードディスクはどれ?

アイオーのテレビ録画用HDDは多数の商品ラインアップを取り揃えています。今回はおすすめのHDDをご紹介します。

初めてテレビ録画する方におすすめのモデル

録画容量を手頃な価格で増やしたい方はもちろん、テレビ録画の経験がない、初めて導入する方に特におすすめです。「HDCZ-UTCシリーズ」は最大8TBの大容量モデルがあり、対応機種が豊富です。「HDCY-UTシリーズ」は『かんたんガイド』が添付され、電源が不要(USBバスパワー)という特長があります。

テレビ録画用HDD
表は右にスクロールします。
  HDCZ-UTCシリーズ HDCY-UTシリーズ
商品 HDCZ-UTCシリーズ HDCY-UTシリーズ
容量ラインアップ ブラック:1/2/3/4/6/8TB
ホワイト:1/2/3/4TB
1/2TB
本体カラー ブラック/ホワイト ブラック
外形寸法 約34(W)×172(D)×115(H)mm 約34(W)×172(D)×115(H)mm
質量 1TB:約610g
2/3/4TB:約800g
6/8TB:約880g
1TB:約330g
2TB:約350g
設置 縦置き/横置き 縦置き/横置き
※縦置きの場合、縦置き用のスタンドを使用。
静音ランク 静音ランク SILVER 静音ランク GOLD
電源 ACアダプター USBバスパワー

「HDCZ-UTCシリーズ」「HDCY-UTシリーズ」は、写真のように見た目は同じですが、背面を見ると端子の違いがあります。「HDCY-UTシリーズ」は、USBバスパワーでコンセントを使わずに駆動できるので、電源ケーブルが不要でコンセント周りの見た目もスッキリします。

「HDCY-UTシリーズ」と「HDCZ-UTCシリーズ」

(写真)左:「HDCY-UTシリーズ」 右:「HDCZ-UTCシリーズ」

「HDCZ-UTCシリーズ」は、ブラック/ホワイトの2色のカラーラインアップがあるので、インテリアに合わせてお選びいただけます。

「HDCZ-UTCシリーズ」は2色のカラーラインアップがある

(写真)「HDCZ-UTCシリーズ」は2色のカラーラインアップがある

ホワイトは白基調のラックに合います

(写真)ホワイトは白基調のラックに合います

ブラックは黒基調のテレビ台に合います

(写真)ブラックは黒基調のテレビ台に合います

コンパクトサイズで設置環境に合わせて横置き、縦置きを選べます。横置きならテレビの足元にも設置できます。「HDCY-UTシリーズ」を縦置きする場合は、標準添付されている専用スタンドで設置してご使用ください。

「HDCY-UTシリーズ」縦置き専用スタンド

(写真)「HDCY-UTシリーズ」縦置き専用スタンド

24時間連続録画対応のハイエンドモデル

ハイエンドモデルは、冷却性や静音構造にとことんこだわった設計となっており、高信頼のテレビ録画専用HDDとしてご利用できます。

パナソニック「ディーガ」などが搭載するATA-7規格(AVコマンドによる録画・再生制御)に対応しており、録画失敗のリスクを低減します。

また、レグザユーザーには欠かせない「タイムシフトマシン機能」にも対応。見逃しや録り忘れた番組も、あとからゆとりをもって好きな番組を楽しめます。

パナソニック「ディーガ」「タイムシフトマシン機能」
ハイエンドモデルのテレビ録画用HDD
表は右にスクロールします。
  AVHD-WRシリーズ AVHD-AUTBSシリーズ
商品 AVHD-WRシリーズ AVHD-AUTBSシリーズ
容量ラインアップ 2/3/4TB 1/2/3/4TB
本体カラー ブラック ブラック
外形寸法 約215(W)×187(D)×35.5(H)mm 約196(W)×124(D)×43(H)mm
質量 約1.4kg 1TB:約810g
2/3/4TB:約1kg
設置 横置き 横置き
静音ランク 静音ランク GOLD 静音ランク GOLD
電源 電源内蔵 ACアダプター

「AVHD-WRシリーズ」は、高い冷却性と静音性を両立させる35mmの大口径ファンを搭載しています。HDDの温度に合わせて、停止・Lo・Hiの三段階で回転制御され、AVラックなどの温度が高くなりやすい環境でも、HDDを最適な温度にコントロールしてくれます。

「AVHD-WRシリーズ」の大口径ファン

(写真)「AVHD-WRシリーズ」の大口径ファン

薄型なので、テレビの足元にも設置できる

薄型筐体となっているので、テレビ専用のラックがない場合でも、テレビの足元の隙間に設置できます。

各HDDの高さ

(写真)各HDDの高さ

AVHD-WRシリーズ

(写真)AVHD-WRシリーズ

対応情報をチェックしよう!

家電メーカーと連携

アイオーのテレビ録画用HDDは豊富なテレビに対応しています。家電メーカーと連携して動作確認済みなので、安心してご利用いただけます。テレビのほかにも、レコーダー、ゲーム機など様々なメーカーの機器に対応しています。

  • 東芝レグザ
  • シャープアクオス
  • ソニーブラビア
  • パナソニックビエラ

メーカー別対応情報」では、あなたのテレビに対応した商品をカンタンに検索できます。

 

皆さん、いかがでしたか。テレビ録画用HDDと一口に言っても、色々なタイプがあります。ぜひ、商品を選択するポイントの参考にしていただき、番組を見逃さないためにも、自分にピッタリの商品を見つけてもらえればと思います。

 

◎関連リンク
「HDCZ-UTCシリーズ」
商品ページ)(購入ページ

「HDCY-UTシリーズ」
商品ページ)(購入ページ

「AVHD-WRシリーズ」
商品ページ)(購入ページ

「AVHD-AUTBSシリーズ」
商品ページ)(購入ページ

ご参考:かんたん設定ですぐに使える(詳細)

【1】接続
ケーブル1本でかんたん接続

テレビにUSBケーブルを1本つなぐだけで始められます。接続したテレビの電源ON/OFFに合わせて、HDDも自動でスタンバイになる「電源連動機能」が搭載され、消費電力を節約でき、環境にもやさしくなっています。

テレビ録画用HDDのUSB端子

(写真)テレビ録画用HDDのUSB端子

テレビ側の録画用USB端子

(写真)テレビ側の録画用USB端子

テレビ録画用HDDに付属するテレビ接続ガイド

(写真)テレビ録画用HDDに付属するテレビ接続ガイド

HDCY-UTシリーズにはテレビ録画かんたんガイドも付属される

(写真)HDCY-UTシリーズにはテレビ録画かんたんガイドも付属される

テレビにHDDを登録する

テレビによって登録画面の内容の違いはありますが、設定の流れは同じです。画面に表示される操作内容に従って進めるだけなので、誰でもかんたんに登録できます。ここではアクオスを例にご紹介します。

電源を入れると、機器の初期化の画面が表示されるので、[機器を初期化する]を選択します。

機器の初期化の画面

初期化の開始。[する]を選択します。

初期化の開始

自動録画に割り当てる時間を設定します。
※「自動録画」は、キーワード/ジャンル/番組カテゴリ/人名などを登録しておくだけで、指定した条件を番組情報に含む番組を自動で録画してくれる機能です。自動録画の条件が設定されていると、予約をしなくても条件に合った番組が自動で録画されます。

自動録画に割り当てる時間設定

設定内容で初期化。「する」を選択します。

設定内容で初期化

初期化が始まります。

初期化が始まります

初期化が完了しました。[確認]を選択します。

初期化が完了

録画機器の選択。リモコンで録画ボタンを押したときに録画するHDDとして選択します。

録画機器の選択

以上で、HDDの登録が完了です。画面の指示通りに進めるだけなので、戸惑うことも無くとてもかんたんです。

【2】録画
リモコンで録画予約

レコーダーのような専用のリモコンは不要、いつものテレビのリモコンで操作することができます。番組表から録りたい番組を選択して、かんたんに録画予約ができます。視聴中の番組でも、リモコンの録画ボタン一つですぐに録画が開始されます。

リモコンで録画予約

(写真)リモコンで録画予約

番組表から録画したい番組を選択

(写真)番組表から録画したい番組を選択

テレビ録画用HDDに録画予約する

(写真)テレビ録画用HDDに録画予約する

録画予約完了

(写真)録画予約完了

録画予約一覧

(写真)録画予約一覧

【3】再生
録画リストから再生

HDDに録画した番組は、テレビの「録画リスト」に表示されます。見たい番組を選ぶだけで、すぐに視聴できます。

録画リストから選択して視聴

(写真)録画リストから選択して視聴する

 
このページのトップへ
PC版を表示