【配信篇】ボタン操作で映像の録画も配信もできる、1台2役のビデオキャプチャー

「GV-HDREC/B2」を使った配信

(写真)「GV-HDREC/B2」を使った配信

(記事公開日:2021年9月21日)

本記事は、「録画篇」と「配信篇」の2構成となっております。

【配信篇】Zoomで「ビデオカメラの映像」と「動画資料」を配信

「配信篇」では、「録画篇」で作成した動画資料を配信してみました。本体のボタンで動作モードを録画モードから配信モードに切り換えます。

1台2役 配信と録画が両方できる

(写真)1台2役 配信と録画が両方できる

「配信」には、Zoomアプリを使います。自分の話す映像は普段使っているWebカメラではなく、フルHD高画質のビデオカメラを使いました。また、あらかじめ「録画篇」で「GV-HDREC/B2」を使って作成した説明用の資料動画を途中で流してみます。

ビデオカメラの映像と動画資料を配信

添付の専用USBケーブルを使って「GV-HDREC/B2」とノートPCを接続するだけで、ビデオカメラのHDMI映像をWebカメラのように使うことができます。Zoom、Teams、Skypeなどの主要なWeb会議ツールに対応しています。

「配信モード」の接続イメージ

「配信モード」の接続イメージ

(写真)実際の「配信」の接続

(写真)実際の「配信」の接続

ビデオカメラは一般的なWebカメラよりも高画質であり、きめ細かな映像を映すことができます。さらに撮りたいものにレンズを向けたりズームしたりするのも容易で、カメラがもつオートフォーカスや光補正機能をそのまま活かした高品質な配信ができます。

ビデオカメラの映像を映し、話をしている途中で、SDカードに保存された動画資料を流したい場合は、本体のモードボタンを押すことで、再生画面を表示させることができます(※)。録画済みの授業映像を使ってオンライン授業に活用したり、Webセミナーの説明動画として利用したりできます。

※本体のファームウェアをバージョン1.10に更新する必要があります。
※本機で録画したコンテンツのみ再生可能です。
※Zoom中のマイク入力をGV-HDREC/B2に設定してください。

  • ビデオカメラの映像
  • 動画資料

(写真)ビデオカメラの映像と動画資料を切り換えて配信

Zoom中にSDカードの動画資料を再生して配信

(写真)Zoom中にSDカードの動画資料を再生して配信

ファームウェアのバージョンアップについて

SDカードに録画したコンテンツを再生して表示するには、本体のファームウェアをバージョン1.11に更新する必要があります。

最新のファームウェアのダウンロードはこちら

ダウンロードした[gvhdrecb2_111.exe]を展開したフォルダー内の[firmware]フォルダーを、SDカードにコピーします。

コピーしたSDカードを本体にセットして、[電源]ボタンを押し、[メニュー]ボタンでメニューを表示します。[システムメニュー]→[ファームウェアアップデート]を選びます。

  • システムメニュー
  • ファームウェアアップデート

現在のバージョンが表示されます(写真はVer.1.01)。「FWアップデートしますか?」で[はい]を選ぶとアップデートが始まります。

  • 現在のバージョン
  • アップロード中

アップデート中は前面の本体ステータスランプが赤色⇔緑色で点滅を繰り返します。ランプが赤点灯になったらアップデート完了です。再度電源を入れてご利用いただけます。

バージョンを確認すると、Ver.1.11にアップデートされています。

アップデート完了

動画資料の作成も配信も1台でできる「GV-HDREC/B2」はとても魅力的な商品です。すべて一人で「ササっ!」とでき、とてもスムーズ&スピーディーな感じです。企業の研修やウェビナーをはじめ、学校の講義やオンライン授業などにおいても、低コスト・高品質な動画資料作成・配信が可能になります。ぜひオススメの1台です。

【配信篇】Zoomで「ビデオカメラの映像」と「動画資料」を配信

◎関連リンク
HDMI/アナログキャプチャー ビジネスモデル
「GV-HDREC/B2」
商品ページ)(購入ページ

特集ページ
いろんなビジネスシーンに役立つ!録画&配信ならおまかせのキャプチャーBOX「GV-HDREC/B2」

本記事の内容については、サポートのお問い合わせ対象外となります。予めご了承ください。

このページのトップへ
PC版を表示