4Kモニターを無線化して接続!会議参加者のPC画面を分割表示、タッチ操作もワイヤレスに

Wi-Fiで映像とタッチ操作が転送できる4K対応HDMIアダプター「WHD-4KTR1」

(写真)Wi-Fiで映像とタッチ操作が転送できる4K対応HDMIアダプター「WHD-4KTR1」

(記事公開日:2021年12月27日)

前回、HDMIケーブルを無線化できるフルHD対応モデルをご紹介しました。大型モニターにつないだ親機と、複数のノートPCなどにつないだ子機を直接Wi-Fi接続することで、子機のボタン操作だけでPC映像をかんたんに切り替えることができました。

今回は、4K対応モデルのHDMIアダプター「WHD-4KTR1」をご紹介します。HDMIケーブルを無線化できることはもちろんですが、それ以外にも、色々できることが増えます。

まず1つ目は、「分割表示機能」です。 親機を接続したモニターに、最大4台分のPC画面を同時に分割表示することができます。また、4K対応モニターであれば4K表示させることができます。

分割表示機能

2つ目は、「AirShare機能」です。手元にあるスマホなどを親機とWi-Fi接続すれば、ブラウザを使って親機の画面をスマホに表示させることができます。親機が接続されているモニターが遠くて見えにくい場合などに便利です。

AirShare機能

3つ目は、「Miracast機能」です。Miracast機能に対応しているAndroidスマホの画面を、子機を使わずに直接モニターにすぐに表示させて、みんなで画面を共有することができます。

Miracast機能

HDMI接続の無線化が4Kモデルでもっと便利になる

「WHD-4KTR1」は、HDMI映像出力をWi-Fiで無線化して送受信できる親機・子機セットのHDMIアダプターです。4K対応の大型モニターにつないだ親機と、複数のノートPCなどにつないだ子機とを直接Wi-Fi接続することで、子機のボタン操作だけでPCの映像をモニターにすぐに表示させることができます。

さらに、複数のPCにそれぞれ子機をつなげれば、ボタンを押すだけで各PCの映像の切り替えや、4画面の分割表示がかんたんにできます。
※親機と子機の距離の目安は約10mまでです。

「WHD-4KTR1」 左:親機 右:子機

(写真)「WHD-4KTR1」 左:親機 右:子機

設置の全体像

(写真)設置の全体像

わずか3ステップ、無線で映像出力

準備はフルHD対応モデル「WHD-FTR1」と同じで、ノートPCとモニターを無線化して映像出力するのは、たったの3ステップです。

【1】親機の準備
はじめに、親機のHDMI出力とモニターのHDMI入力を添付のHDMIケーブル(約1.5m)で接続します。次に、ACアダプターをつなぎ、コンセントに挿します。親機のPROJECTION/IDLEランプが[橙点灯]していることを確認します。

親機の接続

(写真)親機の接続

モニターの電源を入れると親機の起動画面が表示されます。

親機の起動画面

(写真)親機の起動画面

【2】子機の準備
「WHD-4KTR1」の子機は、USB Type-CとUSB Standard Aの2種類のコネクターに対応しています。USB Type-C接続であればケーブル1本で映像も給電も可能(※)になります。Macをはじめ最新のノートPCはType-C端子を搭載しているものが多いので、1本で接続でき、デスク周りもスッキリします。
※PCがUSB Type-Cからの映像表示に対応している必要があります。

USB Type-C端子を搭載したノートPCの場合、PCを起動後、子機とノートPCを添付のC-C USB 3.2 Gen 1ケーブル(約22cm)で接続します。写真はMacBook Airになります。

USB Type-Cで子機を接続
  • ノートPCのUSB Type-C端子
  • 子機のUSB Type-C端子

(写真)USB Type-Cで子機を接続

USB Type-C端子が無いPCは、従来のUSB Standard A端子を使います。PCを起動後、子機とノートPCを添付のA-C USB 2.0ケーブル(約26cm)とHDMIケーブルの両方で接続します。

USB Standard AとHDMIの両方で子機を接続
  • ノートPCのUSB Standard AとHDMI端子
  • 子機のUSB Type-CとHDMI端子

(写真)USB Standard AとHDMIの両方で子機を接続

USB Type-Cまたは、USB Standard Aのいずれの場合も、接続後、子機のランプが[橙点灯]に変わるまで約10秒待ちます。

【3】PC画面の表示
ランプが橙点灯中の子機の[画面共有]ボタンを押すと、緑点灯に変わりノートPC画面が大画面モニターに映像出力されます。

USB Type-Cで接続したノートPC画面の表示

(写真)USB Type-Cで接続したノートPC画面の表示

USB Standard AとHDMIで接続したノートPC画面の表示

(写真)USB Standard AとHDMIで接続したノートPC画面の表示

複数台のPC映像も、それぞれの子機の画面共有ボタンを押すだけでスムーズに切り替わります。画面共有中のPCは、子機のランプが橙点灯から緑点灯に変わります。

USB Type-Cで接続したノートPC画面の表示 ノートPC画面を切り替えて大画面モニターに表示できる

(写真)ノートPC画面を切り替えて大画面モニターに表示できる

HDMI接続の無線化が、かんたんにできました。「WHD-4KTR1」は、親機に対して最大122台の子機が接続可能です。

割込み防止をする「VIPモード」の設定も可能で、VIPモードにすると、現在共有している画面を占有して表示します。他の子機の画面共有ボタンを押しても切り替わらないので、誤操作などによって別のPC画面に切り替わってしまうことを防ぎます。

4K対応モデルの魅力的な機能、分割表示を試してみる

子機2台を使って4Kモニターに同時に分割表示してみました。今回、1台はWindows ノートPCを、もう1台はMacBook Airを接続して表示します。
※最大4台まで分割表示が可能です。

子機2台を使って、それぞれのPC画面を同時に分割表示しているところ

(写真)子機2台を使って、それぞれのPC画面を同時に分割表示しているところ

はじめに、Windows ノートPC画面を出力します。ノートPCに接続されている子機の[画面共有]ボタンを押すと橙点灯から緑点灯に変わり、画面共有が有効になり大型モニターいっぱいに映像が表示されます。

[画面共有]ボタンを押してWindows ノートPC画面を出力

(写真)[画面共有]ボタンを押してWindows ノートPC画面を出力

続いて[画面分割]ボタンを押すと、4分の1に分割されて表示されます。

[画面分割]ボタン

(写真)[画面分割]ボタン

Windows ノートPC画面が4分の1に分割されて表示される

(写真)Windows ノートPC画面が4分の1に分割されて表示される

この状態のまま、もう1台のMacBook Airに接続されている子機の[画面共有]ボタンを押すと橙点灯から緑点灯に変わり、こちらの画面共有も有効になり、大型モニターに2台のPC画面が分割して表示されます。

分割表示させるためのボタンを押す順序

(写真)分割表示させるためのボタンを押す順序

2台のPCの画面が分割表示される

(写真)2台のPCの画面が分割表示される

複数人での会議において、それぞれのPC画面を同時に表示できるので、例えば、企画内容やデザインなどが並べて比較することができ、検討しやすくなります。また、切り替えるためのタイムロスや動作のもたつき感も無くなり便利に使えます。

親機の表示映像を手元にあるスマホで視聴できる「AirShare機能」

モニターから離れた場所に着席した場合は、画面の内容が見えにくい場合があります。そんなときでも「AirShare機能」により、手元にあるスマホにブラウザを使って親機の画面を表示させることができます。

親機の起動画面に表示される情報

(写真)親機の起動画面に表示される情報

親機の起動画面に表示されている「SSID」、「PW」、「AirShare PIN」をメモにとり、スマホのWi-Fi設定画面でSSIDに接続します。Wi-Fi接続後、QRコードを読み取りブラウザでアクセスします。続いて[AirShare PIN]を入力すると、スマホに親機の画面が表示されます。

離れたスマホに親機の画面が表示できる

(写真)離れたスマホに親機の画面が表示できる

さらに、インターネット経由で在宅中などでも画面の確認ができる[AirShare Remote機能]にも対応しています。
インターネット経由で親機の画面を配信する方法の詳細はこちら

Miracastを使ってAndroidスマホの映像を表示できる

Miracast機能に対応しているAndroidスマホと親機を直接接続することで、子機を使わなくても大型モニターにスマホの映像をすぐに表示することができます。
※親機でのタッチ操作はできません。
※Miracast接続は最大1台までとなります。

Miracast機能に対応しているAndroidスマホの映像をモニターに表示

(写真)Miracast機能に対応しているAndroidスマホの映像をモニターに表示

iPadやiPhoneの映像を表示できる

iPadやiPhone はLightning Digital AVアダプター(別売)を使って子機とHDMI接続することで、映像を大型モニターにワイヤレスで表示させることができます。
※USB ACアダプターやモバイルバッテリーを利用して、子機の電源を取ってください。

Type-C端子を搭載したiPad ProやiPad Airは、添付のC-Cケーブルを使用することで子機とUSB接続が可能で、映像伝送と給電を1本で行え、大型モニターにワイヤレスで表示させることができます。
※対応機種:iPad Pro 11インチ(第1世代)以降/iPad Pro 12.9インチ(第3世代)以降/iPad Air(第4世代)

iPhoneやiPadと子機の接続

(イメージ)iPhoneやiPadと子機の接続

タッチパネルを使って子機のパソコンを直接操作できる

「WHD-4KTR1」は、フルHD対応「WHD-FTR1」同様に、タッチバック機能を搭載しています。親機に接続するモニターがタッチ機能に対応していれば、タッチ操作で直感的にPCの操作ができます。
※画面分割中はタッチ操作ができないため、タッチ操作は1画面表示の状態でご利用ください。

親機にタッチパネル対応モニターを接続

(写真)親機にタッチパネル対応モニターを接続

タッチパネル操作に連動してPCを直接操作できる

(写真)タッチパネル操作に連動してPCを直接操作できる

前回ご紹介した「WHD-FTR1」も今回の「WHD-4KTR1」のどちらも、HDMIケーブルをかんたんに無線化できます。ケーブルレスでデスク周りがすっきりして、映像の切り替えもボタン1つでスムーズな会議が可能です。ぜひご検討ください。

最後に、4K対応モデルとフルHDモデルの仕様比較表を掲載しますので、参考にしてください。

4K対応モデルとフルHDモデルの仕様比較表
表は右にスクロールします。
4K対応モデル
WHD-4KTR1
フルHD対応モデル
WHD-FTR1
商品 4K対応モデル WHD-4KTR1 フルHD対応モデル WHD-FTR1
最大接続台数 122台 64台
最大同時表示台数 4台 1台
対応解像度(出力) 最大3840×2160 最大1920×1080
対応解像度(入力) 親機:最大1920×1080
子機:最大3840×2160
親機:最大1920×1080
子機:最大1920×1080
フレームレート 最大60fps
(4K映像は最大30fps)
最大60fps
親機サイズ・質量 約195(W)×111(D)×53(H)mm
(突起部含まず)
約270g
約195(W)×111(D)×53(H)mm
(突起部含まず)
約220g
子機サイズ・質量 約72(W)×72(D)×31(H)mm
約91g
約90(W)×90(D)×25(H)mm
約100g
LAN端子 RJ45×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T RJ45×1(メンテナンス用)
Wi-Fi IEEE802.11ac/b/g/n IEEE802.11ac
タッチバック機能
親機HDMI INに
映像を直接入力
iPadやiPhoneの
映像表示
AirShare機能
Miracast機能
インターフェイス 【親機】
HDMI(出力)×1
HDMI(入力)×1
USB 2.0ポート×2
USB給電ポート×1
【子機】
micro HDMI×1
USB Type-Cポート×1
【親機】
HDMI(出力)×1
HDMI(入力)×1
USB 2.0ポート×2
USB給電ポート×1
【子機】
HDMI×1
micro USBポート×1

◎関連商品
タッチバック機能搭載 Wi-Fi HDMIアダプター 4K対応モデル
・親機・子機セット品「WHD-4KTR1」
・子機「WHD-4KT1」
商品ページ)(購入ページ

タッチバック機能搭載 Wi-Fi HDMIアダプター フルHD対応モデル
・親機・子機セット品「WHD-FTR1」
・子機「WHD-FT1」
商品ページ)(購入ページ

本記事の内容については、サポートのお問い合わせ対象外となります。予めご了承ください。

このページのトップへ
PC版を表示