生活になじむ、暮らしによりそうWi-Fi 6ルーター 3モデルを比較レビュー!

Wi-Fi 6ルーター 3モデルラインアップ

(写真)Wi-Fi 6ルーター 3モデルラインアップ
(左) WN-DAX5400QR/(中央)WN-DAX3600QR/(右)WN-DAX3000GR

(記事公開日:2022年7月22日)

今回ご紹介する3モデルは、シンプル&モダンなスクエアデザインで、カラーは「インサイトグレー」や「ホワイト」を採用し、どんな部屋にも溶け込み、生活空間になじむWi-Fiルーターです。

リビングに設置

(写真)リビングに設置

これまで、部屋の隅や棚の中などに隠しがちだったWi-Fiルーターを、部屋の見えるところに設置してもお気に入りのインテリアを邪魔することなく、Wi-Fi電波が隅々までしっかり届くようにできます。

  • リビングに設置
  • リビングに設置
  • 寝室に設置

(写真)部屋の見えるところに設置

このシリーズのWi-Fiルーターは人気急上昇中で、我が家でも利用しており、妻に大変好評です。
(参考記事)Wi-Fiの置き場所で電波改善!ルーターを隠して収納していませんか?

利用環境や部屋のインテリアに合わせて選べる3モデル

間取り、家族構成、使用機器台数などの利用環境や、部屋のインテリアに合わせて選びやすいように、3モデルを一覧にまとめましたので、参考にしてください。

表は右にスクロールできます。
型番 WN-DAX5400QRの本体 WN-DAX5400QRのパッケージ WN-DAX3600QRの本体 WN-DAX3600QRのパッケージ WN-DAX3000GRの本体 WN-DAX3000GRのパッケージ
WN-DAX5400QR WN-DAX3600QR WN-DAX3000GR
推奨利用環境 接続台数40台
3階建て
4LDK
接続台数32台
3階建て
4LDK
接続台数32台
3階建て
4LDK
無線LAN規格 Wi-Fi 6/Wi-Fi 5/Wi-Fi 4
(IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b)
伝送速度
(理論値)
5GHz帯 最大4804Mbps 最大2402Mbps 最大2402Mbps
2.4GHz帯 最大574Mbps 最大1147Mbps 最大574Mbps
アンテナ方式 内蔵アンテナ×4 内蔵アンテナ×4 内蔵アンテナ×2
ワイドバンド対応 ×
インターネットポート 2.5Gbps 1Gbps
LANポート 1Gbps×4
カラー インサイトグレー ホワイト インサイトグレー
サイズ 縦置き専用:約52(W)×196(D)×197(H)mm
(スタンド含む、突起部含まず)
質量
(本体のみ)
約600g
(スタンド含む)
約600g
(スタンド含む)
約550g
(スタンド含む)
IPoE対応
MU-MIMO
ビームフォーミング
(ビームフォーミングW)
ネットフィルタリング 5年間無料 ライセンス別売
ペアレンタルコントロール
ペイバック保証
土・日の電話サポート
保証期間 3年保証

Wi-Fi環境を見える化できるアプリ「Wi-Fiミレル」を使って
電波強度とインターネット速度・Wi-Fi速度を実測してみました

速度測定もできるようにアップデートされたアプリ「Wi-Fiミレル」

(写真)速度測定もできるようにアップデートされたアプリ「Wi-Fiミレル」

アイ・オーのオリジナルWi-Fiアプリ「Wi-Fiミレル」は、電波強度やヒートマップなど「Wi-Fi環境を見える化」できる便利なアプリです。アップデートにより新たにインターネット速度・Wi-Fi速度の測定ができるようになりました。
※iOS、Android OS両対応。

アプリ「Wi-Fiミレル」は無料でダウンロードでき、他社のWi-Fiルーターでも使えるので、みなさんのWi-Fi環境を見える化してみましょう。

(参考記事)Wi-Fiの電波強度や速度を測定できるアプリ「Wi-Fiミレル」の使い方

これまで速度は別アプリで測定していましたが、これからは「Wi-Fiミレル」1つですべてを測定できるので、今回3モデルを実測してWi-Fi電波を見える化、比較してみました。

3モデルのWi-Fi環境を見える化した結果

Wi-Fiルーターは、いずれも1階リビングの壁際に設置して、1階・2階のヒートマップ、および、各部屋の速度を測定しました。測定端末はWi-Fi 6に対応しているiPhone 11(5GHz帯接続)を使用しました。
※設置環境や時間帯により測定結果は異なりますので、参考としてください。
※ヒートマップは、色分けされて視覚的に強弱が分かりやすく、快適に通信できる範囲は緑色に、電波が弱い範囲は赤色に表示されます。

ヒートマップの電波強度の色分け アプリ「Wi-Fiミレル」を使って実測

(写真)アプリ「Wi-Fiミレル」を使って実測

WN-DAX5400QRの測定結果

1階 WN-DAX5400QRの測定結果 2階 WN-DAX5400QRの測定結果

WN-DAX3600QRの測定結果

1階 WN-DAX3600QRの測定結果 2階 WN-DAX3600QRの測定結果

WN-DAX3000GRの測定結果

1階 WN-DAX3000GRの測定結果 2階 WN-DAX3000GRの測定結果

ヒートマップを見ると、いずれのWi-Fiルーターも1階は全体に緑色で、電波強度が良好なことが分かります。2階はWi-Fiルーターからの距離が離れた子供部屋や寝室が黄色で、若干電波が弱くなっていることが分かります。

「360(さんろくまる)コネクト」技術と「WaveConnect」 「360(さんろくまる)コネクト」技術と「WaveConnect」

3モデルのいずれも「360(さんろくまる)コネクト」技術を搭載しているので、360°電波が放射され、あらゆる方向に安定してすみずみまで電波が届きます。1階はもちろん、2階もある程度の電波強度を確保できています。

さらに、「WN-DAX5400QR」と「WN-DAX3600QR」は、日本航空電子工業株式会社製のアンテナ「WaveConnect」を搭載し、小型でありながら、業界トップクラスの高い放射効率を実現しています。

2階のヒートマップを比較して見ると、「WN-DAX5400QR」と「WN-DAX3600QR」では、電波が強い緑色が多く、「WN-DAX3000GR」では、電波が少し弱く薄緑から黄色が多くなっています。

「WN-DAX5400QR」と「WN-DAX3600QR」では、WaveConnect搭載であることや、4本のアンテナによるビームフォーミングの効果などハードウェア的な違いが要因として挙げられます。

インターネット速度結果
Wi-Fiルーター 1階 2階
WN-DAX5400QR 116~152Mbps 103~126Mbps
WN-DAX3600QR 117~147Mbps 102~122Mbps
WN-DAX3000GR 113~132Mbps 95~120Mbps

インターネット速度(下り)を見てみると、100Mbps以上の速度が出ており、Web会議や動画閲覧もストレスなく快適に使えます。

参考までに「WN-DAX5400QR」と「WN-DAX3000GR」は5GHz帯のワイドバンド対応です。ワイドバンドとは、データを運ぶためのチャンネル幅が、通常80MHzのところを160MHzで送ることができるので、約2倍速くなります。

測定に使ったiPhone 11はワイドバンド対応ではありませんが、ワイドバンド対応のスマホ、タブレット、PCをお使いの方は、測定結果の約2倍の速度が見込めると思います。

いかがでしたか、今回ご紹介した暮らしになじむデザインのWi-Fiルーター3モデルは、新規にご購入される方はもちろん、買い替えを検討されている方にも、オススメのWi-Fiルーターです。

無料アプリ「Wi-Fiミレル」を使って、現在お使いの各社Wi-Fiルーターの電波を見える化することから始めてみてはいかがでしょうか。

Wi-Fiルーターの電波強度を見える化 各社のWi-Fiルーターで計測できる

Wi-Fiルーターの電波強度を見える化 各社のWi-Fiルーターで計測できる

無料アプリ 今すぐ使ってみよう!

無料アプリ 今すぐ使ってみよう!

  • iPhone・iPad・iPod touchはこちら
    対応OS:iOS 14以上

    App Store QRコード App Storeからダウンロード
  • Androidスマホ・タブレットはこちら
    対応OS:Android 6.0以上

    Google Play QRコード Google Playで手に入れよう

◎関連リンク
・Wi-Fi 6 2.5Gbps対応ルーター(5GHz最大4804Mbps、2.4GHz最大574Mbps)
「WN-DAX5400QR」
商品ページ)(購入ページ

Wi-Fi 6 2.5Gbps対応ルーター(5GHz最大2402Mbps、2.4GHz最大1147Mbps)
「WN-DAX3600QR」
商品ページ)(購入ページ

Wi-Fi 6 1Gbps対応ルーター(5GHz最大2402Mbps、2.4GHz最大574Mbps)
「WN-DAX3000GR」
商品ページ)(購入ページ

本記事の内容については、サポートのお問い合わせ対象外となります。予めご了承ください。

このページのトップへ
PC版を表示