Windows Server IoT 2019 for Storage特集ページ

Windows Storage Server 直系の最新版OS それがWindows Server IoT 2019 for Storage

最新の組み込みOS搭載
「LAN DISK Z」

アイ・オー・データ機器の「LAN DISK Z(HDL-Zシリーズ)」は、「Windows Server IoT 2019 for Storage」をプリインストールした法人向けのネットワーク接続型ストレージ(NAS)です。一般的にNASの利点は小規模なネットワークに共有場所を簡単に追加できることですが、HDL-Zシリーズは、規模を問わず、企業の高機能で高性能なファイルサーバーとしての利用も可能なワン・ランク上のNASとしてお勧めです。
HDL-Zシリーズ搭載のOSは、旧モデルに搭載の「Windows Storage Server 2016」の後継となる組み込み向けの最新OSですが、OSの機能としては通常版のWindows Server 2019そのものです。「Windows Server IoT 2019」は、固定の用途に限定しての使用を許諾する、OEM製品向けのライセンス契約に基づいて提供されます。「for Storage」*1は用途がファイルサービスとその管理に限定されたものです。
*1 Windows Server IoT 2019 for StorageにはStandardとWorkgroupの2つのエディションが用意されており、Workgroupエディションはライセンス契約上、ユーザー数の上限が50ユーザー、同時SMB接続数250、CPUソケット1つまで、メモリ32GBまで、ハードディスク6台まで、データ重複除去をサポートしないといった 制限があります。Standardエディションにはこれらの制限はありません。
POINT
01
高度なファイルサーバー機能を低コストで簡単導入
HDL-ZシリーズはWindows Server CALなしで導入できるため、低コストで導入でき、Windowsで使い慣れた管理ツールや知識をそのまま適用できます。また、新しいWindows Admin Centerを利用すれば、デバイスの種類を問わず、ブラウザだけでHDL-Zシリーズをリモートから管理できます。
POINT
02
Windowsベースのネットワークとの高い親和性
Windows Server IoT 2019 for Storage搭載のHDL-Zシリーズは、Windowsネットワークと高い親和性を提供します。
そのため、機能性を損なうことなく、従来の汎用ファイルサーバーをNASに移行できます。
POINT
03
Windows Server 2019ベースだから活用の幅が広がる
Windows Server 2019の高度なファイルサービスにより、ドキュメント管理の効率化、クライアントやサーバーのバックアップ保護、Azureとのハイブリッド構成など、HDL-Zシリーズをさまざまなニーズに活用できます。

Windows Server 2019と共通の高度な
ファイルサービス機能を低コストなNASで実現

Windows Server IoT 2019は機能的にWindows Server 2019そのものであるため、for Storageを搭載するHDL-ZシリーズはWindows Server 2019で構築したファイルサーバーと同じ機能を提供できます。以前のバージョンと比べて、更新プログラムのサイズの最適化、インストールと再起動の時間短縮、セキュリティ強化など、安定性と信頼性が向上しています。

HDL-Zシリーズは「Windows Serverクライアントアクセスライセンス(CAL)」なしで利用できるため、通常のWindows Serverでファイルサーバーをゼロから構築するよりも、HDL-Zシリーズなら初期導入コストを大幅に削減できます。しかも、最適化されたハードウェアとセットなので、簡単な初期設定を行うだけで利用を開始できます。

あらゆるデバイスからの接続を可能にする
マルチプロトコル対応

Windowsネットワークの標準のファイル共有プロトコル「サーバーメッセージブロック(SMB)」です。HDL-ZシリーズはSMB 1.0/CIFS*2から最新のSMB 3.1.1までのすべてに対応しており、Windows、macOS、Linuxクライアントからアクセスできます。
特にSMB 3.xは、複数経路による高速通信(SMBマルチチャンネル)や組み込みの暗号化機能など、パフォーマンスとセキュリティが強化されています。HDL-Zシリーズは複数のLANポートを搭載しているため、LANに接続するだけでSMBマルチチャンネルの効果が得られます。
HDL-Zシリーズは、UNIX/Linuxで古くから利用されているNFS、IPネットワーク上でブロックストレージを提供するiSCSI、HTTPSベースのファイルアクセスも可能であり、異種デバイスからの多様な利用シナリオに柔軟に対応できます。Windows Serverの「NICチーミング」機能を利用すれば、HDL-Zシリーズの複数のLANポートを束ね、トラフィックの負荷分散や冗長化を実現できます。
*2 SMB 1.0/CIFSはランサムウェアやその他のマルウェアに関連する既知のセキュリティ問題があるため、2004年にマイクロソフトにより公式に非推奨とされました。Windows Server 2019およびWindows Server IoT 2019 for Storageでは、SMB 1.0/CIFSのサーバーおよびクライアント機能は既定で無効化されています。

有限のストレージ領域をデータ重複除去で
効率よく使用
※Standardエディションのみ利用可能

HDL-ZシリーズのStandardエディション搭載モデルは「データ重複除去」をサポートします。データ重複除去は、NTFS圧縮やZIPアーカイブといったファイル単位の圧縮技術とは異なり、ボリューム上のファイル全体で繰り返されるパターンを特定し、小さな繰り返しパターンを1つに統合、圧縮して格納することで、ストレージの空き領域を増やします。汎用ファイルサーバー用途では50~60%の削減効果を期待できます。

Windows Admin Centerを導入すれば
ブラウザだけでリモート管理が可能に

「Windows Admin Center」は、Windows Server 2019と同時期にリリースされたHTML5ベースの無料の管理アプリです。プラットフォームに関係なく、主要なモダンブラウザからWindows Server(HDL-Zシリーズを含む)を管理できるのが特徴です。Windows標準の管理ツールと同等の機能を備えるほか、サーバーの役割や機能に対応した管理機能、更新プログラムのインストールと再起動のスケジューリング、専用アプリ不要の管理用リモートデスクトップ接続、Microsoft Azureの各種サービスとの連携機能を提供します。

テレワーク中もデータ共有は止まらない

HDL-Zシリーズは社内LANの共有場所として利用できるだけでなく、Microsoft Azureのサービスと連携することでインターネット経由でいつでも、どこからでも、どのデバイス(WindowsやMac)からでも安全にアクセス可能な共有場所として活用できます。コロナ禍におけるリモートワーク環境にあっても、社内の最新の文書にアクセスすることができ、個人のデバイスに共有されていない社内データが不用意に蓄積されてしまうことも回避できます。

Windows Server IoT 2019 for Storage搭載
NASの活用例

Windows Server IoT 2019 for Storage搭載のHDL-Zシリーズは、その高機能なファイルサービスとネットワークサービスの能力を活かして、さまざまな利用シナリオに対応できます。
CASE
01
CASE 01
用途専用のiSCSIターゲット
サーバーとして
HDL-ZシリーズをiSCSIターゲットサーバーとして構成すると、追加コストなしでIPネットワーク上にSAN(ストレージエリアネットワーク)を構築できます。iSCSI SANは、バックアップ領域や、サーバーアプリケーション(SQL Server、Hyper-V、VMwareなど)用のストレージを提供できます。
CASE
02
CASE 02
社内クライアントの
バックアップ領域として
HDL-Zシリーズの大容量ストレージは、共有ドキュメントの保存先としてだけでなく、バックアップ領域としても活用できます。Windows 10の「ファイル履歴」や「バックアップと復元」に対しては、SMBまたはiSCSI経由でバックアップ用領域を提供できます。
CASE
03
CASE 03
Windows Server 2019
ベースだから活用の幅が広がる
HDL-Zシリーズで「Windows Searchサービス」や「ファイル分類インフラストラクチャ(FCI)」を利用すると、共有フォルダーに保存されたデータのフルテキスト検索や、データの内容に基づいた分類、アクセス頻度に基づいた移動といったファイル管理タスクを自動化できます。
CASE
04
CASE 04
Azureとのハイブリッド環境で
リモートワークを支援
HDL-Zシリーズの共有フォルダーは、Microsoft Azureの「Azureファイル共有」と双方向に同期できます。会社や個人宅に特別なネットワーク環境を用意することなく、Azureファイル共有を介して、リモートワーク中の社員に企業内データへの安全なアクセスを提供できます。

Windows Server IoT 2019 for Storage搭載NAS、
最新モデルフルラインアップ

2019年5月にWindows Server IoT 2019 for Storageに対応したHDL-Zシリーズは、2020年6月のハイエンド向け4ボックスモデルのサーバークラスのパーツを採用したハードウェアへのモデルチェンジを皮切りに、2021年4月までにすべてのラインアップのモデルチェンジを完了しました。ハイエンド向けはインテルCore i3(クアッドコア)プロセッサー、スタンダードモデルはインテルAtom(デュアルコア)を搭載し、すべてのモデルにECC対応8GBメモリとマルチギガビット対応10GbE LANポートを装備、さらに全ドライブをSSD(ソリッドステートドライブ)化したSSDモデルを追加しました。
このHDL-Zシリーズの新ラインアップにより、小規模なオフィスでコストを抑制したいというニーズから、大企業の大容量で高速なファイルサーバーインフラとしての導入まで、柔軟に対応できます。Windows Server IoT 2019 for StorageのStandardとWorkgroupのエディションに最大ユーザー数以外の機能差はほぼありません。最適なNASは、価格、ディスク容量、性能、利用規模(最大同時接続数または最大ユーザー数)、設置形態(データセンターのラックに収納など)のどの部分を重視するかで自ずと決まります。また、ハイエンドモデルのサーバークラスのパーツが提供する性能、10GbE LANの高速通信、そしてSSDモデルのさらなるI/O性能の向上は、ドキュメント共有だけでなく、アプリケーションデータ(仮想マシンやデータベースなど)の格納場所など、NASの利用シナリオを大きく広げます。
シリーズ HDL4-Z19S3A
(2020年5月発売開始)
HDL2-Z19SCA
(2019年5月発売開始)
HDL2-Z19WCA
(2019年5月発売開始)
プレインストールOS Windows Server IoT 2019 for Storage
Standard Edition
Windows Server IoT 2019 for Storage
Standard Edition
Windows Server IoT 2019 for Storage
Workgroup Edition
CPU Intel Core i3-8100T(310GHz , 4コア) Intel Celeron(1.60GHz , 4コア) Intel Celeron(1.60GHz , 4コア)
メモリ 8GB ECC 4GB 4GB
ユーザ一覧 無制限 無制限 50 ユーザー
推奨最大同時接続数 100台 50台 50台
2 ドライブモデル
(容量/LANポート)
発売予定  2TB | 4TB | 8TB | 16TB
 1Gbps
 2TB | 4TB | 8TB | 16TB
 1Gbps
4 ドライブモデル
(容量/LANポート)
 4TB | 8TB | 16TB | 32TB
 10Gbps   1Gbps
 4TB | 8TB | 16TB | 32TB
 1Gbps
 4TB | 8TB | 16TB | 32TB
 1Gbps
4 ドライブラック
マウント(IU)モデル
(容量/LANポート)
発売予定  4TB | 8TB | 16TB | 32TB
 1Gbps
 4TB | 8TB | 16TB | 32TB
 1Gbps
法人・企業向けNAS(Windows OSモデル)
無料でおためしいただける貸出サービス

無料貸出サービス
無料でおためしいただけるサービスをご用意しました。
動作検証や設置場所のシミュレーションのため、まずは使ってみませんか?

このページのトップへ
PC版を表示