Q&A

USBHDDへバックアップしたい

本バックアップ設定は、録画番組などの著作権コンテンツはバックアップされません。

本製品の設定画面より以下手順で設定を行ってください。
(最新ファームウェアバージョンの画面表示となります。)
設定画面の開き方
 ※HDL-AAシリーズのマニュアルが表示されますが、手順は同じです。

バックアップの前にご確認ください

お使いのUSB HDDが対応しているかどうかをご確認ください。
LAN DISK バックアップ対応USB HDD一覧

バックアップ実施後の結果を確認したい場合

バックアップ実施後の結果を確認したい場合は、こちらをご確認ください。

STEP1 USB HDDを専用フォーマットする

ご注意

●USB HDDをフォーマットするとデータはすべて消去されます。必要なデータがある場合は、事前にバックアップしてください。
●フォーマット中は、絶対に電源を切らないでください。
●USB HDDのフォーマット開始時やフォーマットの終了時は、共有サービスが停止するため、共有へのアクセスはできません。本製品にアクセスしていないことを確認してから実行してください。

  1. [ボリューム] → [USBx] → [フォーマット] をクリック
    ※[USBx]のxは、取り付けたUSB HDDの接続ポート番号です。
  2. ①[フォーマット形式]は「専用フォーマット」、[暗号化]は「無効」を選択
    ②[実行]をクリック

  3. 「フォーマットしますか?」と表示されたら、[OK]をクリック
    →フォーマットを開始します。本製品電源ランプまたはステータスランプが緑点滅になります。
    →ブザー音が鳴り、本製品電源ランプまたはステータスランプが緑点灯になれば、フォーマット完了です。

フォーマット時間の目安

●USB 2.0専用フォーマット時間 → 約2時間30分(弊社製RHD4-UX12TRW(RAID 0)
●USB 3.0専用フォーマット時間 → 約30分(弊社製HDS2-UT6.0(RAID 0))

STEP2 バックアップジョブを作成する

  1. [データバックアップ]→[バックアップ]より「追加」をクリック
  2. ジョブ名(バックアップ設定の名前)を任意に設定する
  3. 履歴数(バックアップの履歴を保存する数)を設定する

    履歴数について

    (例)「10」に設定した場合、11回目のバックアップ時に1回目の履歴は消去されます。
    ※「0」に設定すると制限なく履歴を保存しますが、その分バックアップ先の容量を大きく使います。
    ※バックアップ先の容量が不足すると、バックアップに失敗します。履歴数は必要最小限にすることをおすすめします。

  4. バックアップスケジュールを設定する
    ※毎日バックアップしたい場合は、すべての曜日にチェックを付けてください。
    ※バックアップ開始時刻に本製品が起動している必要があります。

    オプションについて

    通常のバックアップ設定であればオプションは不要です。必要に応じてチェックを付けてください。オプションの説明はマニュアルをご確認ください。

  5. バックアップ元を設定する
    ▼本製品にあるすべての共有フォルダーをバックアップしたい場合
    [対象種別]で「ローカル(全ての共有フォルダー)」を選択
    ▼バックアップしたい共有フォルダーを選択する場合
    ① [対象種別]で「ローカル」を選択
    ②「共有フォルダー」よりバックアップしたい共有フォルダーを選択
    ※サブフォルダーまで限定したい場合は、サブフォルダ?名を入力してください。限定しない場合は空欄にします。
    ※1個ずつ選択するため、複数共有フォルダーがある場合は、右端にある+(プラス)ボタンを押し、欄を増やしてください。

  6. バックアップ先を設定する
    ① [対象種別]で「ローカル」を選択
    ②「共有フォルダー」より「USBx」を選択
    ※[USBx]のxは、取り付けたUSB HDDの接続ポート番号です。
  7. 画面右下の[保存]をクリックする
    ⇒バックアップの設定は完了です。

後はスケジュール設定をした時間帯にバックアップが開始します。

<参考>
今すぐバックアップしたい場合は、[データバックアップ]→[バックアップ]→[一覧]より実行するバックアップジョブの右にある[バックアップ開始]をクリックすると開始します。

バックアップ結果の確認方法

バックアップ完了後[データバックアップ]→[バックアップ]を開き、「ステータス」に【完了(成功)】と記載があればバックアップが成功しています。

Q&A番号 30231
このQ&Aの対象製品 HDL-AAX1 HDL-AAX1W HDL-AAX2 HDL-AAX2/E HDL-AAX2W HDL-AAX3 HDL-AAX3/E HDL-AAX3W HDL-AAX4 HDL-AAX4/E HDL-AAX4W HDL-AAX6 HDL-AAX6/E HDL-AAX6W HDL-AAX8 HDL-AAX8/E HDL-AAX8W HDL2-AAX0/E HDL2-AAX12 HDL2-AAX12/E HDL2-AAX12W HDL2-AAX16 HDL2-AAX16/E HDL2-AAX16W HDL2-AAX2 HDL2-AAX2/E HDL2-AAX2W HDL2-AAX4 HDL2-AAX4/E HDL2-AAX4W HDL2-AAX6 HDL2-AAX6/E HDL2-AAX6W HDL2-AAX8 HDL2-AAX8/E HDL2-AAX8W HDL2-HA12 HDL2-HA16 HDL2-HA2 HDL2-HA4 HDL2-HA8 HDL4-HA16EX HDL4-HA16-U HDL4-HA24EX HDL4-HA24-U HDL4-HA32EX HDL4-HA32-U HDL4-HA4EX HDL4-HA4-U HDL4-HA8EX HDL4-HA8-U HDL6-HA12 HDL6-HA24 HDL6-HA36 HDL6-HA48 HDL6-HA6 HDL2-AA0/E HDL2-AA12 HDL2-AA12/E HDL2-AA12W HDL2-AA2 HDL2-AA2/E HDL2-AA2W HDL2-AA4 HDL2-AA4/E HDL2-AA4W HDL2-AA6 HDL2-AA6/E HDL2-AA6W HDL2-AA8 HDL2-AA8/E HDL2-AA8W HDL-AA1 HDL-AA1/E HDL-AA1W HDL-AA2 HDL-AA2/E HDL-AA2W HDL-AA3 HDL-AA3/E HDL-AA3W HDL-AA4 HDL-AA4/E HDL-AA4W HDL-AA6 HDL-AA6/E HDL-AA6W IPHL2-AA0 HDL2-X12 HDL2-X2 HDL2-X2/ST5 HDL2-X4 HDL2-X4/DB1 HDL2-X4/ST5 HDL2-X4/TM3 HDL2-X4/TM5 HDL2-X6 HDL2-X8 HDL2-X8/DB1 HDL2-X8/TM3 HDL2-X8/TM5 HDL4-X12 HDL4-X16 HDL4-X2 HDL4-X24 HDL4-X4 HDL4-X4/ST5 HDL4-X4/TM3 HDL4-X4/TM5 HDL4-X8 HDL4-X8/ST5 HDL4-X8/TM3 HDL4-X8/TM5 HDL2-H12 HDL2-H12/TM3 HDL2-H12/TM5 HDL2-H2 HDL2-H2/R HDL2-H2/TM3 HDL2-H2/TM5 HDL2-H4 HDL2-H4/R HDL2-H4/TM3 HDL2-H4/TM5 HDL2-H6 HDL2-H6/TM3 HDL2-H6/TM5 HDL2-H8 HDL2-H8/R HDL2-H8/TM3 HDL2-H8/TM5 HDL4-H12EX HDL4-H12R HDL4-H16EX HDL4-H16R HDL4-H24EX HDL4-H24R HDL4-H32EX HDL4-H32R HDL4-H4EX HDL4-H4R HDL4-H8EX HDL4-H8R HDL6-H12 HDL6-H18 HDL6-H24 HDL6-H36 HDL6-H48 HDL6-H6

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示