ハイブリッドLTEルーターUD-LT1/EX

仕様書印刷

UD-LT1/EX

インターネット接続にモバイル回線、フレッツ光などの固定回線の両方使える「ハイブリッド」なLTEルーターです。回線の障害に備える回線冗長化や、スケジュール・死活監視による本体・通信モジュールのリブート/リセットによる自動リカバリー機能により、安定的なネットワークを容易に構築し遠隔地や無人拠点でも安心してご利用いただけます。

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
UD-LT1/EX 4957180134147 オープン価格   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ハイブリッドLTEルーターとは?

UD-LT1/EXは3G、4G/LTEといったモバイル回線と、フレッツ光などの固定回線の両方に対応しており(排他利用)、ハイブリッドを活かした回線冗長化や、スケジュール・死活監視による本体・通信モジュールのリブート/リセットによる自動リカバリー機能により遠隔地や無人拠点でも安心してご利用いただけます。
<主な用途>
・光回線の敷設が難しい工事現場や僻地、イベント会場など
・企業の小規模拠点でモバイル回線を活用してのBCP対策ができるインターネットアクセスルーターとして
・機器の遠隔監視や制御用途に(自動販売機など)

ハイブリッドLTEルーターとは?

マルチキャリアに対応

マルチキャリアに対応

本商品は、NTTドコモ、KDDIの両方のネットワークに対応しています。各社の標準SIMを挿入してデータ通信をすることができます。(同時利用はできません)

ZTE Welink製通信モジュールを採用

NTTドコモ、KDDIとの相互接続性試験(IOT)を完了したZTE Welink製通信モジュールを採用しておりますので安心してご利用いただけます。
また、ソラコム、IIJ、mineo、ASAHIネット、ニフティ、NUROモバイル、U-NEXT、ビッグローブ、フリービット、NTTコミュニケーションズ、UQコミュニケーションズ、DIS mobileといった主要なMVNOのSIMでも動作確認済みです。(対応SIMの詳細は「動作確認済みSIM」をご参照ください)

参考:KDDI様 接続確認済み機器一覧

SORACOM認定デバイス

SORACOM認定デバイス

(株)アイ・オー・データ機器は、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を提供する株式会社ソラコムのパートナープログラムである「SORACOM パートナースペース」における「認定済デバイスパートナー」に認定されています。
当社およびソラコム様にてSORACOM AirやSORACOM Beamでの動作検証済みです。

動作検証済みSIM

本商品において以下のSIMで動作することを確認しています。

事業者 サービス名
ソラコム SORACOM Air(Plan-D)
SORACOM Air(Plan-K)
インターネットイニシアティブ IIJモバイルサービス/タイプI
IIJモバイルサービス/タイプDIIJモバイルサービス/タイプK
IIJmioモバイルサービス/タイプDIIJmioモバイルサービス/タイプA
KDDI SORACOM Air for セルラー
KDDI IoTコネクト Air
au(LTE)通信サービス (LTEモジュール)
※リモートアクセスサービス「 クローズド リモート ゲートウェイ」利用可
ケイ・オプティコム mineo for Business Aプラン
mineo for Business Dプラン
ASAHIネット ASAHIネットLTE(ANSIM)
ニフティ NifMo 法人サービス
ソネットビジネスアソシエイツ NUROモバイル LTE/3G
ビッグローブ ライトSSプラン(上下256kbps)
通常プラン(下り375Mbps)
フリービット freebit cloud security SIM
NTTコミュニケーションズ Arcstar Universal Oneモバイル
OCN モバイル ONE for Business
パナソニック株式会社
コネクティッドソリューションズ社
パナソニックMVNOモバイルサービス/タイプD
UQコミュニケーションズ データ高速プラン、データ無制限プラン
コネクシオ株式会社 TRIBE-bizモバイル
WITH Networks 固定IPアドレスMVNOイプシム
さくらインターネット株式会社 さくらのセキュアモバイルコネクト
DIS mobile DiSM U-mobile 3GB Data
DiSM JCI 3GB Data

動作の保証、サポートをするものではありません。

さまざまな障害対策を搭載

安定的なネットワーク構築ができるよう、通信回線や機器に障害が発生した際の代替通信や復旧対策の機能を搭載しています。

リンクバックアップ機能

通信回線に障害があった際に自動的に回線を切り替えます。安定した通信を実現します

リンクバックアップ機能

リンクリカバリ

リンクリカバリ

障害発生時、LTEモジュールのリセット、本体のリブートを行い、通信復旧を試みます。スケジュールで定期的にリセット・リブートさせることも可能です。

相互接続性の高いOpenVPNやIPsec、L2TPに対応

AWS(Amazon Web Service)等のクラウドリソースへのセキュアなアクセスを容易に実現できます。

相互互換性が高いOpenVPNに対応

OpenVPNのメリット

  • オープンソースのため相互接続性が高く、AWSなどのクラウド環境への導入も容易(Android, iOSクライアントも提供されています)
  • IPsecと比べてVPN設定自体が容易
  • 複数ポートを使用するIPsecと異なり、単一のポート(TCP、UDPのいずれかで、好きなポートを使用可能)だけで接続できるため、ネットワーク上の設定(Firewall等)の変更が最小限で済む

接続状態をランプで確認

接続状態をランプで視覚的に把握することができます。

接続状態をランプで確認

安心の有償保守サービスをご用意

アイオー・セーフティ・サービス

本商品は、保証期間を最大5年間まで延長いただけるセンドバック保守(ISS-LIGHT)と、商品に異常があった場合に、フリーコールの専用窓口にご連絡いただくことで、最短で翌営業日に代品をお届けするデリバリィ保守サービスに対応しております。

センドバック保守サービス(ISS-LIGHTシリーズ)詳細
デリバリィ保守サービス詳細

管理に役立つ機能も充実

通信先に応じて優先度が設定可能(QoS)

ネットワークアドレス/ポート毎に最大速度やプライオリティを付けたトラフィック制御が可能です。

通信先に応じて優先度が設定可能

スケジュール動作でコスト削減

特定の時間帯のみモバイル回線(3G/4G)をオンラインにすることできます。夜間に通信料金の安い通信プランを利用する際に便利にお使いいただけます。

スケジュール動作でコスト削減

リモート設定

WAN側からWeb設定画面を開くことができるので、VPNや閉域網などの環境でリモートからの設定変更などにご利用いただけます。

無償提供のDDNS「iobb.net」に対応

ダイナミックDNSサービス「iobb.net」

当社が提供する無料DDNSサービス「iobb.net」に対応。
無償のDDNSサービスがご利用いただけるようになります。DDNSサービスでは、IPアドレスではなくドメイン名でUD-LT1/EXやその配下のデバイスにアクセスできるようになります。

SNMPでの監視通知

SNMPを利用した機器状態の監視通知に対応。SNMPプロトコルに対応したネットワーク監視システムを構築している環境への導入も可能です。

ログ管理

設定画面でのログ表示だけでなく、Syslogによりログ情報をSyslogサーバーへ送信することによって複数台のログを1台のサーバーに集約することが可能になります。

工業や農業にも最適な信頼設計

ファンレス・金属筐体

故障の原因となりやすいファンを排除し、放熱性の高い金属筐体を採用。長期安定動作を実現します。

広温度範囲での稼働

広温度範囲での稼働

UD-LT1/EXは-20℃から60℃の温度範囲での動作を保証。工場やビニールハウス内などの温度変化の大きい場所でもご利用いただけます。
※防塵・防水機能には対応していません。対応の湿度範囲内でご利用ください。

こだわりのACアダプター

ACアダプターの本体との接続部は、ライトアングルコネクターを採用。万が一ケーブルが引っ張られた場合でも、ストレートタイプに比べて抜けにくくなっています。
また、プラグの間に溝を設けることでトラッキング減少を防ぐ設計を採用しているほか、過電圧保護、過電流保護、過熱保護機能を搭載し、万が一の際にも安全に停止する設計となっていますので、安心してお使いいただけます。

電源にもこだわり

さまざまな設置方法

床や壁に固定するための取付金具を2種類標準添付。設置環境にあわせた取り付け・固定が可能です。
※固定用のネジは別途ご用意していただく必要があります。

さまざまな設置方法

ご注意

・あらかじめご利用環境(モバイル回線、有線回線、VPN等)で十分にご評価ください。
・当社Webサイトより最新のFWを適用の上ご利用ください。

このページのトップへ
PC版を表示