電子帳簿保存用外付ブルーレイドライブBRD-UT16D/M

仕様書印刷

BRD-UT16D/M

2022年1月より電子帳簿保存法が改正され、電子取引データはデータのままで保存することが義務※となりました。 本商品は、それらの電子取引データを専用のアプリケーションによりリネームし、光ディスクに保存できる電子帳簿保存法支援ソリューションです。

電子帳簿保存法対応アプリケーション「命名くん」は、年間ライセンス3台用をバンドルしています。

※令和4年1月1日から令和5年12月31日までの2年間は宥恕期間が設けられています。

【早期購入特典】1000台限定(※)でM-DISC 50GB(5枚)を同梱(通常は25GB)
BRD-UT16Dも含む

電帳法ソリューションの詳細はこちら 「命名くん」の詳細はこちら

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
BRD-UT16D/M 4957180158907 オープン価格   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         
BRD-UT16D/M

小規模事業主の電帳法対応をアシスト!「電帳法アプリ」で書類整理の手間を軽減!

小規模事業者にとって税務申告は年に一回の大仕事です。本商品は電子取引データの検索機能の確保および、電子取引データの保存をサポートする商品です。

小規模事業主の電帳法対応をアシスト

誤操作によるデータ損失を防ぐ「再書込み防止」ドライブを採用

「再書込み防止」ドライブ

本商品は一回記録(追加記録は可能)の光ディスクにのみ書き込めるようになっており、繰り返し上書きができる光ディスクを認識しません。これにより意図しないデータの消去や上書き、誤操作による電子取引データの損失を未然に防止します。

既存のドライブの場合

繰り返し上書きできるRWやREメディアに書き込めてしまうため、大事な電子取引データを上書き・削除してしまう事故が起こりえます。

電子帳簿保存用BDなら

繰り返し上書きできるRWやREメディアを認識しないため事故の心配がなく、安心してデータを保存し続けられます。
※ M-DISC、Rメディアはデータ追記可能

お使いいただける光ディスク

お使いいただける光ディスク

電子取引データの7年(10年)保存の確実性を高める「M-DISC」を同梱

「M-DISC」を同梱

電子取引データの長期保存の確実性を高める、長期保存用光ディスク「M-DISC」を5枚同梱。年度毎にデータを区分けしてお使いいただけます。
※ M-DISC1枚(50GB)に約48万枚分の電子取引データを保存できます(1枚のデータ容量を100KByteとして計算)。

M-DISCは米国Millenniata社が開発した新しい記録メディアです。光・熱・湿度などによる経年劣化に強く、数百年(※)にわたってデータを保存することができます。思い出の写真や映像、趣味のデータ、またはビジネスデータの保存に最適です。
※ 米国Millenniata社の試験に基づく。(詳細はこちらをご確認ください。)

5年度分のデータ保存用メディアを同梱

5年度分のデータ保存用メディアを同梱

6年度以降も引き続き、信頼のVerbatim製M-DISCをお買い求めください。

信頼のVerbatim製M-DISCをお買い求めください

生涯保存メディア Verbatim M-DISCはこちら

電子帳簿保存法対応アプリケーション「命名くん」 年間ライセンス3台用をバンドル

電帳法における検索要件※を満たすためのリネームツールと、電子取引データの長期保存を支援する書き込みツールの2つのツールからなるアプリケーションです。

※ 電帳法における検索要件
① 取引等の「日付・金額・取引先」で検索ができる
②「日付・金額」について範囲を指定して検索ができる
③「日付・金額・取引先」を組み合わせて検索ができる

命名くん リネームツール

命名くん リネームツール

データのプレビュー画面つき。電子取引データに記載されている取引先名や書類種別、金額等を確認しながらリネーム(ファイル名を変更)できます。

リネームの際に作業者の違いなどにより発生しがちな「入力のゆらぎ」を防止。取引先名などをプロファイル設定することにより、一貫性を保ったリネームが可能になります。

命名くん 書き込みツール

命名くん 書き込みツール

リネームしたファイルを定期的または任意のタイミングで、ブルーレイディスクに書き込みます。

「命名くん」以外で書き込んだデータを検知。意図しない書き込みの発見に役立ちます。

※命名くんが書き込めるメディアはM-DISCを含むBD-Rメディアのみです。

ライセンスについて

ライセンスについて

命名くんは1年更新の有料ソフトウェアです。
ただし、2023年12月31日までに本アプリケーションのライセンス登録をしていただくと、2024年12月31日まで無料で使用できる特典付きの年間ライセンスです。2025年1月1日以降も継続してご利用いただく場合は、別途有料の年間ライセンスを追加でご購入ください。

※ 命名くんをインストールできるPCは3台です。
※ アプリケーションはダウンロード提供となります。 アプリケーション利用時はインターネットへの接続環境およびユーザー登録が必要となります。

電子帳簿保存法対応アプリケーション「命名くん」の詳細はこちら

3つの “お客さま支援” ツールをご用意

① まずはお試し!「命名くん 体験版」

まずはお試し!「命名くん 体験版」

購入前にお試しできる「命名くん 体験版」をご用意。
製品版との機能差はなく、6ヶ月間無料で利用可能です。

⇒ 体験版のダウンロードはこちらから

② 定期開催! 法人さま向け「オンライン電帳法セミナー」

定期開催! 法人さま向け「オンライン電帳法セミナー」

法人さま向けに、電帳法対策を徹底解説したオンラインセミナーを開催中。
最新情報を都度反映し、継続的に実施しております。

⇒ 開催予定一覧・申し込みはこちらから

③ これさえ読めば電帳法に対応できる!「ホワイトペーパー」を無償提供

個人事業主さま・小規模事業者さま向けに、本商品を使った電子取引の取引データ保管手順をまとめた「ホワイトペーパー」を無償でご提供いたします。

真実性を社内事務処理規程の運用で担保し、電帳法対応アプリ「命名くん」で検索性を確保しながら、100年メディア「M-DISC」で長期保管を行う手順がまとまっており、本商品と一緒にご利用いただくことで電帳法に対応した保管運用をすぐに開始することができます。

⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

これさえ読めば電帳法に対応できる!「ホワイトペーパー」を無償提供

企業規模や、日々の業務書類の数に応じて、ぴったりの電帳法ソリューションセットをご用意!

日本で頑張っている386万社の皆様の為に電帳法対応のためのソリューションをご用意しています。まだ、分からない、知らない、と不安を抱えている皆様は、ぜひアイ・オーにご相談ください。

小規模事業主の電帳法対応をアシスト

企業規模や、業務書類の量に応じて「タイムスタンプセレクト」「電子保存セレクト」「電子保存ライト」の3つのソリューションをご用意しております。

電帳法ソリューションの詳細はこちら

このページのトップへ
PC版を表示