EasyDisk動作確認済みソフトウェア一覧

2019年9月4日現在

○:対応 -:非対応または未検証 ■:確認中

ソフト名 バー
ジョン
EasyDiskシリーズ
ED-SV4/R ED-S4/MOTR ED-SV3 ED-SV3/C ED-CCV ED-HB
ED-S4/R
ED-V4/R ED-S3
ED-E4/R
ED-SV4 ED-V3 ED-V3/C ED-SC3
ED-S4
ED-V4 ED-E3
ED-E4
MOTEX
LanScope Cat 8.2
8.1
8
7
6 ○※4
Sky
SKYSEA Client View 11.2
10.1
10
9.2200
9.2100
9.2 ○※2
8.2
7.1
クオリティソフト
ISM CloudOne
QND Advance
eXWP
富士通ソフトウェアテクノロジーズ
Port shutter ○※4
ALSI
InterSafe DeviceControl 4.30.03 ○※5
4.30.02 ○※5
InteSafe SecureDevice ○※1 ○※3
ラネクシー
Device Lock  
南日本情報処理センター
SecureSeed
石川コンピュータ・センター
パソコン警備隊
インターコム
MaLion 4.3
3
ソフォス
Endpoint Protection ○※4
株式会社ディー・オー・エス
System Support best1(SS1) 9.0.4
デバイスシャッター 1.1.0
株式会社ライフボート
LB USBロックシリーズ

※1 ED-E4/R、ED-E4のみ対応。
※2 ED-E3のみ対応。
※3 ED-S3のみ対応。
※4 ED-V3/Cのみ対応。
※5 ED-SC3のみ対応。
※制限事項がある場合がございますので、詳細は各ソフトウェアメーカーのページをご参照ください。

動作確認済みソフトウェア詳細

エムオーテックス株式会社製「LanScope Cat」


本商品はエムオーテックス株式会社の「LanScope Cat」(Ver7、Ver8)で動作確認済みです。LanScope Catシリーズは9年連続市場シェアNo.1の実績を持つネットワークセキュリティツールで、資産管理・操作ログ管理・デバイス制御等、ネットワーク管理に必要な機能をすべて備えています。

■ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
LanScope Cat 詳細(エムオーテックス社ホームページ)

Sky株式会社製「SKYSEA Client View」


本商品はSky株式会社のクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」で動作確認済みです。「SKYSEA Client View」は使いやすさをコンセプトに資産管理・ログ管理をはじめとする情報漏洩対策に必要な機能が一つになったソフトウェアです。

■ソフトウェア詳細およびお問い合わせは下記リンクをご参照ください。
SKYSEA Client View詳細(Sky社ホームページ)
動作検証済みUSBメモリー(Sky社ホームページ)

クオリティソフト株式会社製 「QND」「ISM CloudOne」


統合型IT資産管理ツール「QND」

PC・スマートデバイスなどの運用管理を支援するIT資産管理ツールです。
外部メディア制御機能により、本商品のようなセキュアなUSBメモリーにのみ情報の保存を許可することで、安全な情報の持ち出しを可能にします。
また、端末利用時の管理が必要なソフトウェアのライセンス管理や、クライアントの操作ログ取得も可能で、企業のコンプライアンスやセキュリティを守ります。

■ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
QND詳細(クオリティソフト社ホームページ


クラウド型マルチデバイスセキュリティ管理サービス「ISM CloudOne」

支店や海外拠点など、社内外に点在するデバイスを一元管理し、セキュリティ対策が可能なIT資産管理サービスです。
USBメモリーだけではなく、CD/DVDや外付けハードディスクなど幅広いデバイスの制御が可能です。外部デバイスの読み/書き制御や利用状況の把握など安全な運用もサポートして います。
また、企業利用端末の脆弱性診断や、スマートデバイス管理も可能であり、企業端末をセキュアに管理することが出来ます。

■ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
ISM CloudOne詳細(クオリティソフト社ホームページ

富士通ソフトウェアテクノロジーズ社製「Portshutter」

富士通ソフトウェアテクノロジーズ社製「Portshutter」

本商品は富士通ソフトウェアテクノロジーズ社の情報漏えい対策ソフト「Portshutter」で動作確認済みです。パソコンの各種ポートを制限し、記憶媒体による情報の持ち出しを制限することができます。
USBメモリーは個々のデバイス単位での制御が可能です。「会社の機密情報や個人情報の流出が心配」、「会社で指定したセキュアUSBメモリーのみを利用させたい」などの悩みを解決します。

■ソフトウェア詳細およびお問い合わせは下記リンクをご参照ください。
Portshutter詳細(富士通ソフトウェアテクノロジーズ社ホームページ)

アルプス システム インテグレーション社製「InterSafe ILP」

アルプス システム インテグレーション社製「InterSafe ILP」

「InterSafe ILP」は情報の持ち出し制御と持ち出し後の安全担保により、多層的な情報漏洩対策を実現するソフトウェアです。
デバイス制御やファイルの持ち出し申請・承認ワークフロー、ファイル暗号化ソフト、セキュリティUSB作成ソフトなどを一元管理し、重要データや個人情報などの流出防止と万一の流出後に備えます。

■ソフトウェア詳細およびお問い合わせは下記リンクをご参照ください。
InterSafe ILP 詳細(アルプス システム インテグレーション社ホームページ)
セキュリティUSB作成ソフト InterSafe SecureDevice Ultimate
デバイス制御ソフト InterSafe DeviceControl

株式会社ディー・オー・エス「デバイスシャッター」「SS1」

「System Support best1(SS1)」

System Support best1(SS1)

株式会社ディー・オー・エスの「System Support best1(SS1)」で動作確認済みです。 IT資産を漏れなく効率的に管理できるソフトウェアは、Officeソフトのような感覚で直感的に操作できるため、快適なIT資産管理がすぐにはじめられます。

■ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
SS1詳細(株式会社ディー・オー・エスホームページ)

「デバイスシャッター」

デバイスシャッター

株式会社ディー・オー・エスの「デバイスシャッター」と動作確認済みです。USBポートに接続されるUSBメモリーやCD/DVDドライブ、タブレット端末などの外部デバイスへのデータコピーを制限することができ、個人情報や情報資産などの不正持ち出しや、盗難・紛失による情報漏洩を防止できるソフトウェアです。

■ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
デバイスシャッター詳細(株式会社ディー・オー・エスホームページ)

株式会社ライフボート「LB USBロックシリーズ」

ライフボート「LB USBロックシリーズ」

「LB USBロックシリーズ」は、USBフラッシュメモリー等のUSB接続ストレージの使用をコントロールするためのソフトです。簡単な設定画面からホワイトリスト(許可リスト)を作成して、使用を許可するストレージを制限したり、読み取り専用設定をしたりすることができます。また、設定変更やアンインストールの際に必要な認証方法として、パスワードの他に鍵デバイスでの認証に対応し、複数の認証方式を組み合わせた2要素認証を利用できる製品や、USBストレージにデータをコピーする際に強制的に暗号化を実行させる製品をラインアップしております。

■ソフトウェア詳細およびお問い合わせは下記リンクをご参照ください。
LB USBロックシリーズ詳細(株式会社ライフボート社ホームページ)

このページのトップへ
PC版を表示