Windows用 Qwatch(クウォッチ)視聴アプリQwatch Monitor

Qwatch Monitor

「Qwatch Monitor」は対応するネットワークカメラQwatch(クウォッチ)(※1)をWindowsパソコンで使用できる無料のアプリです。
リモート視聴に対応し、離れた場所に設置したカメラもインターネットを経由して視聴可能。
最大16台のカメラの映像を同時表示できるので、事業所や病院、学校などの施設内に複数のQwatchを設置する場合などに活躍します。

※1対応するQwatchの型番はソフトウェア仕様をご確認ください。

本ソフトウェアはこちらよりダウンロードしてご利用ください。

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
Qwatch Monitor 無料   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

近くのカメラも遠隔地のカメラもアプリひとつで表示

リモート視聴対応

リモート視聴に対応し、離れた場所に設置したカメラもインターネットを経由して視聴可能。支社や支店、離れた拠点に設置したカメラも、一カ所でまとめて見ることができます。
リモート視聴の登録は、設定画面より管理したいQwatchのMACアドレスを入力するだけの簡単設定です。

遠隔地のカメラも一括管理

最大16台まで同時に表示!遠隔地のカメラ映像も!

ネットワークカメラは最大で16台まで表示することが可能です。また、同時に表示させる台数はトップ画面で簡単に切り替えることができます。

ネットワークカメラは最大で16台まで表示することが可能です。

同一ネットワークのものだけではなく、遠隔地のカメラの映像もまとめて見られます。店舗や工場のライン、オフィスなどを離れた場所からまとめてチェックしたい場合にご活用いただけます。

Qwatchをパソコンで使用するのに最適!

アイ・オー・データ社内でも大画面でのカメラ表示が活躍中!

アイ・オー・データでは働き方改革の一環として、Qwatchと大画面を離れたオフィスでの実際の業務に活用しています。

[営業部] 北陸営業課と大阪営業所

映像は全て暗号化

大阪営業所の取引先様からの電話を転送し、北陸営業課のスタッフが一括で受けているため、大阪営業所員の在・不在の確認に利用しています。

[本社販売促進部]本社オフィスと東京オフィス

映像は全て暗号化

販売促進課は、金沢本社勤務者と、東京オフィス勤務者がいるため、課内の意思疎通や、在・不在の確認に利用しています。

[総務課] 本社と第2ビルの来客確認

本社(第1ビル)と第2ビルの受付を無人化しているため、来客の確認等をQwatchで行っています。

QRコードを読み込むだけで設定完了!

全画面表示もOK!カメラ映像の「自動切り替え」表示もできる!

トップの「全画面表示」ボタンをクリックすると、カメラの映像を全画面で表示できます。
また、画面数より登録したカメラの数が多い場合は、自動でカメラの映像を1台ずつ順番に切り替えて表示します。表示時間は3~60秒で設定することができます。

全画面表示にすると、音声も聞くことができるので、より詳しい状況を知ることができます。

全画面表示もできる。自動切り替えも対応

フルスクリーン状態での起動に対応

アプリ起動時からフルスクリーン状態で起動できるモードを搭載。カメラ映像確認専用にパソコンをご利用いただく場合などに便利です。

※Qwatch MonitorをVer.1.10以降にアップデートしてご利用ください。

便利な機能

スケジュールシャットダウン対応

スケジュールシャットダウン対応

任意の時間にパソコンをシャットダウン可能。設定した時刻の0 ~ 30 秒後に自動的にシャットダウンします。退社時のパソコンの消し忘れ防止などに役立ちます。

※Qwatch MonitorをVer.1.10以降にアップデートしてご利用ください。

設定情報のインポート/エクスポートに対応

アプリの設定情報をインポート/エクスポートすることができます。複数パソコンで本アプリを利用する際や設定情報のバックアップにご利用いただけます。

ソフトウェア仕様

<推奨スペック(※)>
CPU:intel core i3 -6100以上、または同等以上のプロセッサ
メモリ(RAM):4GB以上
ディスプレイ:1280×1024以上の解像度
※カメラ4台を同時視聴する場合の推奨スペックになります。

<対応OS>
Windows 11 / Windows 10 / Windows 7 SP1以降


このページのトップへ
PC版を表示