I-O DATA MAGAZINEを振り返る

I-O DATA MAGAZINEを振り返る

(記事公開日:2018年12月26日)

I-O DATA MAGAZINEは、オリジナル編集のWEB情報マガジンとして2015年7月に創刊。2018年11月に100号までくることができました。創刊より約3年、ここまで継続することができたのも、いつもI-O DATA MAGAZINEを楽しみにしていただいている皆様のおかげだと感じています。本当にありがとうございます。

今回は創刊から100号まで振り返り、想い出に残っていることを書いていきたいと思います。

創刊した2015年はWindows 10提供開始、Windows 95が発売されて20周年の年

I-O DATA MAGAZINEが創刊した2015年はWindowsにとって2つの大きなトピックがありました。1つはWindows 10の誕生、もう1つはWindows 95誕生からちょうど20年目だったということです。

記念すべき第1号の内容もWindows 10のことでした。Windows 10は2015年7月29日(日本時間7月30日)に提供開始、Windows 7、Windows 8/8.1のユーザーは無償アップデートができる(1年限定)というものでした。

記念すべき第1号

当社サイトを調べてみると、2015年当時、Windows 10からのアクセスはWindowsユーザーの12%程度でしたが、2018年は53%と最も多く、ここ3年で利用者が増えてきたことがわかります。

Windows 7のサポートは東京オリンピックが開催される前、2020年1月14日で終了することを考えれば、今後ますますWindows 10への移行は進んでいくことでしょう。

Windows 95についても発売された深い想い出があります。それは、発売された1995年は当社が半導体メモリーの主力メーカーから総合周辺機器メーカーとして成長するという大きな転機となりました。Windows 95の販売で一気に増えたPCユーザーに対して「少しでも早く、少しでも大容量」の要望に応えるべく、ハードディスク市場へ参入。1995年の「HDSシリーズ」は一気に大きなシェアを得ることができました。

Windows 95の発売 当時のハードディスク

ご参照:I-O DATA MAGAZINE第9号

トレンド情報やユーザーの疑問や問題を解決していくコンテンツ

このように、I-O DATA MAGAZINEは単なる商品レビューにとどまらず、トレンド情報や、ユーザーのみなさんの立場になって疑問や問題を解決していくコンテンツにしていこうと考えました。

その思いを強く持ち、書き上げたのが第11号「CDレコWi-Fi/よくある質問(初心者篇) CDレコWi-Fiは無線ルーターがないと使えないという誤解」です。

CDレコはPCレスで音楽CDをスマホに取り込める画期的な商品として2014年4月に発売され、その後も様々な進化を遂げています。若者から中高年層まで幅広く利用され、人気商品となっています。
ご参照:CDレコの歴史

歴代のCDレコ

(写真)歴代のCDレコ ※左から歴史順

現在はiPhoneやUSB Type-CのAndroidでも使えるケーブル接続タイプのCDRI-LU24IXAがあり、Wi-Fiモデルと選択してもらうことができますが、当時はWi-Fiモデルが主流でWi-Fi(無線LAN)ルーターがないと利用できないと思った人も多くいました。

CDレコ「CDRI-W24AI2シリーズ」

(写真)CDレコ 11ac対応でワイヤレスでも高速取り込みができるWi-Fiモデル「CDRI-W24AI2シリーズ」

そこで無線LANルーターがなくても音楽CDをスマホに直接取り込めるということを記事にしたところ、多くの方に理解をいただきました。編集員としてユーザーのみなさまの困りごとや悩みに役立てた実感があり、とてもうれしかったのを憶えています。

困っていることを顕在化できた記事

同じように困りごと解決という意味では、2015年の年末に書いたI-O DATA MAGAZINE第29号の「(無線LAN中継機)お風呂や寝室でも「届かない」「弱い」を解決。」が大反響でした。

無線LAN中継機(WN-G300EXP)

(写真)無線LAN中継機(WN-G300EXP)

本記事をfacebookで紹介したところ、またたく間にシェアが広がり、「いいね!」が数千つき、facebook naviにも取り上げられ、さらに拡散、驚くような反響がありました。本商品は2014年に発売されたものですが、この記事がきっかけとなって再ブレイク。みなさんの困っていることも改めて知ることができました。その後、発売された11ac対応の無線LAN中継機WN-AC1167EXPも同様に人気商品となっています。

眠っている大切な想い出を今へ

反響の大きさということでは、第34号の「PC不要でVHSテープをAndroidスマホへ直接ダビング」第47号「実家の両親のためにアナレコ(GV-USB2/A)でVHSテープを簡単デジタル化」も想い出深いです。本商品は昔のテレビ番組を録りためたVHSテープや、想い出のつまった8mmビデオテープを、デジタル化してAndroid搭載のスマホやタブレットにパソコン不要で簡単に保存できる、USB接続のビデオキャプチャーです。

ビデオキャプチャー「アナレコ」GV-USB2/A

(写真)Android対応USB接続ビデオキャプチャー「アナレコ」GV-USB2/A

私自身も子どもの頃に録画したテレビ番組のVHSテープや文化祭などの8mmビデオテープが多く残っていました。このアナレコのおかげで久しぶりに観ることができ、想い出が蘇ってきました。きっとみなさんも多くの映像が残っていて、かんたんに今のタブレットやスマホで観たいという思いがあったのでしょう。反響の大きさはその思いの表れだと感じました。

クラウド時代にNASのあるべき姿をカタチにしたHDL-AAシリーズ

商品として発売前から注目が高かったのは、2016年に発売されたNASのHDL-AAシリーズです。

世の中はクラウド時代でNASの存在意義を再考する中、NASに求められるのは、読み書きの速さ(ストレスレス)とバックアップ先としてのデータの安全性。その点をシンプルに捉え、当時の最高技術を結集したのがHDL-AAシリーズでした。I-O DATA製のNASとしては当時5年ぶりの刷新で、注目が高く、多くの人に利用していただいています。

HDL-AAは読み書き共に速いので、データのやりとりのストレスがありません。様々なバックアップ機能を提供し、旧NASからのデータ移行も非常に簡単です。
ご参照:第53号「買い替え時に便利」 第57号「撮りためた家族の動画を一気にコピー」 第64号「2ドライブモデル HDL2-AA」

私も個人的に2ドライブモデル「HDL2-AA」を利用していますが、読み書きの速さだけでなくNASとしての安定性やクラウド連携など機能の豊かさにとても満足しています。

デュアルコアCPU搭載のNAS 2ドライブモデルHDL2-AA

(写真右)デュアルコアCPU搭載のNAS 2ドライブモデルHDL2-AA

データが大容量化する中、NASは今後も様々な進歩を求められます。私たちはこのI-O DATA MAGAZINEを通じて、ユーザーのみなさんの要望を捉えていきたいと考えています。

開発者の声をみなさまに届ける

いつも編集員である私たちが記事を書いていますが、時にはI-O DATAの中の人、開発メンバーにフォーカスをあて、商品のこだわりを語ってもらいました。

IoT(Internet of Things)の先駆けとなりテレビ番組「マツコの知らない世界」でも話題になったネットワークカメラQwatchのこと(第10号「開発者の目から見たネットワークカメラQwatch(クウォッチ)」)やWi-Fi無線LANルーターの360コネクト開発秘話(第60号「つながりやすさを追求した360コネクト搭載、無線LANルーターWN-AX1167GR」)には開発者の想いの深さが伝わってきました。

ネットワークカメラ「Qwatch(クウォッチ)」TS-WRLP

(写真)ネットワークカメラ「Qwatch(クウォッチ)」TS-WRLP

無線LANルーターWN-AX1167GR

(写真)IPv6(IPoE)対応360コネクト無線LANルーターWN-AX1167GR

開発は商品を出して終わりではなく、常にユーザーの皆様の期待に応えていこうと日々精進しております。ここで紹介したQwatchは新たに、屋外対応モデル(TS-NA220W Wi-Fi対応モデル)(TS-NA220 PoE対応有線モデル)が発売されました。また、360コネクトも3年保証・IPv6対応のWN-DX1167Rが発売されるなど、様々な要望に応えられるように、商品ラインアップを充実してきています。

実際に使って、使い方を提案する

液晶モニター、ディスプレイの記事も人気です。第94号の「【43/49/55型サイズ徹底比較】設置場所に悩む4K大画面ディスプレイ」では現在のデュアルモニターを1台の大型液晶に置き換えて記事にしたところ、好評を得ました。私たち自身も大画面で表示領域が広いことでExcelなどの作業効率が上がることも感じ取れました。

大型液晶モニターでPC作業

(写真)大型液晶モニターでPC作業。広い表示領域と鮮やかな映像が魅力

液晶ディスプレイはさらに大型化、進化を遂げており、この記事を書いた時にはなかった、4K対応&ADSパネル採用65型(可視領域64.5型)4Kワイド液晶ディスプレイLCD-M4K651XDBが発売されました。HDR 10(ハイダイナミックレンジ)信号入力に対応し、スピーカー(10W+10W)を搭載。AV機器やパソコンなど様々な機器との接続性も抜群です。

LCD-M4K651XDB

(写真)LCD-M4K651XDB

4Kディスプレイも65型と、ここまで大画面化することができました。本商品であれば臨場感あふれる美しい映像を迫力の大画面でご堪能いただけます。新4K衛星放送対応チューナーREC-ON(HVT-4KBC)と組み合わせて新4Kテレビ用としても、楽しむことができます。

新4K衛星放送対応チューナー「REC-ON」HVT-4KBC

(写真)新4K衛星放送対応チューナー「REC-ON」HVT-4KBC

今回はI-O DATA MAGAZINEの創刊から3年間を一気に振り返ってみました。全てのコンテンツを見直して、1本の記事にするまでの試行錯誤が走馬灯のように思い出されました。少しでもみなさんのお役に立てているのであれば幸いです。

これからも商品のことはもちろんのこと、みなさんの困りごとの解決やトレンド情報など独自の編集で書いていきたいと思います。2020年には東京オリンピックもあります。4K対応の65型液晶のレビューのことも書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップへ
PC版を表示