Q&A

テレビやレコーダーなどで使用していたハードディスクを、パソコンで使用したいのですが?
【Windows】
<参考>

テレビやレコーダーなどでご使用になったハードディスクは、そのままでは
パソコンでご使用いただけません。
パソコンでフォーマット(初期化)をし直すことで、お使いいただけるように
なります。
※フォーマット(初期化)することでデータ消去を伴います。
※テレビやレコーダーとパソコンで共用することはできません。

テレビやレコーダーの種類はこちらを確認してください。

=====================================
【フォーマット(初期化)手順】

フォーマット(初期化)を行なうと、中のデータは全て消去されます。

※誤消去を防ぐため、ほかのUSB機器は、極力外してから操作することを
 強くおすすめ致します。

※添付のセットアップガイドや、弊社ホームページにて、お使いの製品が
 「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」に対応しているかご確認の
 上、お使いいただきますようお願い致します。


1.お使いのハードディスクをパソコンに接続します。

2.I-O_DATA_ハードディスクフォーマッタのダウンロードページにアクセスします。

3.ご使用のOSを選択します。

4.[ダウンロード]ボタンをクリックします。

5.[保存]をクリックし、デスクトップやマイドキュメントなど、分かりやすい
 場所に保存します。

6.上記手順4 で保存した場所に[iohdddfmt….exe(例:iohdddfmt201.exe)]
 アイコンが表示されますので、そちらをダブルクリックします。

7.デスクトップ画面上に[iohdddfmt…(例:iohdddfmt201)]フォルダが表示
 されますので、そちらをダブルクリックします。
 次に、その中にある[HDDFMT(.exe)]アイコンをダブルクリックします。
 ※Windows 7/Vistaで、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された
  場合は、[はい(続行)]ボタンをクリックします。

8.フォーマットするハードディスクを選択後、[次へ]ボタンをクリックし
 ます。
/support/qanda/images/16470/3.gif


9.[フォーマット形式]を「NTFS」もしくは「FAT32」、
 [パーティション形式]は「MBR」を選択し、[次へ]ボタンをクリックし
 ます。
 --------------------------------------------
 ※フォーマット形式選択の際には、下記も参考にしてください。
  なお、対象となるOSは製品の対応OSに準じます。

  ■Windows 7/Vista/XP/2000のみでお使いの場合
   →推奨:NTFSフォーマット。

  ■Mac OS 10.4以降とWindowsにて共有する場合、もしくは、
   Windows Me/98SE/98にてお使いの場合
   →推奨:FAT32フォーマット

フォーマット形式 FAT32 大部分のOSで認識できます。
1ファイルの最大容量が4GB。
作成ファーティションの最大サイズが2TB。
NTFS 出荷時はこの形式でフォーマットされています。
セキュリティが高く、FAT32よりも高速です。
Windows Me/98/95、Mac OSでは認識できません。
exFAT Windows Vista SP1、Server 2008のみ対応。
FAT32の最大容量、サイズを拡張したものです。
外部フラッシュメモリー等をフォーマットするときに選択します。
パーティション形式 MBR 従来形式です。
ほとんどのOSで扱えます。
2TB以上の容量は扱えません。
GPT 新規にできた形式です。
2TB以上のパーティションも作成出来ます。
※2TB以上のハードディスクの場合に選択できます。

 --------------------------------------------

10.メッセージを確認し、[はい]ボタンをクリックします。
(画面例:フォーマット形式「FAT32」、パーティション形式「MBR」とした場合)
/support/qanda/images/16470/5.gif


11.フォーマットすると本製品の中のデータは全て消えてしまいます。
  問題なければ、[注意事項に同意します]をチェック後、[次へ]をクリッ
  クします。
/support/qanda/images/16470/6.gif


12.[実行]ボタンをクリックすると、フォーマットを開始します。
/support/qanda/images/16470/7.gif


13.[完了]ボタンをクリックします。
/support/qanda/images/16470/8.gif


14.製品をパソコンから取り外し、再接続します。


以上で、『I-O DATA ハードディスクフォーマッタ』によるフォーマットが
完了しました。[コンピュータ(マイコンピュータ)]アイコンをダブルクリッ
クし、ハードディスクのアイコンが表示されているか確認してください。

=====================================
Q&A番号 16627
このQ&Aの対象製品 AVHD-A1.0U AVHD-A2.0U AVHD-AC1.0 AVHD-AC2.0 AVHD-AUSQ2.0 AVHD-AUSQ3.0 AVHD-AUT1.0 AVHD-AUT1.0/Q AVHD-AUT1.0B AVHD-AUT2.0 AVHD-AUT2.0B AVHD-AUT3.0 AVHD-AUT3.0B AVHD-AUTB1 AVHD-AUTB1S AVHD-AUTB2 AVHD-AUTB2S AVHD-AUTB3 AVHD-AUTB3E AVHD-AUTB3S AVHD-AUTB4 AVHD-AUTB4S AVHD-P1.0U AVHD-P1UTSQ AVHD-P2.0U AVHD-P2UTSQ AVHD-P500U AVHD-U1.0 AVHD-U1.0Q AVHD-U1.0QKS AVHD-U1.0V AVHD-U1.0VKS AVHD-U1.5 AVHD-U1.5-P AVHD-U1.5Q AVHD-U2.0 AVHD-U2.0Q AVHD-U2.0V AVHD-U2.0VKS AVHD-U500 AVHD-U500Q AVHD-U500QKS AVHD-UR1.0 AVHD-UR1.0B AVHD-UR1.0C AVHD-UR2.0 AVHD-UR2.0B AVHD-UR2.0C AVHD-UR3.0 AVHD-UR3.0C AVHD-URSQ2 AVHD-URSQ3 AVHD-URSQ4 AVHD-USQ2.0 AVHD-USQ3.0 AVHD-UT1.0 AVHD-UT1.0E AVHD-UT1.0KS AVHD-UT2.0 AVHD-UT2.0E AVHD-UT2.0KS AVHD-UTB1KS AVHD-UTB2 AVHD-UTB2/EX AVHD-UTB2KS AVHD-UTB3 AVHD-UTB3/EX AVHD-UTB3KS AVHD-UTSQ2 AVHD-UTSQ4 AVHD-UTSQ6 AVHD-VR2.0 AVHD-VR3.0 AVHD-VR32.0 AVHD-WR2 AVHD-WR3 AVHD-WR4 AVHD-ZR04 AVHD-ZR08 AVHD-ZRC5 AVHD-ZRC7 AVHD-ZRC9 HDC-AE1.0K HDC-AE2.0K HDC-AE3.0K HDC-AET2.0K HDC-AET3.0K HDC-EU1.0K HDC-EU1.0N HDC-EU1.5N HDC-EU2.0K HDC-U1.0LE HDC-U160 HDC-U250 HDC-U300 HDC-U320 HDC-U320/M HDC-U400 HDC-U500 HDC-U500/M HDC-UX160 HDC-UX250 HDC-UX300 HDC-UX320 HDC-UX320A HDC-UX400 HDC-UX500 HDC-UX500A HDC-UX750 HDCA-L1.0UK HDCA-L1.0UKKS HDCA-L1.0UW HDCA-L1.5UK HDCA-L1.5UW HDCA-L2.0UK HDCA-L2.0UKKS HDCA-L2.0UW HDCA-L3.0UK HDCA-L3.0UW HDCA-U1.0CK HDCA-U1.0CW HDCA-U1.0K HDCA-U1.0W HDCA-U2.0CK HDCA-U2.0CW HDCA-U2.0K HDCA-U2.0W HDCA-U3.0CK HDCA-U3.0CW HDCA-U3.0K HDCA-U3.0W HDCA-UT1.0K HDCA-UT2.0K HDCA-UT3.0K HDCA-UT4.0K HDCL-UT1.0K HDCL-UT1.0KB HDCL-UT1.0KC HDCL-UT1.0W HDCL-UT1.0WB HDCL-UT1.0WC HDCL-UT2.0HQ HDCL-UT2.0K HDCL-UT2.0KB HDCL-UT2.0KC HDCL-UT2.0W HDCL-UT2.0WB HDCL-UT2.0WC HDCL-UT3.0HQ HDCL-UT3.0K HDCL-UT3.0KB HDCL-UT3.0KC HDCL-UT3.0W HDCL-UT3.0WB HDCL-UT3.0WC HDCL-UT3/H HDCL-UT4.0K HDCL-UT4.0KC HDCL-UT4.0W HDCL-UT4.0WB HDCL-UT4.0WC HDCL-UT4/H HDCL-UT5.0KB HDCL-UT5.0WC HDCL-UT5/H HDCL-UT6.0KB HDCL-UT6.0KC HDCL-UT6/H HDCL-UTE1K HDCL-UTE1W HDCL-UTE2K HDCL-UTE2W HDCL-UTE3K HDCL-UTE3W HDCL-UTE4K HDCL-UTE4W HDCL-UTE5K HDCL-UTE5W HDCL-UTE6K HDCL-UTE6W HDCR-U1.0 HDCR-U1.0-P HDCR-U1.0E HDCR-U1.0EK HDCR-U1.0K HDCR-U1.5 HDCR-U1.5E HDCR-U1.5EK HDCR-U1.5K HDCR-U2.0 HDCR-U2.0E HDCR-U2.0EK HDCR-U500 HDCR-U500E HDCR-U500EK HDCR-U500K HDCR-U500KS HDCY-UT1K HDCY-UT2K HDCY-UT3K HDCZ-UT1K HDCZ-UT1KB HDCZ-UT1KC HDCZ-UT1W HDCZ-UT1WB HDCZ-UT1WC HDCZ-UT2K HDCZ-UT2KB HDCZ-UT2KC HDCZ-UT2W HDCZ-UT2WB HDCZ-UT2WC HDCZ-UT3K HDCZ-UT3KB HDCZ-UT3KC HDCZ-UT3W HDCZ-UT3WB HDCZ-UT3WC HDCZ-UT4K HDCZ-UT4KB HDCZ-UT4KC HDCZ-UT4W HDCZ-UT4WB HDCZ-UT4WC HDCZ-UT6K HDCZ-UT6KB HDCZ-UT6KC HDCZ-UT6W HDCZ-UT6WB HDCZ-UT8KC HDCZ-UTL2K HDCZ-UTL2K/E HDCZ-UTL2KC HDCZ-UTL3K HDCZ-UTL3K/E HDCZ-UTL3KC HDCZ-UTL4K HDCZ-UTL4K/E HDCZ-UTL4KC HDCZ-UTL6K/E HDCZ-UTL6KC HDCZ-UTL8K/E HDD-UT1K HDD-UT1W HDD-UT2K HDD-UT2W HDD-UT3K HDD-UT3W HDD-UT4K HDD-UT4W HDD-UT6K HDD-UT8K HDEL-UT2B HDEL-UT2BRB HDEL-UT2NVB HDEL-UT2OR HDEL-UT2ORB HDEL-UT2W HDEL-UT2WB HDEL-UT3B HDEL-UT3BRB HDEL-UT3NVB HDEL-UT3OR HDEL-UT3ORB HDEL-UT3W HDEL-UT3WB HDEL-UT4B HDEL-UT4BRB HDEL-UT4NVB HDEL-UT4OR HDEL-UT4ORB HDEL-UT4W HDEL-UT4WB HDEL-UT5B HDEL-UT5BRB HDEL-UT5NVB HDEL-UT5OR HDEL-UT5ORB HDEL-UT5W HDEL-UT5WB HDEL-UT6B HDEL-UT6BRB HDEL-UT6NVB HDEL-UT6OR HDEL-UT6ORB HDEL-UT6W HDEL-UT6WB HDJA-UT1.0 HDJA-UT2.0 HDJA-UT3.0 HDJA-UT6.0W HDPC-AU1.0/T HDPC-AU1.0A HDPC-AU1.0BLA HDPC-AU1.0BRA HDPC-AU1.0KA HDPC-AU1.0L HDPC-AU1.0LBR HDPC-AU1.0RA HDPC-AU320 HDPC-AU320A HDPC-AU320BL HDPC-AU320BLA HDPC-AU320BR HDPC-AU320BRA HDPC-AU320K HDPC-AU320KA HDPC-AU320R HDPC-AU320RA HDPC-AU500 HDPC-AU500/T HDPC-AU500A HDPC-AU500BL HDPC-AU500BLA HDPC-AU500BR HDPC-AU500BRA HDPC-AU500K HDPC-AU500KA HDPC-AU500R HDPC-AU500RA HDPC-AU640 HDPC-AU640A HDPC-AU640BL HDPC-AU640BLA HDPC-AU640BR HDPC-AU640BRA HDPC-AU640K HDPC-AU640KA HDPC-AU640R HDPC-AU640RA HDPC-AU750 HDPC-AU750A HDPC-AU750BR HDPC-AU750BRA HDPC-AU750K HDPC-AU750KA HDPC-U320 HDPC-U320BL HDPC-U320BR HDPC-U320EK HDPC-U320K HDPC-U320R HDPC-U500 HDPC-U500BL HDPC-U500BR HDPC-U500EK HDPC-U500K HDPC-U500R HDPC-U640 HDPC-U640BL HDPC-U640BR HDPC-U640K HDPC-U640R HDPC-U750 HDPC-U750BR HDPC-U750K HDPC-UT1.0BR HDPC-UT1.0BRB HDPC-UT1.0BRC HDPC-UT1.0BRE HDPC-UT1.0K HDPC-UT1.0KB HDPC-UT1.0KC HDPC-UT1.0KE HDPC-UT1.0NSK HDPC-UT1.0R HDPC-UT1.0RB HDPC-UT1.0S HDPC-UT1.0SB HDPC-UT1.0SC HDPC-UT1.0SE HDPC-UT1.0W HDPC-UT1.0WB HDPC-UT2.0BRC HDPC-UT2.0BRE HDPC-UT2.0D HDPC-UT2.0KC HDPC-UT2.0KE HDPC-UT2.0SC HDPC-UT2.0SE HDPC-UT2DBBR HDPC-UT2DBK HDPC-UT2DBS HDPC-UT3DBBR HDPC-UT3DBK HDPC-UT3DBS HDPC-UT500BR HDPC-UT500BRB HDPC-UT500BRC HDPC-UT500BRE HDPC-UT500K HDPC-UT500KB HDPC-UT500KC HDPC-UT500KE HDPC-UT500R HDPC-UT500RB HDPC-UT500S HDPC-UT500SB HDPC-UT500SC HDPC-UT500SE HDPC-UT500W HDPC-UT500WB HDPC-UT500YK HDPC-UT500YS HDPL-UTA1K HDPL-UTA2K HDPL-UTA3K HDPL-UTA4K HDPR-U320 HDPR-U500 HDPT-UT1BR HDPT-UT1BR/E HDPT-UT1K HDPT-UT1K/E HDPT-UT1W HDPT-UT1W/E HDPT-UT2DBR HDPT-UT2DBR/E HDPT-UT2DK HDPT-UT2DK/E HDPT-UT2DW HDPT-UT2DW/E HDPT-UT3DBR HDPT-UT3DBR/E HDPT-UT3DK HDPT-UT3DK/E HDPT-UT3DW HDPT-UT3DW/E HDPT-UT500BR HDPT-UT500K HDPT-UT500W HDPT-UTS1BR HDPT-UTS1K HDPT-UTS1W HDPT-UTS2BR HDPT-UTS2K HDPT-UTS2W HDPT-UTS500BR HDPT-UTS500K HDPT-UTS500W HDPZ-UT1K HDPZ-UT2K HDPZ-UT3KD HDPZ-UT4KD HDUS-UT1.0BL HDUS-UT1.0K HDUS-UT1.0R HDW-UTC12 HDW-UTC16 HDW-UTC2 HDW-UTC4 HDW-UTC8 IVAV-500X2 IVS-250 IVS-500 PSHD-G500EO RHD-UX1.0T RHD-UX1.5T RHD-UX2.0L RHD-UX320 RHD-UX320A RHD-UX500 RHD-UX500A RHD-UX750 RHDM-320 RHDM-500 RHDM-IN/SA RHDM-U500 RHDM-U500HR RHDM-U500HV RHDM-US/EX RHDM-US/EX(H) RHDM-US/EXP RHDM-US/TE RHDM-UT/TE RHDM-UXS

このページのQRコードです。
スマホのカメラで読み取ることで、スマホでFAQを見ながらパソコンの操作ができます。

このページのトップへ
PC版を表示