録画用HDDの容量がいっぱいになったら

テレビの番組録画には、テレビ内蔵のハードディスクや外付けハードディスクが便利ですが、いくら大容量とはいえ、どんどん録り貯めていけば容量がいっぱいになり録画できなくなってしまいます。
新しくUSB接続のハードディスクを買い足すのも一つの方法ですが、録画した番組のバックアップし、さらに活用できる方法をご紹介します。

対応機種:RECBOX(HVL-AASHVL-S)、HDL2-AAHDL-AA

たまった番組はRECBOXに「ダビング」しよう

録画用のUSB接続ハードディスクがいっぱいになったら、不要な番組データを消去して残容量を増やすのがひとつの方法ですが、残しておきたいお気に入りの番組は、LAN接続型の録画用ハードディスク「RECBOX」にダビングするのがおすすめです。

たまった番組はRECBOXに「ダビング」しよう

地デジ番組のダビングができるのは、著作権保護のきまりから「DTCP-IP対応」の機器だけ。
「RECBOX」は、〈レグザ〉をはじめとするHDD録画対応テレビやパソコンなどからのダビングに対応しています。

RECBOXへのダビング対応テレビ

RECBOXへのダビング・ムーブ・再生等が可能な、テレビ・レコーダーはこちらからご確認ください。

テレビを買い替えても再生できる

テレビ内蔵のハードディスクやテレビ録画用の外付ハードディスクに録画した番組は、録画に使用したテレビ以外では再生することができません。

しかし、録画番組をRECBOXにダビングして保存しておけば、買い替えなどでテレビが変わっても再生できるので安心です。(DTCP-IP対応テレビのみ)

たまったテレビ・レコーダーの録画番組を簡単ダビング&引越し。DTCP-IP対応 録画用ネットワークHDD「RECBOX」(HVL-Sシリーズ)

このページのトップへ
PC版を表示