CDプレーヤーのないディスプレイオーディオ搭載車で音楽CDを聴く「CDレコ」

CDプレーヤーのないディスプレイオーディオ搭載車で音楽CDを聴く「CDレコ」

(写真)「CDレコミュージック」アプリでCD音楽を車中で聴く

(記事公開日:2021年5月6日)

みなさん、ドライブしながら楽しむ音楽はどうしていますか?ここ最近は、CDプレーヤーが搭載されていない車が増えてきており、カーオーディオがディスプレイオーディオに変わりつつある流れがあります。

詳細は割愛しますが、2019年カローラ以降のトヨタ車ではディスプレイオーディオが原則標準となっており、CD/DVDプレーヤーがついておりません。一部車種はオプションで提供されていますが、高額でなかなか手が出せないものとなっております。
※車種の一例:ハリアー最新モデル、RAV4 PHV、アルファード、ヤリス、ヤリスクロス、カローラ、カムリ、CH-R、RAV4など(2021年4月当社調べ)

このディスプレイオーディオは、スマホと連携して使うことを前提に設計されており、これまで通り、音楽CDを聴きたいという方にとっては悩ましいところです。オプションで装着可能ではありますが、決して安いものではありません。

トヨタディスプレイオーディオで
音楽CDを聴く方法

トヨタディスプレイオーディオでは直接CDを再生できないですが、パソコンでソフトを使ってデータ化すれば聴くことができます。主な方法をピックアップしてみました。

  • USBメモリーに入れて聴く
  • Androidスマホで再生する
  • iPhoneで再生する

ソフトで変換した音楽データは、USBメモリーであれば、ディスプレイオーディオのスロットにメモリーを挿して再生し、スマホの場合は、USB接続またはBluetooth接続し専用アプリを使って再生します。

手間いらずの「CDレコ」なら、もっと簡単!

先にご紹介した方法の場合、パソコンを使ってデータ化したあと、USBメモリーやスマホにコピーしないといけないので、とても面倒で手間がかかります。パソコンが苦手な方には、少しハードルが高いことです。

でも、I-O DATAで人気のスマホ用CDレコーダー「CDレコ」を使えば、パソコン不要で、音楽CDを直接スマホへ取り込むことができます。

あとは、トヨタディスプレイオーディオとBluetooth接続するだけで取り込んだ音楽CDを楽しめます。一度設定しておけば、車に乗り込むだけで自動接続されて再生できます。

「CDレコ」は、iPhone・Androidスマホ、ウォークマン®に対応し、取り込みと再生は、無料の「CDレコミュージック」アプリを使います。

(ご参考)

今回は、この「CDレコ」を使って音楽CDを取り込んだスマホを、車のディスプレイオーディオとBluetooth接続して再生する方法をご紹介します。全体イメージは次のような感じです。

全体イメージ 全体イメージ

(全体イメージ)

実際にディスプレイオーディオで、CDレコミュージックを再生する手順をご紹介します。スマホはiPhoneを使い、事前に「CDレコミュージック」アプリをインストールし、音楽CDを取り込んでおきます。

iPhoneとディスプレイオーディオを
Bluetooth接続でペアリングする

はじめに、ディスプレイオーディオでiPhoneが使えるようにペアリング(機器登録)を行います。

エンジンをかけた直後

(写真)エンジンをかけた直後

【1】エンジンをかけると、ディスプレイオーディオが起動します。

[MENU]ボタンを押す

(写真)[MENU]ボタンを押す

【2】まずは、スマホとディスプレイオーディオをBluetooth接続でペアリングを行います。ディスプレイオーディオが起動したら、[MENU]ボタンを押します。

メニュー画面

(写真)メニュー画面

【3】メニュー画面が表示されるので、[設定・編集]を選択します。

[Bluetooth]を選択

(写真)[Bluetooth]を選択

【4】左のメニューから[Bluetooth]を選択します。

電話機を新規登録

(写真)電話機を新規登録

【5】初めてスマホを登録するときは、画面のように「登録されている電話機がありません。電話機の登録を行いますか?」と表示されるので、[はい]を選択します。

登録する機器を検索中

(写真)登録する機器を検索中

【6】「登録する機器を検索中」となるので、iPhone側では設定メニューから「Bluetooth接続」をオンにします。

「iPhone」が見つかる

(写真)「iPhone」が見つかる

【7】ディスプレイオーディオ側では「iPhone」が見つかります。

「CAR MULTIMEDIA」が見つかる

(写真)「CAR MULTIMEDIA」が見つかる

【8】iPhone側にはデバイス欄に「CAR MULTIMEDIA」が表示されるので、これを選択します。

PIN番号が表示される

(写真)PIN番号が表示される

【9】PIN番号が表示されます。

[ペアリング]をタップする

(写真)[ペアリング]をタップする

【10】iPhone側でも同じPIN番号が表示されていることを確認して、[ペアリング]をタップします。この手順で、双方の機器を認識させる「ペアリング」を完了させます。

接続中

(写真)接続中

【11】接続中になります。

接続完了

(写真)接続完了

【12】Bluetooth接続のペアリングが完了しました。

登録機器に[iPhone]が表示される

(写真)登録機器に[iPhone]が表示される

【13】ペアリングが完了した登録機器に[iPhone]が表示されています。

「CDレコミュージック」アプリで
音楽を再生する

ペアリングが完了すると、「CDレコミュージック」アプリによる音楽再生がディスプレイオーディオで可能になります。

[Bluetooth]を選択する

(写真)[Bluetooth]を選択する

【14】[AUDIO]ボタンを押すと表示される[オーディオソース選択]画面で[Bluetooth]を選択します。

「CDレコミュージック」アプリを起動する

(写真)「CDレコミュージック」アプリを起動する

【15】iPhoneにインストールしてある「CDレコミュージック」アプリを起動します。

「CDレコミュージック」アプリで音楽を再生中

(写真)「CDレコミュージック」アプリで音楽を再生中

【16】「CDレコミュージック」アプリで好きな楽曲を再生します。このアプリの特長である「自動再生」を使えば、再生中の曲を起点にして、アーティスト/ジャンル/ムード/ジェネレーションから自動再生する条件を選択して、途切れることなく音楽を聴き続けることができます。
(ご参考)シャッフル再生よりも楽しく聴ける、新しい音楽の楽しみ方「自動再生」

曲情報が表示される

(写真)曲情報が表示される

【17】「CDレコミュージック」アプリ側が持っている曲情報(曲名・アーティスト名・アルバム名・ジャケット写真)も表示されるので、とても便利に使えます。

ディスプレイオーディオでも操作できる

Bluetooth接続すると、ディスプレイオーディオ側のメニューからも[次の曲][前の曲][一時停止][シャッフル再生][リピート再生]の操作が可能になります。

ディスプレイオーディオ側の操作メニュー

(写真)ディスプレイオーディオ側の操作メニュー

【18】再生の操作メニューが表示されるので、Bluetooth接続されたiPhoneの所有者が後部座席にいたとしても、助手席に座っている人が操作することができます。

ハンドルの操作ボタン

(写真)ハンドルの操作ボタン

【19】ディスプレイオーディオを操作可能なボタンが、ハンドルにも付いている車種であれば、運転者も[次の曲][前の曲]を選曲したり、音量の上げ下げが簡単にできるので、安全に運転できます。

ペアリング済みであれば、
次回からはすぐに再生スタート

一度ペアリングが済んでいれば、次回エンジンをスタートしたときは、自動でBluetooth接続され、再生がすぐに始まります。

エンジンを再スタートする

(写真)エンジンを再スタートする

【20】別の日に、再びエンジンをかけます。

Bluetooth接続が自動で始まる

(写真)Bluetooth接続が自動で始まる

【21】ディスプレイオーディオがペアリング済みのiPhoneに自動でBluetooth接続を開始します。

iPhoneによる再生がディスプレイオーディオ側で始まる

(写真)iPhoneによる再生がディスプレイオーディオ側で始まる

【22】Bluetooth接続されると、iPhoneによる再生がディスプレイオーディオ側で始まります。家で「CDレコミュージック」アプリで音楽を聴きながら、そのまま車で出かけても、途切れることなく再生を続けられます。

 

今後CDプレーヤーがない車が主流になってきても安心です。誰でも簡単に音楽CDを取り込んで再生できる「CDレコ」「CDレコミュージック」アプリを使って車で音楽を楽しむ方法はおすすめです。

 

◎関連動画

◎関連リンク
スマートフォン用CDレコーダー ケーブル接続タイプ
CDレコ「CDRI-LU24IXA」
商品ページ)(購入ページ

スマートフォン用CDレコーダー ワイヤレス接続タイプ
CDレコ5「CD-5Wシリーズ」
商品ページ)(購入ページ

特集ページ「CDレコワールド

このページのトップへ
PC版を表示