タイムスタンプソリューション「eviDaemon」組み込み済み 2ドライブアプライアンスBOXAPX-TSFI/5P

仕様書印刷

APX-TSFl/5P

「APX-TSFI/5P」は、セイコーソリューションズが提供するタイムスタンプソリューション「eviDaemon」を組み込んだ特定用途向け端末です。

タイムスタンプは、デジタルデータに付与することで存在時刻証明と、そのデータが改ざんされていないことを証明できます。

本商品のタイムスタンプは、標準規格「PDF長期署名(PAdES)」に準拠し、有効期限10年のタイムスタンプ付与やその検証をすることが可能です。 さらに、独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)が提供する「タイムスタンプ保管サービス」にも対応しています。

セミナー開催のご案内

タイムスタンプの基礎から導入、運用でのポイントをご紹介するセミナーを開催しています。次回の詳細はコチラ

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
APX-TSFI/5P 4957180129693 1TB   オープン価格   詳細 受注生産
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

タイムスタンプソリューション「eviDaemon(エビデモン)」を搭載

「eviDaemon(エビデモン)」

本商品はセイコーソリューションズのタイムスタンプソリューション「eviDaemon(エビデモン)」を搭載しています。
「eviDaemon」によりタイムスタンプを付与することで電子データの存在時刻証明と、非改ざん証明が可能となります。

タイムスタンプサービスイメージ

タイムスタンプとは?

暗号化技術を用いて、電子データがある時刻に存在していたことを証明する技術です。信頼できる時刻は、第三者機関であるタイムスタンプ局(TSA)により提供されます。
タイムスタンプの詳細は、セイコーソリューションズ(株)のWebサイトをご覧ください。
▼タイムスタンプ入門:タイムスタンプとは
https://www.seiko-cybertime.jp/time/

※ 本タイムスタンプはRFC3161、JISX5063およびISO/IEC18014に準拠しています。
※ eviDaemonの名称及びそのロゴは、セイコーインスツル(株)の登録商標です。eviDaemonの名称及びそのロゴは、セイコーインスツル(株)からセイコーソリューションズ(株)にしたライセンスに基づき使用されています。

業界標準「PAdES」対応タイムスタンプ

「eviDaemon」で提供されるタイムスタンプは、PAdES(パデス)と呼ばれるPDF文書をベースとした長期署名仕様です。PDF文書をベースとしているため次の特徴があります。

  • 世界標準なのでGlobalで将来にわたって証明できます。
  • インターネットを介していつでもどこでも取得できます。
  • 元情報を秘匿して存在を証明できます。
  • PDF文書にタイムスタンプを埋め込むため、広く配布することが可能です
  • PDFをはじめ、テキスト、画像、音声などの多彩なデータに適用できます。
    ※PDF以外の電子データは添付PDFを作成してからタイムスタンプを付与します。
  • PDF文書に埋め込まれたタイムスタンプは、AcrobatReaderで確認(検証)することができます。
  • タイムスタンプの有効期限(10年間)が切れる前に、もう一度タイムスタンプを押すことで期限を延長することができます。
  • 総務省の指針に基づいた認定制度で運用されています。

日本データ通信協会認定タイムスタンプ局を利用

「eviDaemon」で提供されるタイムスタンプは、日本データ通信協会認定のTSAおよびTAAを利用しています。

日本データ通信協会認定タイムスタンプ局 利用イメージ

TSAおよびTAAの詳細はセイコーソリューションズ(株)のWebサイトをご覧ください。
▼電子記録の「正しさ」を保証する技術 後編(タイムスタンプ)
http://www.seiko-sol.co.jp/digital-evidence/list/no-004/

本商品は認定タイムスタンプの利用登録をしています

本商品は日本データ通信協会の「認定タイムスタンプを利用する事業者に関する登録制度」に登録しています。

INPITのタイムスタンプ保管サービスに対応

本商品は、独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)の提供するタイムスタンプ保管サービスに対応しています。同サービスを利用すると、長期にわたるタイムスタンプ保管での紛失リスクが軽減されるとともに、国内外における保有時点の立証負担が軽減されます。

詳細なご利用の流れは下記のWebサイトをご覧ください。
▼タイムスタンプ保管サービスについて(INPIT)
https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/ts/
▼INPITタイムスタンプ保管サービスサイトとは(セイコーソリューションズ)
https://www.seiko-cybertime.jp/time/column11.html

INPITのタイムスタンプ保管サービス 利用イメージ

簡単!すぐに使えるタイムスタンプ

本商品はセイコーソリューションズのタイムスタンプをオールインワンで提供するパック商品です。5年間のタイムスタンプライセンスとオンサイト保守もパッケージに含まれており、導入後からすぐにデジタルデータの存在証明が行えます。

システム改修不要!既存システムに追加するだけのかんたん導入

既存システムに追加するだけのかんたん導入

これまでシステム構築が必要だったタイムスタンプを、既存のネットワーク環境に導入するだけでかんたんに運用開始できます。
デジタルデータを指定の監視フォルダーに保存するだけで、自動でタイムスタンプを付与することができます。また、手動で選択したファイルに対してタイムスタンプを付与することもできます。

タイムスタンプ5年間押し放題!

タイムスタンプ5年間押し放題!

本商品にはタイムスタンプ費用も含まれているため、購入後は5年間どれだけタイムスタンプを押しても追加費用は発生しません。 データの重要度に応じてタイムスタンプを押すといった選別をする必要がないため、押し忘れを防ぐことができます。

万が一の時も安心のオンサイト保守5年間保証付き

万が一の時も安心のオンサイト保守5年間保証付き

本商品ではパッケージ内に5年間のオンサイト保守費用が含まれているので万が一の時も安心です。
トラブル時のメンテナンスは専門スタッフにおまかせ!最短翌営業日に専門スタッフがお伺いいたします。
※ 本商品に含まれている保守サービスはアイオー・セーフティ・サービス(ISS)「オンサイト保守5年間(SSD返却不要タイプ)」となります。サービスの詳細はこちらをご確認ください。(HDDをSSDに読み替えてご確認ください。)
※ ISSの登録は必須となります。

エビデンスソリューション構成図

USB接続やLAN接続でスキャナーやPCに接続するだけで簡単に設置できます。
<POINT>
・既存のネットワーク環境を変更することなく導入可能です。
・監視フォルダー、保管フォルダーは共有フォルダー化することができます。また、ネットワーク上の共有フォルダーを各フォルダーに指定することも可能です。

エビデンスソリューション構成図

※ インターネットへの接続が必須となります。

スキャンデータを自動でタイムスタンプ

「自動タイムスタンプ」機能でスキャナーの取り込み先のフォルダーを指定して、スキャンデータにすぐにタイムスタンプを付与することもできます。

タイムスタンプデータはメディアへの書き込みも可能!

タイムスタンプが押されたデータは、保管フォルダーに保存されます。本商品にドライブを接続してメディアに記録することにより、データのアーカイブも容易に行えます。

電子帳簿保存法への対応も見据えた仕様

領収書や請求書を電子化して保存する「電子帳簿保存法」への対応を見据え、外部アプリケーションとの連携に備えて電子帳簿保存法のIT機器要件に沿ったタイムスタンプ付与の流れを採用しています。また、CSVでのメタデータ出力にも対応しており、出力データを他のシステムに取り込むことも可能です。

デジタル文書の真正性を証明する電子署名(オプション)

電子署名とは、デジタル文書に電子的な署名を付与することで、署名者が内容の真正性を保証する技術です。タイムスタンプと組み合わせて使用することで、「長期署名(LTV-Sign)」として署名の有効性を長期にわたり保つことが可能となります。
記名押印が必要な紙書類の電子化のほか、社内文書のコンプライアンス対策、Webサイトで公開するIR情報などの電子公告といった、偽造や改ざんが心配される電子データの真正性証明に有効です。

デジタル文書の真正性を証明する電子署名

電子署名機能を追加するオプションライセンスセット

本商品に、専用の電子署名ソフトウェアオプション「APOP-SW/DS」を追加することで、タイムスタンプと電子署名による「長期署名」としてご利用いただけます。

本商品に電子署名オプションを追加インストール

長期署名ご利用までのながれ

  • 証明書の入手
    必要書類を準備のうえ、認証局へ申請を行います。
  • 証明書を本商品へセット
    取得した証明書をAPOP-SW/DSを追加した本商品の設定ツールを使用し設定します。
  • 電子署名入出力フォルダーのアクセス権を設定する
    署名するファイルをおく監視(入力)フォルダーおよび、署名後のファイルが出力される保管(出力)フォルダーを設定します。
  • 長期署名の付与
    監視(入力)フォルダーにデータを置くと、本商品が電子署名およびタイムスタンプを付与したのち、出力フォルダへデータを移動します。

長期署名ごりようまでの流れ

その他特長

ユーザーに代わりNASを見守る管理機能「NarSuS」

NarSuS

お客様に代わってNASの状態をネットワーク経由で見守るクラウド管理機能「NarSuS」を無償提供。
管理画面上でNASの温度、FANの回転数、利用容量、CPU負荷などを確認できる他、定期レポートや各種イベント通知をメールで受け取ることができます。


矢印画像 NarSuSについて詳しくはこちらをご覧ください
※ 「NarSuS」の状態管理はNAS本体のハードウェア部分を対象としております。

関連情報

NAS(ネットワークHDD)
I-O DATA MAGAZINE
レビュー

電子署名セミナー参加レポート
電子カルテ導入の次は紙文書の電子化へ

HDL-TASシリーズ

アイ・オー・データ機器の商品は、ご自宅での利用など個人の方だけでなく、法人企業や教育機関での利用も広がって... 続きを読む

社内SEさんに朗報!ネットワーク機器まとめて管理「IO Navi」
IO Navi

動画を見る

IO Navi商品ページ


使って納得 無料貸し出しサービス
アイ・オーが考えるビジネスNASの「3つの安心」
ビジネスNAS総合サイト
ハードディスクデータ復旧サービス
インフォメーションデスク 付属品のお求めはこちら
このページのトップへ
PC版を表示