広色域液晶ディスプレイPhotoCrysta

広色域液晶ディスプレイ Photo Crysta

LCD-PHQ321XQB
写真を楽しみたいあなたへ
とっておきの液晶ディスプレイ
SCROLL
写真を楽しみたいあなたへ
とっておきの液晶ディスプレイ
デジタル一眼レフやミラーレス一眼で撮影した写真。
目で見た風景をディスプレイでも再現したい。そう思うことはありませんか。

「PhotoCrysta」は、色再現性にこだわった広色域液晶ディスプレイ。
写真を楽しみたい、グラフィカルなデザインにこだわりたい、
そんなあなたにとっておきの液晶ディスプレイです。
写真をディスプレイに忠実に再現

撮影した写真をディスプレイに
忠実に再現する「PhotoCrysta」

LCD-PHQ321XQB
31.5型 広色域ワイド液晶ディスプレイ「PhotoCrysta」 LCD-PHQ321XQB
31.5型 WQHD ADS PANEL
31.5型 WQHD ADS PANEL LCD-PHQ321XQB

写真を撮影した時に感じた美しい色やコントラストが正しく再現されなかったり、プリントとの色が合わないのは、パソコンのディスプレイが原因の一つかもしれません。写真を楽しむためには、カメラ機器本体だけではなく、忠実な色再現ができる液晶ディスプレイが不可欠です。

「PhotoCrysta」は、sRGBカバー率100%、Adobe RGBカバー率99%(※)の広色域を再現できる液晶ディスプレイです。写真データのセレクト時も撮影で感じたまま、忠実に表示することができます。
(※)LCD-HC241XDBは90%

Adobe RGBカバー率 99% ※LCD-PHQ321XQB

sRGB
Adobe RGB
LCD-PHQ321XQB

Adobe RGBのメリット

sRGBの色域を全てカバーし、特に緑方向に広い色域を持っています。撮影した写真の繊細な色再現にこだわりたい方におすすめです。

広色域で再現性を高めた
Quantum dot (量子ドット)技術

LCD-PHQ321XQBに採用されたQuantum dot(量子ドット)技術は、量子的光学特性を持つナノスケールの材料を採用した技術で、従来の青だけでなく、赤、緑の発光ピークが鋭く色純度が高いため、表示色域が広く、色の再現性がより高くなります。

Quantum dot (量子ドット)技術

従来のモデル
Quantum dot(量子ドット)技術
LCD-PHQ321XQBのみ

写真プリント時も
豊かな色再現性を実現する

写真プリント

sRGBカバー率、Adobe RGBカバー率が高い広色域を再現できるPhotoCrystaだからこそ、実際に目で観ている色により近い状態で映し出すことが可能です。編集などを楽しみたい方にもおすすめできるディスプレイです。

コストパフォーマンスの良さも
一つの魅力

コストパフォーマンスの良さ

sRGBカバー率、Adobe RGBカバー率が高い広色域を再現できる液晶ディスプレイの場合、中には、10~20万円を超えるディスプレイもあります。写真をもっと楽しみたくても、その価格に躊躇(ちゅうちょ)する方もいらっしゃるでしょう。

PhotoCrystaは、3万円台「LCD-HC241XDB」~5万円台「LCD-PHQ321XQB」(※)で購入することが可能です。本格的に写真を楽しみたい上級者の方も、今から楽しんでいきたい初心者、中級者の方も満足がいく液晶ディスプレイです。
(※)ioPLAZAでの販売価格(2019年9月現在)

コストパフォーマンスの良さ

長時間の写真セレクトや色調整でも
目に優しいディスプレイ

LCD-HC241XDB
23.8型 広色域ワイド液晶ディスプレイ「PhotoCrysta」 LCD-HC241XDB
23.8型 フリースタイルスタンド ADS PANEL
23.8型 フリースタイルスタンド ADS PANEL LCD-HC241XDB
長時間のディスプレイ作業は、目の疲れにつながる恐れがあります。 「PhotoCrysta」は、どの角度からも見やすい広視野角パネルで、フリッカーレスなど様々なヘルスケア機能が施されていて、写真やクリエイティブな業務に携わる皆様に優しいディスプレイです。

広視野角ADSパネル

上下左右178°の広視野角なADSパネルを採用。見る位置や角度による色あいやコントラストの変化が少なく、どこから見ても美しい映像を鮮明に映し出します。

広視野角ADSパネル

超解像技術

解像度の低い写真や映像のぼやけを、解像感を大幅に向上させる「超解像技術」により改善し、映像を鮮明に再現します。

超解像技術

フリッカーレス

従来のディスプレイのようにLEDを点滅させずに輝度レベルを調整する「フリッカーレス」設計を採用。長時間のPC使用でも目の負担が軽減できます。

フリッカーレス

ノングレアパネル

ノングレア(非光沢)パネルは光の反射を抑えるため、自分の顔や照明の映り込みを防ぎ、長時間、画面に向かっていても目の負担が軽減されます。

ノングレアパネル

極細フレーム

極細フレームでスタイリッシュなデザインです。写真以外の情報が視界に入りにくいため、長時間画面に集中しやくなります。

極細フレーム LCD-PHQ321XQBのみ

WQHD

解像度WQHD(2560x1440)に対応し、映像を高精細に表示。フルHDの約1.8倍広い範囲を表示できるので、写真加工やデザイン作業が快適です。

WQHD LCD-PHQ321XQBのみ

フリースタイルスタンド

ディスプレイの高さ、チルト(上下の角度調整)、スイベル(左右の調整)、ピボット(画面の回転)の調整に対応しており、最適なスタイルで作業できます。

フリースタイルスタンド LCD-HC241XDBのみ

商品ラインアップ

99% Adobe RGBカバー率 90%
100% sRGBカバー率 99%
Quantum dot(量子ドット)技術 ×
31.5型ワイド サイズ 23.8型ワイド
WQHD 2560×1440 解像度 フルHD 1920×1080
ADSパネル 非光沢 パネル ADSパネル 非光沢
超解像技術
3mmの極細フレーム
7mmの薄いパネル
フレーム 8mmの極細フレーム
エンハンストコントラスト ×
CREX ×
WEB、あざやか、オフィス、
標準、ゲーム
画面モード 標準、写真、映画

ブルーリダクション2
ブルーリダクション
フリッカーレス
× フリースタイルスタンド
スマホスタンド ×
HDMI×3
DisplayPort
ヘッドフォン
端子 HDMI×2
DisplayPort
アナログRGB
ヘッドフォン
音声入力
2W+2W(ステレオ) スピーカー 1W+1W(ステレオ)
○(100×100mm) VESAマウント ○(100×100mm)

さらにステップアップを目指して
ディスプレイキャリブレーションで
本格的なカメラライフを楽しむ

ディスプレイキャリブレーション

写真撮影を続けていくうちに、その楽しみは撮るだけではなく、調整や編集、そしてプリントまでに広がります。そうなってくるとますます色を正確に表示するカラーマネージメントが重要になってきます。カラーキャリブレーションを行えば、さらに、広色域ディスプレイで正しい色表示ができる環境が手軽に実現できます。

カラーキャリブレーション用測定器

i1Display Pro

i1 Display Pro

「Photo Crysta」と「i1 Display Pro」を組み合わせれば 、広色域ディスプレイで正しい色表示できる環境が手軽に実現できます。基本性能が高い「PhotoCrysta」なら、高額なプロ向けの機材をそろえなくても、比較的お求めやすい価格で、ほぼ同等レベルのカラーキャリブレーションを行えます。 製品詳細はこちら

i1 Display Proを使った
カラーキャリブレーション方法

①白色点の設定

測色機を円形板が上を向くように、プリント評価する場所に置き、白色点の測定項目を「環境光」にセットします。

白色点の設定

②測色機の設置

測色機をモニター中央の表面に、隙間が空かないようにピッタリと設置し、測定の準備が完了します。

測色機の設置

③測定

目標とする輝度やガンマ値などを設定し、測定を開始します。測定が終了したら、プロファイルの作成と保存をします。

測定
プロカメラマン・フォトグラファーのインタビュー プロカメラマン・フォトグラファーのインタビュー
専門学校の講師としてフォトグラファーの育成にあたっている松永 秦(まつなが とおる)さんにインタビューをしました。 松永さんは、これまで公共機関やカメラメーカーなどでも講師をされ、また、自らもモトクロス全日本選手権の国際A級チャンピオン(通算12回) 成田 亮(なりた あきら)選手の専属プロカメラマンとして第一線で活躍されています。 今回、実際にPhotoCrystaを体験していただき、プロカメラマン・講師の立場から色々なお話を率直に聞かせていただきました。
インタビューはこちら